あるびれおCo.伴星〜電脳支部 メインページのメニューへ
Diary [過去ログ](約1年分)/[THE INTERVIEWS]
NoticeHistoryProfileAchromatInformationWorksDiarySki JumpingLinkE-mail


2018年9月25日(火)
 [TINAMIさんの本日総合支援スコアランキングで1位でした!]  ありがとうございます! 仕事で疲れて歩くのがやっとの状態で疲弊しきって帰宅しましたが、ちょっとだけ、いやかなり、救われた気分です。 気分がいいから、関西コミティア合わせでちょっと考えます(何を)。


2018年9月24日(月)
 貴重な連休の最終日、今朝も鳥撮りに出かけてきました。 今日も昨日とあまり変わらないお天気で、朝の気温は20℃前後で過ごしやすいけど、曇り空基調なので湿度は少し高めです。 朝の鳥撮りで出歩く時も、上はまだTシャツ1枚。そうでないと汗だく。 藪の中に入ったりしないルートなので、半袖でも十分というわけです。 基本的には、こういうことをする際は長袖長ズボンが必須ですので、何卒よろしく(謎)。


久しぶりに見かけたキセキレイ。この色合いと、シュンとしたスタイルが大好き。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/1600秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり



大好きなキセキレイ、もういっちょ。木の枝に止まってるイメージはあまりない子ですが、今日は珍しく。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO640 1/320秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり



昨日も撮影したキジを狙いに行ったら、今日はつがいで行動しているところに遭遇。
キジの雄と雌、同時に同じフレームに収めたのは初めてじゃ。ラッキー。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO500 1/1600秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり



ダイサギ(左奥)とアオサギ(右手前)。2羽ともこのまま、じっとして動きません。休憩中失礼しました。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO500 1/2500秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり



モズ飛翔。電柱から隣の電柱に場所を変えるところなので、電線も写ってます。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO500 1/8000秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり



稲穂の黄色の中に、ぽつんとセッカ。まだ若そうな感じ。スズメと勘違いして見過ごすところでした。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO500 1/4000秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり



 一晩寝て、朝起きたら TL がクッパ姫祭りだった。 どこもかしこもクッパ姫、絵師ならまず描けクッパ姫と言わんばかりのこの流れは、とても苦手。 とてもとてもとても、苦手だ。


2018年9月23日(日)
 [電脳支部]を更新しました。 [メインページ]のTOP絵を久しぶりに更新、4年半ほど前に描いてそのまま放置されていた線画を手直しして、彩色しました。 競泳水着エルフ耳なポニ子さんです。 [えとせとら]にも項目を追加して、TOP絵のイラストの色違い差分も掲載しました。 [Information]は最新のイベント参加情報に更新しました。 こちらにも、TOP絵のイラストを貼っておきます。私にしては珍しく、線画はGペンではなくてシャーペンです。





 で、今朝は久しぶりに鳥撮りに行ってきました。 朝のうちは少し晴れ間も見えていまして(昼前頃から曇った)、静かな日曜日の朝、約1ヶ月ぶりの鳥撮りです。 夏場は場所を移っていたモズが戻ってきている他は、今のところ秋冬の渡り鳥はまだ姿を見かけません。 しかし、渡りをする鳥が大移動をする時期でもありますから、どんな鳥に出会えるかわからない楽しさもあります。


既に地鳴きだけで「ホーホケキョ」とは鳴いていない、ウグイス。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO800 1/400秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり



キジ(♂)。春頃から姿を何度か見かけた田んぼ付近で、今日ようやく撮影の機会を得ました。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO200 1/640秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり



モズ(♀)。そろそろ、雄のモズが縄張り争いを始める時期です。今はまだ、静か。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO200 1/640秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり



ケリ。繁殖期を過ぎて、警戒心が一気に弱まりました。15mまで近づいても逃げません。大丈夫かお前。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO200 1/1250秒 DX×1.3倍クロップ トリミングなし


 7月上旬の集中豪雨と二度にわたる台風の直撃を受けた影響で、鳥撮りのテリトリ内の自然遊歩道では樹木が倒れたままになっているところがあり、いつもならその奥まで入っていける場所に、今日は立ち入れませんでした。 密かに狙っていたのは、南に渡っていくキビタキだったのですが、キビタキが好みそうな林付近がそのような状態だったので、確認に行くこともできずに終わりました。 ちょっと悔しい。


2018年9月22日(土)
 先週の3連休で旅行をして、今日はまだ給料日前。 資金不足ゆえにこの3連休は、どこにも出かける予定を入れておらず、自宅で休養となります。 久しぶりに原稿とは関係ないお絵描きもしようと、昔描いたきり放置していた線画を取り出して、彩色と仕上げにかかっているのですが、今日中に完成させるのはちょっと難しそう。

 とりあえず今日の日中にTwitterに貼った画像を再掲して、今日付の日記だけ更新しておきますぞ。




2018年9月21日(金)

きらり〜ん☆

 職場近くのローソン(近くと言っても、直線距離で2km近く離れているのですが)には、この時期にもまだ金剛さんのステンレスマグカップが2個残っていたり、阿賀野型のカレー&エビ煎餅が5箱くらい残っていたりします。 とりあえず今日は、週末の勢いも手伝って、阿賀野型のカレー&エビ煎餅を1箱接収してきました。 あ、リシュリューのシュークリームもまた買いました。これは夕方のおやつに消えた。 他の商品は、後日気が向いたら、という感じ。


 * * * * * 

 先週の土曜日に行ってきた香川県さぬき市の天体望遠鏡博物館のことを、少し時間が空きましたが、今日改めてまとめておこうと思います。 個人的に「情報量」があまりに多すぎて、いまだに整理が追いつかない部分があるのですけど、全ての望遠鏡を撮影できるわけも無く(多すぎて)、撮影どころか一般公開していないものも色々と見せて頂いた手前、この時期にまとめておかないと「記憶の鮮度」が落ちて文章にならないのではと危惧したからです。

 前置きはこれくらいにして、進めていきます。 天体望遠鏡博物館の場所は、香川県さぬき市の南部、多和地区の山間部にある「旧多和小学校」です。 公共交通機関としては、JR志度駅前からさぬき市のコミュニティバスが利用できます。 片道約1時間(500円)ですが、一日に4往復しかないので、時間の制約を少なくしたい場合は素直にレンタカーを借りる方が便利でしょう。

 今は閉校した小学校の建物を使って、全国から集めたり寄贈されたりした天体望遠鏡を展示しています。 重要なことは、展示にあたってはなるべく「実際に見えて使える状態にレストアすることを目指す」という方針で、私が見せて頂いた望遠鏡もそのほとんどが「使用可能な状態」でした。 公式ホームページでは200台という数字が見えますが、そもそも収蔵されてはいるものの展示のためのレストアが間に合っていない望遠鏡が多く、しかもスタッフが全員ボランティアで土日だけの活動なので、その整理が遅々として進んでいないというのが現状のようです。

 昔は屋内プールだったという建物の中に受付があって、そこで入館料(一般300円)を支払ってから見学開始です。 私が行った時は他に来客はいなかったようで、スタッフの方がマンツーマンで館内をくまなく案内してくれました。 案内の順序とは若干異なりますが、写真を並べていきますよ。(これが全体のほんの一部なのです)


天文台・公共機関に多く納品された、五藤光学の15cm屈折赤道儀など。質実剛健な作りが魅力です。
当然、全てレストア済み。よく見ると、サブの望遠鏡に様々な光学系が取り付けられています。



日本光学(現ニコン)の天体望遠鏡群。天文台用から個人用まで、新旧取り合わせて全部欲しい(ぉぃ)。
手前右の「10cmED屈折赤道儀」は今でも私が最も欲しい望遠鏡の一つです。高校の部活で一時使ってました。



米国 Sky & Telescope 誌の裏表紙広告で有名だった、ユニトロン。
実は日本のメーカー。その6インチ屈折赤道儀です。”超”珍品。



日本の反射望遠鏡の老舗、西村製作所の反射望遠鏡群。どれもこれも、天文少年の憧れの的でした。



ミザール(日野金属)のカイザー型8cm屈折赤道儀がずらっと10台。圧巻です。
スタッフの方は、程度の良いものをもっと集めて観望会を催したいと仰ってました。



1970年代〜1990年代の普及価格帯の国内主要メーカー製望遠鏡がずらり。
元教室に、所狭しと展示されています。天体望遠鏡専門店でも見かけない、大量の筒w



普及価格帯「御三家」の一、ダウエル光学。(あとの二つは、「パノップ」と「スリービーチ」)
その会社の製品と、まさか社名の看板まで展示されているとはw(もらってきたそうです)



民生用天体望遠鏡のトップブランド高橋製作所の、これは少し古めの機種。
タカハシの望遠鏡は出来が良く丈夫だから、みんな手放さないんですよ、とスタッフさん笑ってました。



カメラメーカーであるペンタックスも、一時は天体望遠鏡のトップブランドでした。デザインがハイカラね。
これら大型屈折赤道儀の展示にあたって、重量で板張りの床が抜けるのではという不安があったとか。



百武彗星発見で著名な百武裕司氏が、彗星捜索に実際に使用したフジノン製15cm大型双眼鏡。
フジノン自慢のEBCコーティングで、どんな悪天候でも使えるヘビーデューティーな双眼鏡です。



法月技研60cm反射望遠鏡。海上保安庁下里水路部観測所で使用されていたもの。
世界的に有名な天体望遠鏡製作者、法月葱次郎氏の作です。これで星を見てみたい!




昭和4年に英国から輸入されたカルバー式46cm反射望遠鏡。主鏡は金属鏡。
京都大学の花山天文台で使われました。製造は1890年頃(!)だとか。



反射望遠鏡の主鏡製作で有名な苗村敬夫氏が、実際に製作に使っていた研磨機一式。
ご本人が高齢になって主鏡製作から手を引き、研磨機だけを譲り受けたとのこと。(展示準備中)


 くどいようですが、これが「全体のほんの一部」なのです。 その多くは一般用として販売店で広く売られた普及品ですが、個人から寄贈されるものの他に、メーカーから試作品や廃棄予定品を譲り受けたり、公共機関で使わなくなって払い下げられたものなど、実に様々な「出自」の望遠鏡が揃っています。 それを全てレストアしてから展示するというのだから、これはとても大変な手間のかかる作業です。

 運営は全てボランティアで行っているということでしたが、歴史的に貴重な昔の機材も多く、レストア作業自体も専門性が高いので、ボランティアだけで賄って良いものかどうか疑問はなきにしもあらず。 少なくとも、入館料は安すぎると思いました。この金額では、当日詰めるスタッフの弁当代にもなりゃしないでしょうに。

 私が博物館に到着したのは、昼12時のちょっと前。 その日は夜に呉のホテルにチェックインしなければならなかったので、夕方16時のバスに乗って博物館を後にしました。 その間4時間ほどですが、トイレにも行かず、昼食も忘れて没頭しておりました(爆)。 「天文少年少女」には、マジでオススメの博物館ですよ。


2018年9月20日(木)
 今日の仕事はしんどかった。しんどくない日はないのだけど、今日はとりわけしんどかった。 おかげさんでまた腰が痛む。明日も力仕事がいっぱい控えているので、せめてこの痛みだけでも何とかしたいのだけど。


2018年9月19日(水)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 断続的に雲がかかる生憎の天気でしたが、そもそも最近は晴れるタイミングで天体観測ができる状況になくて、しかも天気予報では明日からまた雨模様になるのだとか。 わずかな晴れ間を期待して、強気に攻めて撮影に取りかかります。今日のエイムは、月と火星。


今日の月(月齢9.8)(2018年9月19日19時57分(JST))

Nikon D800E + Takahashi FC-100DL + ExtenderC2X (合成焦点距離1800mm)
f/18 感度設定ISO400 1/160秒 トリミングあり


 スッキリと晴れ渡る瞬間がほぼ無くて、霞のようにかかる薄雲が切れる間合いを見計らってレリーズするわけですが、そういう撮影で高画質を求めるのはどだい無理な話というものです。 口径10cm としては写って当たり前程度の解像度しか得られていません。まあ、写真が撮れただけでも良しとしましょうか。

 火星の写真も撮りましたので、掲載しておきます。大シルチスが見切れている感じ。


今日の火星(2018年9月19日20時38分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約13900mm)
F139 感度設定ISO16000 2160p/30fps トリミングあり 約300フレームを Registax6 で処理


2018年9月18日(火)
 香川〜呉旅行から帰ってきたばかりでアレですが、来月の下旬に久しぶりに大洗に行くことにしました(謎)。 10月27日(土)に開催される『三鷹・星と宇宙の日2018』に行くため上京するので、そのついでに 28日(日)の一日だけですが、まあいいや。 みほ誕、愛里寿誕の直後ですけど、まあいいや。美味しいごはん食べに行きましょー。


2018年9月17日(月)
 今日は旅行最終日。夕方に呉駅を出る列車に乗るまで、のんびり呉市内の観光をしてまいりました。 内容的にはこれまでやってきたこととさして変わらないものではありますが、まあそこはそれ。 飯テロ写真は Twitter に随時うpしておりましたが、ここではそれ以外の写真をまとめていきます。

 まずは朝。お馴染み大和ミュージアムに、久しぶりに行きました。 目的は、現在行われている企画展『戦艦「長門」と日本海軍』。 常設展とは別扱いで料金も別ですが、大和ミュージアムに入る時はいつも両方込みのチケットを買いますから、常設展も合わせて見てきました。 肝心の企画展は、内容的に「写真なし」。貴重な一時資料はそもそも撮影禁止のものばかりでしたので、ご勘弁を。 ここでは常設展の写真を少しまとめます。


お馴染みの、1/10スケールの戦艦大和。朝の開場直後だったので、客も少なくて良い感じです。



特殊潜航艇『海龍』。かなり大きい図体をしているのですが、人が少ないゆえに撮影も楽です。



零式艦上戦闘機六二型。まさか夕方終了間際でなくても、こういう写真を撮れるとは。



零式艦上戦闘機六二型に搭載されていたと言われる、栄三一型エンジン。



火星二一型エンジンと、そのクランクシャフト及びピストン。後者は以前展示してなかったよね?


 企画展と常設展を一通り見終わってから、入口にある売店で企画展の図録を購入します。 税込み680円と安いので助かりますが、1000円以上の価格でもこの内容だったら買うよ?w

 売店ついでに、大和ミュージアムの隣の「てつのくじら館」の売店も覗いてきて(当然、駆け足ですが中の展示は一通り見た後に、ね)、この時点で午前10時半過ぎ。 よっしゃ、艦船めぐりクルーズ乗るか(既定路線)。 昼間の艦船めぐりクルーズは、昨日乗った夕呉クルーズとはルートも若干違うのが常ですし、昨日は写真を撮れなかった艦船の写真が撮れるかもしれないので、この流れで乗船料1300円なんて安い安い。


中央桟橋に最も近い桟橋に停泊していた、輸送艦 LST-4003「くにさき」。同 LST-4002「しもきた」もいました。



練習艦 TV-3518「せとゆき」。「くにさき」の艦首側隣に停泊していました。



昨日は4隻いたそうりゅう型潜水艦が、今日は3隻に。これは SS-503「はくりゅう」。船体だいぶ傷んでます。



JMU のドックで建造中のメガコンテナ船、2隻。全長364mもある巨大船です。大きさに圧倒されます。


 昨日の夕呉クルーズとは違うガイドさんが解説してくれましたが、それぞれにしゃべり方の個性が違っていて、これも面白いですね。 今日のガイドさんは最前列を弄ったりしませんでしたけど(謎)。

 艦船めぐりクルーズ終了後に呉駅の「駅膳くれ」さんで昼食をとり(潜水艦せきりゅうカレー)、一休みしてまだ12時半頃。 時間の余裕があるので、駅から歩いて入船山記念館に行くことにしました。 これまで何度も呉を訪れているのに、まだ行ったことが無かったのですよ。


この記念館は旧海軍呉鎮守府の長官の公邸です。復元・修復の上、歴史資料として保存されてます。



来賓をもてなす食堂。格調高い室内調度品が良い雰囲気です。銀塩で撮りたい光景。



こちらは公邸の居住区間としての、和室。質素ですが、広いです。さすが。


 入場料は、通常一般250円のところ、大和ミュージアムの本日分入場券を提示すれば2割引だそうで、200円でした。 呉市が管理しているからという理由もあるのでしょうが、安いですね。 木立に囲まれた静かな空間で、町中の喧噪も忘れます。 今日の呉は気温も高めで暑かったから、セミがまだ鳴いていましたけど。

 せっかく入船山まで来ているのだから、ついでにもう少し足を伸ばしますよ。


入船山記念館のすぐ東側の交差点に、『この世界の片隅で』で有名になったあの階段が。



メガコンテナ船建造中の JMU のドックを、宮原5丁目付近の陸橋から見下ろします。


 で、このままアレイからすこじままで歩き、また潜水艦を眺め、澎湃館さんでお土産を買って、今日の観光は終了です。 バスで呉駅前まで戻り、呉阪急ホテル内のイルマーレさんで少し早めの夕食をとり(でもカレー。うみぎりカレー)、夕方に呉駅を出る列車に乗って神戸に帰ってきました。 結局今日も一日、ずっと慌ただしかったような気がするけど、楽しかったデス。うむ。


2018年9月16日(日)

海上自衛隊呉地方隊にて、艦艇公開に参加しました。


 今日は日曜日。 海上自衛隊呉地方隊の定例の艦艇公開に参加してきました。 今日公開される艦艇は、練習艦 TV-3513「しまゆき」です。 これまで何度も呉で見かけてきた艦ですが、実際に乗艦するのは今回が初めてです。 搭載されている装備や兵装は、特に目新しいものではありませんが、いつも通り写真を並べていきます。

 ちなみに上の写真は、「しまゆき」他が今日停泊していた桟橋を、その入口から撮影したものです。 両脇に見えている艦艇は、左から、訓練支援艦 ATS-4202「くろべ」、訓練支援課 ATS-4203「てんりゅう」、練習艦 TV-3519「やまゆき」。 「くろべ」と「てんりゅう」の後方に、今日公開された「しまゆき」が停泊しています。


「しまゆき」の救命浮き輪。



「しまゆき」を岸壁から望む。この後ドック入りが控えているそうです。



「しまゆき」左舷中央部。古い艦なので、そろそろ除籍される運命なのだとか。



「しまゆき」の後部甲板にある、シースパロー艦対空ミサイルランチャー。



「しまゆき」艦橋の前部にある、アスロックランチャー。



「しまゆき」の主砲、76mm速射砲。よく見かけるお馴染みの砲ですね。



現在日本に2隻しかない訓練支援艦、「くろべ」(左)と「てんりゅう」(右)。



「しまゆき」のすぐ隣に停泊していた掃海母艦 MST-464「ぶんご」。



隣の桟橋には、横須賀を定係港とする護衛艦 DD-110「たかなみ」がいました。珍しい。



そして「たかなみ」と同じ桟橋に停泊していた、護衛艦 DD-106「さみだれ」。2隻並んで良い感じ。


 今日の艦艇公開は午前10時からの枠を申し込みましたが、同じ時間帯に参加した人は総勢50名弱。 事前に練習艦であると情報が出た上で申し込みをするシステムなので、練習艦ゆえの地味さとか人気の無さが人数の少なさに表れたのかな、と思ったりしました。

 ちなみに今日の呉基地、潜水艦は4隻停泊していて、その全てが最新鋭の そうりゅう型 でした。 この午前10時からの艦艇公開時に適当な写真を撮ることができなかったので、写真はまた後ほど。

 艦艇公開を終えて、その後は 涼野きさらさん がサークル参加している艦これオンリーイベント『瀬戸内海域侵攻作戦!九』/『時代は航空戦艦!3』に遊びに行くことにしました。 呉地方隊のすぐ近く、アレイからすこじま前にあるバス停から広電バスに乗って20分ほど。 会場は、音戸にある「観光文化会館うずしお」です。 ・・・はい、同じ会場でちょうど1年前、同イベントに遊びに行きましたね。 あの時は台風直撃直前で最悪の天候でしたが、今日は天候の心配はありません。 音戸大橋が通行止めになるのを心配しなくて済むなんて、気楽だなぁw


積み荷に注目。これは海自の127mm速射砲の砲塔でしょうか。

 会場は音戸の瀬戸の袂に位置していて、音戸の海峡を通る船舶がすぐ目の前に見えます。 途中、何やら奇妙な積み荷を載せた台船が曳き船に曳航されていくのが見えまして、慌ててカメラを取り出して撮影したのが、上の写真。 たぶん、砲塔だと思うんだけどなぁ。

 イベントはのんびりまったり、恙なく終了。 終わったらすぐにバスで引き返して、日没時出港のいつもの「夕呉クルーズ」に乗船します。 午前中の艦艇公開で見かけた船の「おさらい」にもちょうどいい感じ。 だいぶ暗かったので、写真撮影は条件的に厳しくて、少なめです。


呉の海に夕日が沈んでいきます。



午前中の艦艇公開で乗艦した「しまゆき」が見えます。後ろに見えているのは「ぶんご」。



夕呉クルーズの売りは、日没に合わせて行われる「自衛艦旗降下」を見られること。
そうりゅう型潜水艦の自衛艦旗降下の動画から、静止画を切り出してみます。



クルーズ終了で、桟橋に戻ってきたところ。海面に映る夜景の光が、きれいですね。


 そんなこんなで、今日の呉観光は終わり。昨日と同じ宿でもう一泊して、明日は夕方に呉を出発するまで、更にのんびりと観光する予定です。 カレー食ったりその他諸々は、これもいつも通りかな。


2018年9月15日(土)


 日記の更新が滅茶苦茶遅くなってしまいました。 今日は香川県さぬき市にある[天体望遠鏡博物館]に行ってきました。 予想通りというか、予想以上というか、本当に滅茶苦茶楽しかったデス!  楽しすぎて気がついたらボランティアっぽくお手伝いまでしてました!(謎)

 収蔵されている望遠鏡は200台という触れ込みですけど、実際はそれよりずっと多いかもしれません。 まだ展示される状態にないものがたくさんあって、それがこれからも増えていくことが確実で、その辺の仕事をボランティアスタッフだけで回そうってんですから、これはなかなか厳しいものを感じますけども。 とりあえず今日は、言ってきましたの報告だけで日記を終えておきます。 細かいことを語り出すと、ちょっと収拾が付かなくなりますので。

 で、今日は呉まで移動してきました。 明日は午前中に海上自衛隊呉地方隊の艦艇公開に参加し、その後はあのイベントに行ったりあのクルーズ船に乗ったりする予定です。 明日の日記では詳しく報告できると思います。


2018年9月14日(金)
 長かった今週の仕事もやっと終了。明日からの3連休は香川〜呉方面へ旅行であります。 明日はさぬき市の山奥にある[天体望遠鏡博物館]に行ってから、呉に転進します。 内容が内容だけに、天体望遠鏡に格別の思い入れがある人しか楽しめなさそうな、言い換えると実に私向けな博物館であります(ぉぃ)。 問題は、交通の便が良いとは決して言えない場所にあるため、移動に時間がかかること。 岡山で新幹線を途中下車して四国に渡り、天体望遠鏡博物館を見終わって岡山に戻った時点で、既に夕方です。 呉駅に到着するのは、最速でも 20時半頃かと。

 余裕があれば、日中に適宜状況をツイートするつもりですが、過度の期待はスンナ。


2018年9月13日(木)
 やば。左肩をまた傷めた。今年は腰と肩の怪我が多いなぁ。


2018年9月12日(水)
 あわよくば、香川〜呉旅行に行く前にTOP絵に貼れる程度のイラストを1枚仕上げられないかと考えて作業を進めていたんですけど、下絵の途中で頓挫してしまって、完成の目処が全く立っておりません。 人様のキャラの浴衣絵って、なんか妙に難しいです。これは程なくお蔵入りになりそうな予感。くそー。


2018年9月11日(火)
 


2018年9月10日(月)
 香川〜呉旅行が翌週に迫ってきて、この時期になってようやく、現地の立ち寄りスポットの調査を始めるお馬鹿さんはワタクシです。 遅すぎますね。今まで何やってたんでしょ。

 特に初日、香川県某所へのアクセスが非常に悪いために、乗り換えや乗り継ぎの選択肢がかなり狭く限定されてしまい、現時点での悩みは「食事の時間が取れるかが怪しい」ということです。 例えば今回の往路で乗り換え時間が最も長い(約30分)某駅では、駅のすぐ近くに良さげな讃岐うどんの店が一つあるのですが、その某駅から乗り継ぐバスが出る時刻に開店し、観光を終えて某駅にバスで戻ってくる時刻に閉店という、笑うに笑えない営業時間。 その他の乗り換え駅ではそもそも食事をする時間の余裕がほとんど無くて、乗り継ぐ列車を敢えて遅くすると、呉への到着が遅くなりすぎて困る、という感じです。

 最悪、コンビニ飯で我慢する一日になるかも。うーむむむむ。


2018年9月9日(日)
 昨日よりも天気は悪く、ほぼ一日中雨でした。 さほど強くない降り方の頃合いを見計らって外出して、月に一度の散髪を済ませ、来週の呉行きの切符を購入したり、色々。 雨の日はこういう外出の用事を充てると、歩く距離を稼ぎやすくなるのです(何の話)。

 月末の関西コミティアまではまだ時間の余裕があるし、来週の旅行の準備を急ぐタイミングでもないし、気ままにのんびり過ごせた一日ではあったのですけど、何かこう、一つ二つ物足りなさが残ります。 やはり、雨だったからだろうか。鳥撮りも星見もできなかったし、たぶんその辺が原因なのでしょう。


2018年9月8日(土)
 今日と明日の二日間は雨模様のお天気だという予報で、朝の鳥撮りにも行けず、ちょっとげんなり。 お絵描きをしようにも気分が乗らず、辛うじて、11月の コミティア126 のサークル申し込みだけは済ませましたが、それ以外はgdgdと非生産的な一日を過ごしておりました。 いや、一枚描きかけの絵があるんですけど、これが下絵の途中で行き詰まってしまって、すぐには筆が進まない状況なのですよ(言い訳)。

 明日は月に一度の散髪に出かける予定ですが、天気が悪いのは今日以上のようなので、気が滅入ります。


2018年9月7日(金)
 北海道の大地震で全道が停電したことについては昨日触れましたけど、ちょっと待って。 台風21号の影響で、関西もまだ停電している世帯がたくさんあるんですってば。

 関西電力のホームページを見ると、今日の22時50分現在で、関西電力管内全域で約79,900軒です。 内訳は、大阪府約46,400軒、京都府約5,970軒、兵庫県約1,280軒、奈良県約990軒、滋賀県約1,150軒、和歌山県約24,120軒と、尋常じゃない規模の停電がまだ続いています。

 我が家は幸いにも停電を免れましたが、一刻も早く復旧することを願ってやみません。


2018年9月6日(木)
 北海道で発生した大地震のニュースは、まさに眠りを破る Breaking News でありました。 最大震度6強という報道の中、地滑りや土砂崩れの映像が頻繁に流れていた厚真町の震度がいつまで経っても報じられず、結局「最大震度7」とされた一連の流れは、阪神淡路大震災時の神戸と同じでした。 ああやっぱり、という落胆。そして次々と飛び込んでくる悪い知らせ。 全道で電力供給が止まるなんて、あの東日本大震災でも無かった異常事態です。 北海道から遠く離れた神戸の地から、私はただ、祈るしかありません。 願わくば、これ以上の地震被害が発生しませんように。 一人でも多くの人が、生きてこの災禍を乗り切ることができますように。

 やはりね、いくら福島の「F1」の事故があったからといえ、その場の感情論でインフラを削ってはいけないのですよ。 動かして良い状態の原発は、四の五の言わずにとっとと動かすべきです。 今の世の中、電力供給なしでは人間は生きていけませんもの。


 ちなみに関西は、先日の台風21号の被害が非常に甚大でしたので、復旧はまだまだこれからの話です。


2018年9月5日(水)
 9月15日からの3連休で、香川の山奥(謎)と呉に行くことにしました。 呉は1年ぶりになるのですが、その1年前にも行こうとしていたのに行けなかったところが、初日の目的地です。 呉は、ごく普通の観光。海自呉地方隊の艦艇公開も参加を申し込みました。 詳細はその日の日記で、写真付きで色々と報告する予定。


2018年9月4日(火)
 [電脳支部]を更新しました。 先日のこみっくトレジャー32にて頒布したペーパー『あくろま〜とVol.320』の画像を[Achromat]に掲載しました。 [Information]は最新のイベント参加情報に更新、 [『あるびれおCo.』WORKS]は既刊の在庫情報を一部更新しました。


 さてさて今日は、台風21号直撃の日でありました。 関西方面、特に大阪方面で割と甚大な被害が出ているようで、此花区の海沿いにある弊社職場倉庫もかなり心配です。 高潮で浸水したら、ちょっと、いやかなり、マズい。 そもそも明日の朝も、鉄道がまともに動かない可能性があるから、要注意です。

 が、しかし、今日はとにかく自分の命を守ることが優先です。 幸いにも、腹立たしくもきちんと筋を通せばきちんと休みがもらえる弊社、総務の人間が出社した頃合いを見計らって電話して今日の仕事を休む旨伝えました。 電話を切った時の、気分の清々しいことよ!(ぉ)

 天気予報を見ていると、台風が神戸に最接近するのは午後になりそう。 午前中の早い時間帯なら外出もできそうだったので、今日の分のウォーキングついでに朝方に昼飯の買い出しを済ませることにしました。 台風が接近しているので、それなりの内容の買い出しを、ですね。


4駆浴衣モードクリアファイルと、ガンビア・ベイのミニタペストリ。

 ほら、野分もいますし、嵐もいますし、萩風の意味はよくわからんけど、トリは舞風だw みんなかわいい。 今日から始まったローソン鎮守府秋祭り、とりあえず第一次攻撃は完遂、欲しいモノは一通りゲットできました。 第二次攻撃は明日以降、状況を見て臨機応変に行うことにしましょう。


2018年9月3日(月)
 台風21号接近に伴い、JR西日本の「運休宣言」が早々に出される中、弊社の総務は「出社できるかどうかは各々の判断に任せる、出社できなかった場合は有休扱いにする」というスタンスだそうだ。 社員が任意に仕事を休む「権利」を、自然災害で出社できない場合は削るとぬかしやがるんです。 ふざけてますね、まったく。

 腹が立ったので、明日の仕事は絶対に休んでやります。くっそ。


2018年9月2日(日)
 コミトレ、無事に終了しました。 あるびれおCo.のスペースに来て下さった皆様、どうもありがとうございました。 搬入した夏コミ新刊『Apochromat Vol.72 COLORFUL CYAN ! (28)』が想定よりも早く売り切れてしまったので、午後遅めの時間帯に来て下さった皆様にはご迷惑をおかけしてしまいました。 申し訳ありません。

 関西方面頒布分として取り分けておいた分が、今日の頒布で全て売り切れてしまったので、今月末30日に開催される関西コミティアでは『Apochromat Vol.72 COLORFUL CYAN ! (28)』の頒布はありません。 来月14日の名古屋コミティアでは頒布しますので、名古屋コミティアに参加を予定されている方がいらっしゃいましたら、そちらをご利用頂けると嬉しいです。

 また、印刷の体裁を変更してオンデマンド印刷で少部数の増刷をすることも検討中です。 名古屋コミティアで読者の皆様の反応を確認してから、増刷するか否かを判断することになりますので、結論を出すまで今しばらくお時間を頂くことになります。 詳細が決まりましたら改めて告知いたします。

 よろしくお願いいたします。>all


2018年9月1日(土)
こみっくトレジャー32
4号館 エ21b あるびれおCo.


 明日は大坂夏の陣、こみっくトレジャーです。 夏コミで発行した新刊創作個人誌『Apochromat Vol.72 COLORFUL CYAN ! (28)』(\500-)が、関西方面で初売りとなります。 諸事情により、残部数がいつもより少なくなっておりますので、確実に入手されたい方はお早めのご来場をお願いいたします。




 今日の神戸市西部は朝から雨模様。 小雨なので、傘を差さなくても外を歩けたりするんですけど、それでも良い天気だとはお世辞にも言えません。 よって朝の鳥撮りは休止、明日のコミトレの準備だけで一日が終わってしまいました。 この日記を更新したら、明日のコミトレで頒布するペーパー『あくろま〜とVol.320』のコピーに行きます。 なるべく早く準備を終えて、なるべく早く寝たいところだけど、いつ頃寝られるかなぁ。


ペーパーの原稿はこんな感じで。


[戻る]/[何が何でも過去の不定期日記を見る]