あるびれおCo.伴星〜電脳支部 メインページのメニューへ
Diary [過去ログ](約1年分)/[THE INTERVIEWS]
NoticeHistoryProfileAchromatInformationWorksDiarySki JumpingLinkE-mail


2022年10月4日(火)
 忙しかった9月を乗り切ったことで公私共々脱力してしまって、今現在のやる気の無さがヤバい。困った。


2022年10月3日(月)
 [電脳支部]を更新しました。 名古屋コミティア61 で頒布したペーパー『あくろま〜とVol.352』の画像を[Achromat]に掲載しました。 [Information]のコーナーは最新のイベント参加情報に更新しました。 また[『あるびれおCo.』WORKS]は既刊の在庫情報を更新しておきました。


2022年10月2日(日)
 今日は日帰りで名古屋コミティアに参加してきました。 あるびれおCo.のスペースに来て下さった皆様、どうもありがとうございました。 夏コミ新刊アンミラWRイラスト本『Apochromat Vol.79 あんみらづくし!3』は、搬入分が早めに完売しました。 どうもありがとうございました & 本日入手できなかった皆様、ごめんなさい。 後日再版をする予定ですので、次回の名古屋コミティアでも頒布できるかと思います。 その折は何卒よろしくお願いいたします。

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 10月1日夜に撮影した木星の写真を掲載します。FS-128N鏡筒を使った木星の撮像としては、これまでで最良の解像度になったような気がします。 大赤斑GRS が正面に来たタイミングだったら完璧だったのですけど、シーイングがこの後少しずつ悪化していったので、致し方なし。


木星(2022年10月1日22時29分(JST))

Takahashi FS-128N + ZWO ASI462MC + 5xバローレンズ (合成焦点距離約5200mm)
F40 Gain290 20ms PIPP で前処理した1050フレームを Registax6 でスタック
PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理


2022年10月1日(土)
名古屋コミティア 61
A-03 あるびれおCo.


 明日は名古屋国際会議場白鳥ホールで開催される 名古屋コミティア61 にサークル参加します。 『あるびれおCo.』のスペースは A-03 です。 夏コミで発行した新刊アンミラWRイラスト本『Apochromat Vol.79 あんみらづくし!3』(800円)が、名古屋初売りとなります。 何卒よろしくお願いいたします〜〜。


 名古屋コミティア遠征を翌日に控えて、まだペーパーの原稿が描き上がっていないのにもかかわらず、朝から鳥撮りに精を出すワタクシ。 とは言っても、少し朝寝坊してしまったので、出会えた鳥は少なかったです。残念。


民家の近くの電線に止まるキセキレイ。シュンとしたスタイルが素敵。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO500 1/3200秒 トリミングあり



ダイサギ飛翔、というか、私が警戒されて逃げられたところ。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO200 1/4000秒 トリミングあり



モズ(雌)飛翔。これを撮るのは結構苦労しましたなー。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO100 1/1600秒 トリミングあり



オマケ。ヒガンバナにナミアゲハが。毒の成分は大丈夫なのかと心配になってきますが。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO100 1/1250秒 トリミングあり


■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 日付が変わる前後で良い感じの晴れ方になったので、土星と木星の撮影に挑みました。 最初は タカハシμ-180C で頑張ってみたのですが、筒内気流の荒れがあるのか今ひとつ像が安定せず、解像度も良くない。 仕方ないのでまた、「主砲」タカハシFS-128N のお出ましとなりました。

 9月30日から10月1日にかけての夜は大赤斑が見えないタイミングなので、絵面としては少し物足りなさを感じたりしますね。 しかし、これでも鏡筒を取り出して10分も経っていない(即ち外気温への順応がまだ済んでいない)状態で、この像です。 流石 FS-128N。素晴らしい。


木星(2022年9月30日24時01分(JST))

Takahashi FS-128N + ZWO ASI462MC + 5xバローレンズ (合成焦点距離約5200mm)
F40 Gain340 10ms PIPP で前処理した1282フレームを Registax6 でスタック
PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理


[戻る]/[何が何でも過去の不定期日記を見る]