あるびれおCo.伴星〜電脳支部 メインページのメニューへ
Diary [過去ログ](約1年分)/[THE INTERVIEWS]
NoticeHistoryProfileAchromatInformationWorksDiarySki JumpingLinkE-mail


2019年6月18日(火)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 晴れたので、今夜も木星撮影。昨日より空の透明度が低く、湿度も高かったようで、色調がだいぶ違います。 大赤斑GRS周辺の変化をきっちりと追いかけたいのですが、現状ではこのようなペースで撮影するのが関の山です。


今日の木星(2019年6月18日20時55分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約14400mm)
F144 感度設定ISO20000 2160p/30fps トリミングあり 約310フレームを Registax6 で処理


2019年6月17日(月)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 「今日のストロベリームーン、見るんですか」と会社の女性社員に訊かれましてね。 そういう言葉が影も形もなかった頃から天文をやっている者としては若干複雑な心境になるのですが、普段は星とか月とか全然興味なさそうな人が関心を持ってくれることこそが素晴らしいので、ここは全力で話に乗っかっていきましたとさ。

 そんなわけで今夜の満月は、ストロベリームーンなのだそうです。 なんのこっちゃ、なのですけど、アメリカの一部原住民ではこの時期の満月をそういう風に呼称するのだそうです。 ストロベリーのように赤く見えるわけではないよ、というのが天文関連サイトの説明ですが、おかしいな、おいらが写真を撮ると妙に赤っぽいよ?w

 (Hα光まで写る D810A の画質が、全般的にマゼンタよりになるためです)


今日の月(月齢14.1)(2019年6月17日22時24分(JST))。(画面上が南)

Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + ExtenderC2X (合成焦点距離約1800mm)
F18 感度設定ISO250 1/320秒 トリミングあり


 昨夜はこの月と、先日衝を迎えたばかりの木星が接近していたので、Twitterのタイムラインにも写真がたくさん流れてきました。 私が住んでいる神戸市西部では、天候不良のため月の姿すら確認できずに終わりましたけども。 今日は、昨日ほどではないにしろ、月のすぐ右手に木星が明るく輝いています。 シーイングもさほど悪くなさそうでしたので、撮影しておきましょうね。 衛星イオも一緒に写っています。


今日の木星(2019年6月17日21時11分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約14400mm)
F144 感度設定ISO16000 2160p/30fps トリミングあり 約310フレームを Registax6 で処理



今日の木星(2019年6月17日24時56分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約14400mm)
F144 感度設定ISO20000 2160p/30fps トリミングあり 約320フレームを Registax6 で処理


2019年6月16日(日)

川西 局地戦闘機 N1K2-J 紫電二一型(通称「紫電改」) の実物大模型

 今日は、兵庫県加西市鶉野の 鶉野飛行場跡 の一角で先週から展示が始まった、旧海軍の戦闘機「紫電改」の実物大模型を見に行ってきました。

 紫電改といえば、2015年9月に愛媛県愛南町の紫電改展示館に、海底に沈んでいたものを引き揚げて復元した実機を見に行きました。 そこでの展示は、海から引き揚げられた時の様子を残すために、プロペラは曲がったまま、腐食で穴が開いた外板もあちこちそのままの状態という、必要最小限の復元作業を施したものでした。

 今回の鶉野の紫電改は実機ではなく「実物大模型」ですので、傷んでいる姿に仕上げる理由がありません。 言わば「工場出荷時のまっさらの状態」を模して作られたものであるはずです。 先週の展示開始初日から、その再現度の高さは噂になっていましたので、それを是非自分の目で見ておきたいわけですよ。

 前置きが長くなりました。今日もたくさん写真を撮ってきましたので、ずらずらっと貼っていきます。 模型としての再現度がいかに高いものであるか、その見事さがわかるようなカットを中心に集めてみましたよ。


鶉野飛行場の一角に、格納庫を模した建物と一緒に展示してあります。今日は屋外に出されていました。


紫電改は約2000馬力の誉二一型エンジンを搭載した、日本海軍最後の制式戦闘機です。総生産機数415機。


飛行場近くの川西航空機鶉野工場で、紫電466機、紫電改44機が組み立てられたとのこと。


格納庫内の2階デッキの窓から。この先に真っ直ぐ、鶉野飛行場の滑走路が続いています。


格納庫内。入口付近の一部と観覧用2階デッキを除き、中は立ち入り禁止区域でした。


紫電と紫電改の主脚に使われていたタイヤとホイール。これは実物のようです。


模型紫電改の細部。エンジンカウル開口部から誉エンジンが見えます。作り込みに手抜きなし。


容量400リットルの増槽タンクと、主脚及びその格納部。見れば見るほど、作り込みが細かいです。


紫電改は九九式二〇粍二号機銃四型を4門装備していました。空薬莢排出口や爆弾架もしっかり再現。


コックピット付近。四式射爆照準器も見えますし、計器類も再現。ヘッドレストも史実通り木製です。


尾翼の方向舵及び昇降蛇付近。よく見ると、動翼部分は帆布を貼ってます。正確でいいですね。


水平尾翼の根本に見えるステンシル、尾輪。そして紫電改ではお馴染み(?)例の穴。


右の翼端灯は緑の色ガラスでしたが、これは青色の方が良いのではないかとも思います。


主翼の自動空戦フラップが動く、驚異のギミックw 手前に見えるのが作動スイッチ。


 果たしてこれが本当に「模型」なのか疑わしく思えてくるほど、実によくできた模型でした。 メーカーの製作現場の写真も展示されていましたが、本物の飛行機を作っているのと見紛うほどの作り込みで、このまま動くエンジンを積み、操縦桿と各動翼を操縦索でつないだら、本当に空を飛んでしまうのではないかとさえ思えます。

 鶉野飛行場と周辺の防空壕などを戦時遺跡として残す運動は、かなり前から行われています。 すぐ近くには資料館もありますし、事前の予約を取れば、周囲の戦時遺跡群をガイド付きで見学することもできるようです。 今回の紫電改模型は、そこに強力な「目玉商品」が増えたことになるのかもしれません。

 一方で、滑走路の一部を取り壊してこのような施設を作ることに、地元では反発もあるようです。 何を残し、何を記録するのか。戦時遺跡が大切なのはわかるとしても、実際にそこにどれだけの予算と人をつぎ込めるのか、解決が難しい問題は多いのでしょう。 この紫電改模型をきっかけに、保存運動が良い方向に向かうことを願ってやみません。

 保存運動の寄付金を募っていたので、私も一口寄付してきました。返礼品がいい感じ。


返礼品はパンフレットと、日本海軍航空機手ぬぐいと、紫電改ペーパークラフト。


 鶉野飛行場跡の関連施設は、毎月第1及び第3日曜日のみの公開です。 交通の便はあまり良くなくて、鉄道よりは車の方が断然有利ですが、興味のある人は是非見に行ってみてください。


2019年6月15日(土)


 今日は、ガルパン最終章第2話の上映開始日! ということで朝イチから神戸ハーバーランドに行って、初回上映を見てきました。 相変わらずの密度、相変わらずのクォリティで、語りたいことは山ほどあるのですが、ここでネタバレは避けましょう。 見てきた報告だけで、この話題は終わりです(ぉ)。 さて、2回目はいつ見に行こうかねえ。

 で、今日の本題。 名古屋港ガーデンふ頭で今日と明日の二日間、海上自衛隊の潜水艦救難艦 ASR-404「ちよだ」の一般公開が行われるということで、ガルパンを見てからすぐに新幹線に飛び乗って、名古屋に行ってきました。 今年4月に就役したばかりの、ぴっかぴかの新造艦。 トラブル等で海底に沈んだ潜水艦から乗員を救助できるよう、特殊な装備品てんこ盛りで任務に就いている船です。 先日は墜落した空自の F-35A 戦闘機のパイロット捜索にも出動していますし、就役からまだ3ヶ月目ですが、既に実働任務の貫禄のような雰囲気も感じます。

 今日の名古屋港は生憎の小雨模様。 現地到着は昼過ぎで、13時から始まる午後の公開に参加しましたが、14時半過ぎ頃から雨足が強くなってきたので、少し早めに現地を離脱しました。 いつものように写真を撮ってきていますので、貼っていきますね。


潜水艦救難艦 ASR-404 ちよだ。先代の「ちよだ」と入れ替わりで就役した艦です。


雨降りのお天気でも、見学希望者は少なくなかったです。


乗艦時に使うラッタルと思われますが、なんと折り畳み回転式。


艦内通路も少しだけ歩くことができました。潜水員待機室の扉がかっこいい。


新造艦らしく、艦歴を記録するプレートもまだ真っ新です。


捜索用の遠隔操作無人ローバー ROV。隊員さんに質問をする人が絶えないのです。盛況ですね。


有人の深海救難艇 DSRV。川崎重工神戸工場製。潜行可能な深度は「秘密」だそうです。


兵装は積んでいない船なので、展示は救難救命のための装備品がメイン。


見学が終わった後、近くにある名古屋港ポートビル7階の展望室に上がって、上から眺めてみました。


 新造艦らしく、艦のあちこちが真新しく綺麗なのは当然ですが、しかし所々に年季の入った装備品も見られて、ひょっとしたら先代の「ちよだ」からそのまま引き継いだ装備品もあったかもしれません。 舞鶴音楽隊の演奏もあり(雨が降ってきたので、艦内で演奏していました)、天気の悪さの割にはかなり良い雰囲気で盛り上がっていました。

 今回の名古屋遠征は、JR東海ツアーズの企画商品「日帰り1day名古屋」を使いました。 新大阪−名古屋の日帰りプランで、クーポン券など色々ついて \11,300- という格安激安なきっぷでしたが、なかなかいいですな、これ。


オマケ。会場で見かけた消防指揮車。色が、赤というより蛍光オレンジっぽい。初めて見る色。


帰宅後は、ちょっと一杯w


2019年6月14日(金)
 明日はガルパン明日はガルパン明日はガルパン・・・


2019年6月13日(木)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 写真掲載が遅くなってしまいましたが、木星も撮影しました。 6月11日に衝(※)を迎えたばかりで、今が一番観測しやすい時期です。 もう少し粘ったら 大赤斑GRS が見えてくるという頃合いで雲が出てきてしまったので、消化不良気味の撮影結果ではあります。 (※「衝」:惑星が太陽と正反対の方角に見える位置)


昨夜の木星(2019年6月12日23時07分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約14400mm)
F144 感度設定ISO16000 2160p/30fps トリミングあり 約310フレームを Registax6 で処理


2019年6月12日(水)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 夕方からきれいに晴れ上がったので、久しぶりに月の撮影をば。 D810A で月を撮影する際、特殊な分光特性のIRフィルターゆえにマゼンタがかる色調をどのように補正すれば良いか、だいぶ忘れてるw


今日の月(月齢9.0)(2019年6月12日21時04分(JST))。(画面上が南)

Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + ExtenderC2X (合成焦点距離約1800mm)
F18 感度設定ISO400 1/250秒 トリミングあり


2019年6月11日(火)
 


2019年6月10日(月)


海上自衛隊佐世保基地内売店で買った、九十九島せんぺい(海自限定品)



2019年6月9日(日)
 晴れたり曇ったり、一日中すっきりしないお天気。 当初8日に予定していた用事は全て今日に変更したので、今日は今日でそこそこ忙しいのです。 朝の鳥撮りは時間の余裕が少なかったので、歩く経路を変えていつもよりも短いルートで済ませます。 (そもそも朝の出発も出遅れていたわけですが)


飛んできたアオサギが田んぼに降り立つ瞬間を狙う。大きい翼が見応え満点。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO500 1/3200秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり



水を張った田んぼから飛び立つカルガモ・・・なのだけど、この背景ではどうにも説得力に欠ける。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO500 1/4000秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり



セグロセキレイの幼鳥かも。シルエットを見れば間違わないけど、頭部だけ見ると判断に迷うかも。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO200 1/2500秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり


2019年6月8日(土)
 今日は、PAICAL氏からのお誘いがありまして、サントリー山崎蒸留所の見学に行って参りました。 当初予定のメンバーに欠員が出たそうなので、急遽頂いたお誘いでした。 予約受付開始直後にすぐに定員が埋まってしまう、人気の見学ツアーです。 急なお誘いであっても断る理由は微塵もありませんw

 見学は午前10時30分からのコースでしたが、PAICAL氏によりますと、見学が始まる前にショップで限定品を買うべきであり、そのためには朝一番で現地に行った方が良いとの話。 どんな限定品があるのかとか、下調べをする暇もほとんど無く、とりあえずカメラだけ担いで行ってきましたよ。


サントリー山崎蒸留所。JR山崎駅から600mほど。


仕込んだ原液を蒸留するポット。ポットの形状によって、味も変わるのだとか。


こちらのポットはくびれのないタイプ。


出来上がったウイスキーを樽詰めして熟成させます。熟成庫の中を歩かせてくれるのは良かったです。


見学ツアーの最後は、『山崎』のテイスティング。2種類の原酒と『山崎』の飲み比べ指南です。


ツアー終了後は、さらに有料試飲のコーナーへ。参加メンバーで色々頼んで、飲み比べます。うまし。


ショップで買ってきた「限定品」。真ん中のボトルは、テイスティングで飲んだ『山崎』です。


 凄かったのは何と言っても有料試飲のコーナーでして、まともに買えば5桁に乗るような高価な銘柄のウイスキーを、お値打ち価格で試飲できます。 で、参加者全員で飲み比べた感想の結論としては、

  「『響30年』すごすぎ」

 そりゃまあ、サントリーの最高級品ですし、お高いですし、当たり前といえば当たり前なんですけど、飲み比べないとわからない「良さ」がしっかり理解できるのが有料試飲の素晴らしさです。

 ちなみに、有料試飲できる銘柄で安いものは、ハーフショット(15ml)100円から。 それ以外でも、200円とか300円とか、せいぜい数百円程度で、そこに用意されたほとんどの銘柄を試飲することができます。 しかし『響30年』だけは飛び抜けて高くて、一人一回限りで2900円w  飲まないと納得できないその価格、今回は価格に納得できるまで試飲ができました。 良い経験をさせてもらいました。 機会があれば、また行きたいですね。


2019年6月7日(金)
コミックマーケット96 3日目(日)
西地区 F-20b あるびれおCo.


 夏コミ、今回も無事にスペースを頂くことができました。今回は「西4ホール」です。 当日発行の新刊は、毎度恒例の『COLORFUL CYAN !』の最新刊を予定しておりますが、仕事がキツい状況が続いているため、いつも通り漫画を描けるかどうか見通しが立ちません。 詳細が決まり次第、こちらの日記または Twitter で告知していきます。

 皆様何卒よろしくお願いいたします。


2019年6月6日(木)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 昨日付の日記に貼った木星の写真の続きです。撮影を継続して表面の模様の変化を追いました。


本日未明の木星(2019年6月6日0時10分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約14400mm)
F144 感度設定ISO16000 2160p/30fps トリミングあり 約310フレームを Registax6 で処理



本日未明の木星(2019年6月6日1時07分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約14400mm)
F144 感度設定ISO20000 2160p/30fps トリミングあり 約310フレームを Registax6 で処理


2019年6月5日(水)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 日付が変わる直前に撮影した木星です。シーイング良いかなと思ったら、そうでもなかった。残念。


本日の木星(2019年6月5日23時27分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約14400mm)
F144 感度設定ISO16000 2160p/30fps トリミングあり 約310フレームを Registax6 で処理


2019年6月4日(火)

ロイスダールのお菓子は初めて頂くのですが、さすがに美味しいですね。


2019年6月3日(月)

今日の夕方、雲と空の美しさにため息をつく。


2019年6月2日(日)


 飛行機の写真を撮りたくて、居ても立っても居られなくなって、今日は 航空自衛隊防府北基地の航空祭 に出かけてきました。 早朝の新幹線を使えば、航空祭のオープニングを飾るフライトには間に合いませんが、それ以降の飛行展示は見られるようでしたので、雨の予報が出ているにもかかわらず行ってきました。

 気になるそのお天気は、結論から言いますと、航空祭開催時間中は雨はほとんど降りませんでした。 しかし空はずっと曇り空で、所謂「空抜け」の写真の背景が真っ白になってしまいます。 更に、飛行展示のために展開が予定されていた、RF-4E 戦術偵察機(百里基地の第501飛行隊所属)と、F-15J戦闘機(おそらく新田原基地の第23飛行隊)が、「離陸基地の天候不良のため飛行中止」との知らせが入って、ワタクシけっこう落胆(ぉ)。 それ以外の飛行展示は予定通り行われたので、気を取り直して撮影に臨みました。

 防府北基地は、航空自衛隊のパイロットを養成する教育飛行隊が展開する基地です。 所属する飛行機の「主役」は、T-7 練習機。 350馬力のレシプロエンジンを積んだ、複座の小さな飛行機です。 オープニングフライトを含めて、T-7練習機 の飛行展示は3回も予定されて、気合いの入った機動飛行を見せてくれました。

 また防府北基地には、陸上自衛隊の防府分屯地も所在していて、第13飛行隊のヘリコプターも飛行展示を見せてくれました。 更には、陸上自衛隊74式戦車の体験搭乗、各種装備品の地上展示や音楽隊の演奏、航空学生のファンシードリル、警備犬訓練展示など催し物は多彩で、楽しいお祭りでした。

 今日の日記では、私が目当てにしていた飛行展示の写真から抜粋して載せていきます。


防府の第13飛行隊所属 OH-6 ヘリコプター。退役時期が近づいている機種なので、見られるのは今のうち。


明野の第5対戦車ヘリコプター隊所属の AH-1S ヘリコプター。相変わらずの迫力。


防府の第13飛行隊所属 UH-1 ヘリコプター。ラペリング降下から要救助者を吊り上げる想定の訓練。


防府の第12飛行教育団の T-7練習機。機動飛行を見せるのは教官だそうです。


午後の飛行展示に向けてタキシングを始めるT-7練習機。


米空軍第35戦闘航空団デモチームの F-16戦闘機。音速ギリギリの高速航過が凄い迫力。


F-16の飛行展示。湿度が高いため、ベーパーが面白いようによく出ます。


F-16の飛行展示。エアインテイク周辺には僅かながらソニックブームの白煙?


失速寸前の低速で航過するF-16。パイロットが手を振ってくれています。


午後の飛行展示のメインは、航空自衛隊第8飛行隊(築城)のF-2A戦闘機による飛行展示。


F-2A の背面。エプロンから見ると順光になるので、写真が撮りやすいのが防府の特徴ですね。


F-2A のお腹。空のハードポイントにはパイロンを付けたままの状態で飛んでいるのですね。


航空自衛隊芦屋救難隊の U-125A。UH-60J救難ヘリコプターとペアを組んで、救難訓練展示でした。


こちらはそのペアの片方、UH-60J救難ヘリコプター。「空自のメディック」でググると数々の武勇伝が。


旋回するUH-60J。飛行中のヘリの背中が見えるのも、案外珍しいことだと思うのですよ。


担架に固定した要救助者をホイストで吊り上げていきます。ローターのダウンウォッシュが強烈w


 惜しむらくは、飛行展示が中止になってしまった RF-4E と F-15J (まだ言うか)。 特に RF-4E は、特別塗装機が飛んできてくれるんじゃないかという期待を抱いて現地入りしたので、落胆の度合いはけっこう大きかったのですw  これはやはり、もう一度 百里基地 に行かねばならんということですね。OK、OK。

 これらの展示に加えて、例年はブルーインパルスの飛行展示もあるようなのですが、現在ブルーインパルスは、使用機材である T-4練習機のエンジン部品に不具合が見つかった影響で、演技飛行を停止しているところ。 そのため、今回の防府北基地航空祭には参加していませんでした。 それはつまり、観客数が激減するということでもあります。 おかげさまで大した混雑もなく、航空祭終了後は予想以上にスムーズに基地を離れることができました。

 今日の航空祭は、雨が降らずに済んだことが何より助かりました。 神戸から見ると、岩国より更に遠く、前泊しない限り行くことができないのではないかという先入観がありましたが、案外簡単に参加できる航空祭なのだとわかったのは、大きな収穫です。 特に T-7 練習機、いいね。また見に行きたいです。


2019年6月1日(土)



 3月末にポチった『<「艦これ」六周年記念コラボ> 【北海道麦酒】艦娘オリジナルフルーツビール 夕張メロンペアエール「夕張」mode』が届きました。 早速1本冷やして飲んでみましたが、うん、これは美味しい。 メロンの風味だけではクドくなりがちなところ、洋梨の風味を上手くブレンドしてバランスを取っている感じです。 アルコール度数は 5% とのことですが、もっと低いのではないかと感じるくらいに、洋梨とメロンのフレーバーはしっかり強く、それでいてスッキリした後味の飲みやすいエールに仕上がっています。 良い買い物でしたわ。


 お天気が崩れるという天気予報がどれだけ当たるのかわからなかった、今日土曜日。 幸いなことに今日の神戸市西区は朝から晴れて、暑かったけど風も適度に吹いていて、お出かけ日和の陽気でした。 5月はあまり行けなかった鳥撮り、6月はどうでしょう。 とりあえず月初の鳥撮り、行ってきます。


カルガモ、ちょっといい雰囲気。つがいでしょうか。近くに若鳥は見かけませんでした。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/2000秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり



ヒバリ。畑の脇に立てられた杭の上で、大きな声で囀ります。このシュンとした感じが好き。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/2000秒 DX×1.3倍クロップ トリミングなし



アオサギ。のっしのっしと田んぼを歩く姿が、妙な貫禄。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO200 1/1600秒 DX×1.3倍クロップ トリミングなし



オマケ。川辺の日当たりが良い石の上で甲羅干しをする、イシガメ。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO200 1/2000秒 トリミングなし


[戻る]/[何が何でも過去の不定期日記を見る]