あるびれおCo.伴星〜電脳支部 メインページのメニューへ
Diary [過去ログ](約1年分)/[THE INTERVIEWS]
NoticeHistoryProfileAchromatInformationWorksDiarySki JumpingLinkE-mail


2022年5月19日(木)
 昨夜撮影した天体写真の画像処理がなかなか終わらない。もすこし時間がかかりそう。


2022年5月18日(水)
 ああ、結局まだ何もポチってません。(何の話


2022年5月17日(火)
 天文機材のことで色々と考えを巡らせながら仕事していた一日でした。(主にフィルターのことで)


2022年5月16日(月)
 腹の具合が悪くて苦しんだ一日でした。何か変なもの食べたっけ? 身に覚えがない。


2022年5月15日(日)
 今日は、神戸国際展示場で開催された艦これオンリー即売会『神戸かわさき造船これくしょん9』に、一般参加で遊びに行ってました。 昼過ぎに会場に到着して1時間半くらい買い物をして、残弾尽きたのでそこで撤収。 COVID-19感染対策を行いつつも、参加者はサークルも一般もとても多く、良い意味で賑やかなイベントでした。 こうやって少しずつ、元の活気が同人界隈にも戻ってくるといいですね。

 来週はインテックス大阪で関西コミティアです。サークル参加しますので、当日新刊はありませんが、なにとぞよろしくです。 C-15『あるびれおCo.』にて皆様のお越しをお待ちしております。


2022年5月14日(土)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 本日20時過ぎ頃、国際宇宙ステーション(ISS)が頭上を通過していくのを見ることができました。 ほぼ頭の真上を通過していく非常に良い条件だったのですが、薄雲がかかっていたのが残念。 撮影機材を準備して、待ち構えて見る機会って、実はあまり多くないんですよ。 今回はしっかり準備して撮影できたのが良かったですかね。


本日の国際宇宙ステーション(ISS)(2022年5月14日20時11分01秒頃)

本日の国際宇宙ステーション(ISS)(2022年5月14日20時11分50秒頃)

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + Ai Nikkor TC-200 + NCフィルター
絞り開放(f/8) ISO2500 1/500秒 ピクセル等倍にトリミング

 1枚目が雲間から出て見え始めたタイミング、2枚目はその約50秒後にほぼ天頂付近を通過していく際のカットです。 肉眼で見れば点光源ですが、超望遠レンズで拡大すると、本体と太陽電池パドル、ドッキングしているモジュールなどが見えてきます。 撮影のベストタイミングは、距離的に最も近づいた時。今回はそれがほぼ天頂付近でした。


 【追加更新】
 久しぶりのついでに、月を撮りました。今日は満月2日前です。少し薄雲がかかりました。


今日の月(月齢13.4)(2022年5月14日22時21分(JST))。

Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ExtenderC2X(合成焦点距離1820mm)
f/18.2 ISO400 1/250秒 トリミングあり


2022年5月13日(金)
 高さ約200cm、重量約350kgのキャスター付きの装置の引き取りでチャーター便を手配する時に、荷物のサイズだけ伝えてその他情報ガン無視で4t平台トラック送って寄越すのやめてくれよ、なぁ。 積み込みに苦労して危険な思いをするのは現場なんやから。フォークリフトが使えるからいいとかいう問題ちゃうねんで。くっそ。


2022年5月12日(木)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■



 本日22時より始まった記者会見で発表された、Event Horizon Telescope の撮像画像でした。 我々の太陽系がある天の川銀河の中心とされる「いて座A*」の直接撮像に成功したとのこと。 2019年にはおとめ座の M87銀河中心部 の撮像に成功したと発表していましたが、今回は、巨大ブラックホールが存在するという いて座A* をターゲットにして、その姿を見事に捉えたわけです。 科学史に残る素晴らしい成果だと思います。

 EHT Japan の説明によると、ドーナツ状の像は、中心部にブラックホールが存在すると仮定した際の理論的な姿に一致します。 (M87銀河中心部の撮像も同じ)  いて座A* は M87銀河中心の巨大ブラックホールよりも極端に小さく、また時間変化が大きい天体なので、その画像の作成と評価に相当な時間がかかったようです。

 なお、このドーナツ状の像が実際の構造を正しく反映していないと考える学者さんもいるので、今回の論文の発表でその辺りの議論も活発になっていくと思われます。


2022年5月11日(水)
 昨日の日記で触れた au の諸々の件、今朝方一通り解決したっぽい。たぶん。きっと。おそらく。めいびー。


2022年5月10日(火)
 au のパスワード再設定で色々弄ってるのだけど、痒いところに微妙に手が届いていない感。げんなり。


2022年5月9日(月)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 昨日付日記に掲載した いて座M20散光星雲 の写真の手直しを、さらに続けております。 現時点でのゴール地点として、昨日掲載した画像の G と R をさらに修正したものを作ってみました。 今回は、ノイズ処理ソフト「DeNoiseAI」の効果の差を確認するために、DeNoiseAI処理をしていないものとしたものも並べてみます。


いて座の散光星雲 M20 (2022年5月7日2時40分〜3時35分(JST))。【DeNoiseAI処理なし】


いて座の散光星雲 M20 (2022年5月7日2時40分〜3時35分(JST))。【DeNoiseAI処理あり】

Nikon D810A + Takahashi FS-128N + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ASTRO LPR Type2 フィルター
f/8.3 ISO2000 30秒×24カットをコンポジット(総露出時間720秒)
CaptureNX-D、PhotoshopCS6 にて画像処理 焦点距離約2600mm相当にトリミング


2022年5月8日(日)
 GW連休最終日です。5日の朝に葛西臨海公園鳥類園で少しだけ鳥撮りをしたけど、地元での鳥撮りは今月まだやっていなかったので、使い慣れた機材でいつもの「お散歩」をしてきました。 天気は良く、風は少し冷たく、湿度が低かったので、心地よいお散歩日和でした。


川辺でコチドリ。お休み中だったのか、長い時間ほとんど動かずじっとしてました。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO320 1/3200秒 トリミングあり



河川敷の堤防の芝に、ハクセキレイ。緑に映える白黒。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO320 1/3200秒 トリミングあり



上のハクセキレイのすぐ近くにいた、セグロセキレイ。お互いのことは気にかけていなかった様子。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO320 1/3200秒 トリミングあり



川にはコガモのつがいが。もう北に帰ってしまったかと思ってましたが、まだなのですね。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO320 1/1600秒 トリミングあり


 明日からまた仕事やね。めんどくさいな。早く帰りたい。(気が早い)

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 5月6日から7日にかけての天体撮影は「球状星団祭り」でしたが、そこに見えているのだからと、当然、大好きな M20星雲 も撮影しておりました。 撮影とその後の画像処理にかかった手間を見れば、これが大本命だったかもしれません。さもありなん。 大好きな天体だから何度撮っても本人だけは満足(ぉ)。

 FS-128N鏡筒 を用いて M20星雲 を撮影するのはこれが三度目です。 今作は、自分自身でもある程度納得できる仕上がりになりました。 これまで撮影してきた M20 の写真と違う点は、画像処理の最終段階でノイズ除去ソフト「DeNoiseAI」を全く使わずに済んだことです。 色調の補正にも余裕があって、処理しやすかったです。


いて座の散光星雲 M20 (2022年5月7日2時40分〜3時35分(JST))。

Nikon D810A + Takahashi FS-128N + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ASTRO LPR Type2 フィルター
f/8.3 ISO2000 30秒×24カットをコンポジット(総露出時間720秒)
CaptureNX-D、PhotoshopCS6 にて画像処理 焦点距離約2600mm相当にトリミング



 【追加更新】
 上の画像をTwitterに上げた後に細かい粗が見えてきて、色調、主に背景処理部分の補正に関して手直しをしました。(が、実は手直しというレベルの簡単な作業でもなかった)  これまでの経験から、たぶんこれが「最終版」にはならないのかもしれないなぁ、と思いつつ、ひとまず手直し後の画像を貼っておきます。 この画像も、DeNoiseAI処理をしていません。リサイズで縮小するだけでノイズはほとんど気にならないレベルに。


いて座の散光星雲 M20 (2022年5月7日2時40分〜3時35分(JST))。

Nikon D810A + Takahashi FS-128N + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ASTRO LPR Type2 フィルター
f/8.3 ISO2000 30秒×24カットをコンポジット(総露出時間720秒)
CaptureNX-D、PhotoshopCS6 にて画像処理 焦点距離約2600mm相当にトリミング


2022年5月7日(土)
 なんか、感覚的に今日が土曜日と思えない。いやいや、土曜日だ土曜日。しっかりしろ自分。

 昨夜撮影したデータの処理だけでだいぶ時間がかかるので、今日はほぼ一日それでつぶれました。 しかも、データの処理はまだ終わっておりません。最も手間がかかるものは後回しにしてありますゆえ(ぉ)。 とりあえず今夜は少し早めに寝たい。昨夜のでかなり寝不足。

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 一晩中快晴(だけども低空は微妙に霞んでる)となった昨夜。 連休期間ですし、早起きする理由もないので、少し頑張って天体撮影に勤しんでおりました。 とはいえ低空の霞の影響は相変わらずで、当地ではこれが標準的ではあるのですけど、写り自体は高望みできない状況でした。 なので、昨夜のテーマは「さそり座とへびつかい座のメシエ天体球状星団を狙う」ことに決定。 ベランダから見える範囲で、頑張ってみましたよ。

 掲載は撮影した順番です。同じ画角でトリミングして、大きさを比較できるようにしてます。


さそり座の球状星団 M80 (2022年5月6日22時49分〜22時58分(JST))。

Nikon D810A + Takahashi FS-128N + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ASTRO LPR Type2 フィルター
f/8.3 ISO2000 30秒×6カットをコンポジット(総露出時間180秒)
CaptureNX-D、PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理 焦点距離約3600mm相当にトリミング



さそり座の球状星団 M4 (2022年5月6日23時05分〜23時19分(JST))。

Nikon D810A + Takahashi FS-128N + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ASTRO LPR Type2 フィルター
f/8.3 ISO2000 30秒×8カットをコンポジット(総露出時間240秒)
CaptureNX-D、PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理 焦点距離約3600mm相当にトリミング



へびつかい座の球状星団 M107 (2022年5月6日23時34分〜23時45分(JST))。

Nikon D810A + Takahashi FS-128N + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ASTRO LPR Type2 フィルター
f/8.3 ISO2000 30秒×8カットをコンポジット(総露出時間240秒)
CaptureNX-D、PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理 焦点距離約3600mm相当にトリミング



へびつかい座の球状星団 M9 (2022年5月6日24時02分〜24時07分(JST))。

Nikon D810A + Takahashi FS-128N + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ASTRO LPR Type2 フィルター
f/8.3 ISO2000 30秒×6カットをコンポジット(総露出時間180秒)
CaptureNX-D、PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理 焦点距離約3600mm相当にトリミング



へびつかい座の球状星団 M19 (2022年5月6日24時21分〜24時30分(JST))。

Nikon D810A + Takahashi FS-128N + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ASTRO LPR Type2 フィルター
f/8.3 ISO2000 30秒×6カットをコンポジット(総露出時間180秒)
CaptureNX-D、PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理 焦点距離約3600mm相当にトリミング



へびつかい座の球状星団 M62 (2022年5月6日24時43分〜24時53分(JST))。

Nikon D810A + Takahashi FS-128N + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ASTRO LPR Type2 フィルター
f/8.3 ISO2000 30秒×6カットをコンポジット(総露出時間180秒)
CaptureNX-D、PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理 焦点距離約3600mm相当にトリミング


 へびつかい座にはメシエ天体として登録されている球状星団が多くて、ここに挙げた四つの他に、M10、M12、M14 があります。 しかしながらこの三つは、自宅のベランダからでは上階のベランダに隠れてしまい、見ることができませんでした。 天頂付近を見渡せる非常階段踊り場に機材を出した際に、改めて狙ってみようと思います。


 昨夜はこの後少し時間をおいてから、いて座の天体の撮影に挑みました。散開星団の M23 です。


いて座の散開星団 M23 (2022年5月6日27時49分〜27時49分(JST))。

Nikon D810A + Takahashi FS-128N + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ASTRO LPR Type2 フィルター
f/8.3 ISO2000 30秒×8カットをコンポジット(総露出時間240秒)
CaptureNX-D、PhotoshopCS6 にて画像処理 焦点距離約1300mm相当にトリミング


2022年5月6日(金)
 [電脳支部]更新しました。 COMITIA140 が終了しましたので、当日会場で頒布した無料ペーパー『あくろま〜とVol.348』を[Achromat]のコーナーに掲載しました。 また[Information]のコーナーは最新のイベント参加情報に更新しておきました。

 次の参加イベントは、5月22日(日)の 関西コミティア64 です。C-15『あるびれおCo.』です。 当日発行の新刊の予定はありませんが、2022年の関西での同人イベント参加はこれが初となりますので、コミックマーケット新99の新刊『Apochromat Vol.78 COLORFUL CYAN ! (32)』(500円)が関西方面で初売りとなります。 天体写真集『たくほし1』(1000円)の再版分も搬入予定です。何卒よろしくお願いいたします。


 一昨日から昨日にかけて撮った写真から何枚か貼っておきます。


茨城空港の航空公園に展示されているF-4ファントム戦闘機が、きれいにリペイントされていました。



302SQのトレードマーク「オジロワシ」も鮮やかに。でもよく見ると、スズメの糞の洗礼をたくさん受けてますw



4日の夕食は、沼袋にある「平和苑」で。孤独のグルメでも取り上げられた、知る人ぞ知る有名店。



5日の朝は、コミティア入場前に葛西臨海公園鳥類園で野鳥撮影。これはアオサギ。



エサを探して水に顔を突っ込むコサギ。4〜5羽くらいの群れで行動してました。



コサギ。この日の葛西は、サギくらいしか撮れなかった。猛禽を1羽見かけたけど、撮影できず。


■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 COMITIA140 遠征に出かける直前、5月4日未明に撮影した天体写真を掲載しておきます。 前の日からずっと快晴ではあったけれども、空全体にこの時期特有の霞が薄くかかっていて、空の透明度は悪かったです。

 この日のエイムは、いて座の「M17とM18」、「M20とM21」という、散光星雲と散開星団が並んでいる姿を捉えること。 それも、焦点距離900mm の FC-100DL を使って、できる限り拡大して捉えようという狙いです。

 M20星雲 の北隣にある M21星団 は、M20星雲 を撮影する際に必ず同一視野に入っているくらい接近しているので、並んだ姿も過去にも何度か掲載しました。 しかし M17星雲 と M18星団 を同一視野で同時に撮影したことは、これまで無かったのです。 M18星団の名誉のためにも(なにそれ)、しっかり撮影しておきたいですねw


いて座の 散光星雲M17(上)と 散開星団M18(下)(2022年5月4日2時46分〜3時14分(JST))。

Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ASTRO LPR Type2 フィルター
f/9.1 ISO2000 30秒×16カットをコンポジット(総露出時間480秒)
CaptureNX-D、PhotoshopCS6 にて画像処理 焦点距離約1100mm相当にトリミング



いて座の 散開星団M21(上)と 散光星雲M20(下)(2022年5月4日3時18分〜4時00分(JST))。

Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ASTRO LPR Type2 フィルター
f/9.1 ISO2000 30秒×16カットをコンポジット(総露出時間480秒)
CaptureNX-D、PhotoshopCS6 にて画像処理 焦点距離約1500mm相当にトリミング


 二者の間隔の違いから、同一視野に並ぶように構図を決めた際に、トリミングされる範囲が少し異なります。 今回の写真では、前者の「M17+M18」の方が少し広い範囲が写っていますので、その辺りはご注意下さい。


2022年5月5日(木)
 COMITIA140、無事終了しました。 毎度毎度、あるびれおCo.のスペースに来て下さった皆様、どうもありがとうございました。 今回のコミティアは、おそらく参加された皆様が同じ感想を抱いたかと思いますが、いつもよりかなり人が多かったです。 コロナ禍期間の傾向としては、それより前の時期と比べて閑散としていた印象があった東京コミティアですが、今日は以前の盛り上がりに戻ったような雰囲気でした。 午後になっても人出が減らず、館内の移動も続いて、活気溢れるコミティアでしたね。良かった良かった。

 私は夕食を食べたあと、そのまま羽田からの飛行機に乗って神戸に帰ってきました。 明日は仕事を休んで、コミティア遠征の疲れをゆっくりと癒やすことにします。 GWの締めくくりで、どこかへ出かけてもいいんですけどね・・・。


2022年5月4日(水)
COMITIA140
き02a あるびれおCo.


 明日は東京ビッグサイト東1・2・3ホールで COMITIA140 が開催されます。 私はき02a『あるびれおCo.』にてサークル参加いたします。 2月の開催時はCOVID-19感染拡大状況が芳しくなかったので、欠席しました。 今回の頒布物はその時のスライドになります。 昨年末のコミックマーケット新99で発行した新刊『Apochromat Vol.78 COLORFUL CYAN ! (32)』(500円)が東京COMITIAでは初売りです。 また、昨年6月に発行した天体写真集『たくほし1』(1000円)を再版します。

 GWの行楽のついでに、ビッグサイトは如何でしょう?(ぉ) 皆様のお越しをお待ち申し上げておりまするー。


 久しぶりの東京遠征ということで、(私としてはいつものように)神戸空港から茨城空港へ飛んで、大洗経由(第30次遠征)で東京入りしました。 都内での予定の都合で、今日は大洗に2時間ほどしか滞在できませんでしたが、お土産の干し芋はしっかり買い込みましたし、昼食もがっつり食べられましたので、これはこれで十分満足です。 しかも夕方は、都内某所某店で焼肉。満足満足w


2022年5月3日(火)
 5日の COMITIA140 参加に向けて、追い込みの準備作業で丸一日が潰れました。 今回再版する天体写真集『たくほし1』の増刷分は、今日の夕方に届きまして、初回印刷分とほぼ同じ色調に印刷して頂きました。これで一安心です。 明日はいつも通り、「何故か茨城空港経由」で東京に向かいます。今年初の飛行機旅だー。

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 昨夜は久しぶり(?)の天体撮影。 北極星の見えないベランダでの赤道儀の設置がうまくいかず、何度修正しても星が流れてしまい、そうこうしているうちに空に薄雲が広がってきたので、撮影を諦めました。

 テスト撮影代わりに撮ったのが、さそり座の球状星団 M80 。 赤い1等星アンタレスの西隣にあるσ星から北西方向に2.5°ほど視線を動かしたところにあります。 アンタレスのすぐ西側にある球状星団 M4 ほど大きくはありませんが、比較的明るくて見やすい星団です。 今回は辛うじて星が流れず写ったカットが2枚だけありましたので、露出60秒分しか稼げておりませんが、ひとまず記録として貼っておきます。


さそり座の球状星団 M80 (2022年5月3日0時50分〜0時54分(JST))。


Nikon D810A + Takahashi FS-128N + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ASTRO LPR Type2 フィルター
f/8.3 ISO2000 30秒×2カットをコンポジット(総露出時間60秒)
CaptureNX-D、PhotoshopCS6 にて画像処理 焦点距離約3600mm相当にトリミング


 星団はいいですね。露出が1分もあればそこそこ見られる画になる(ぉ)。


2022年5月2日(月)
 今日はGW期間中唯一の出勤日。 ほとんど休日体制の勤務なので、のんびり作業してれば終わるかなと高をくくっていたら、そもそも職場に辿り着く前が難関だった。 JRゆめ咲線、桜橋駅構内で列車内に不審物あり、運転見合わせ。警察出動案件だったようです。

 ゆめ咲線が止まっているので、西九条駅の内外にはUSJに行こうとする観光客が溢れて、バスもタクシーも捕まえられそうにありません。 安治川口駅の近くにある職場にどうやったら最も早く辿り着けるかを30秒で考えて、出した答えは当然「走る!」です。 朝っぱらから己の脚で 約3km 走りましたですよ。さすがに朝はしんどいってば。


2022年5月1日(日)
 気がつけばもう5月。COMITIA140当日まであと4日です。 いつものように、まだ参加の準備がほとんど全く進んでいません(ぉ)。 とりあえずペーパーの原稿を昨日から描き始めているのですが、途中ちょっと別のラクガキをしていて、進捗がより一層遅れております。あかんやんか。

 GW前半の休日は今日で終了。明日は普通にお仕事、明後日からはGW後半戦の始まりです。 当日新刊は用意できなかったけど、来て下さる皆様に対して粗相の無いように、準備の作業を頑張ります。


 月初の写真お蔵出しは、先月2日に撮影したウグイス。 この時は偶然にも見通しの良い場所に出てきてくれましたが、基本的には警戒心が強く、すぐに藪の中や木の枝の茂みに隠れてしまう鳥です。 この時期は繁殖期で雌へのアピールも盛んですが、木の葉が生い茂り始めるこれからの時期は、撮影はより難しくなります。


先月2日に撮影したウグイス。嘴がまだ黄色い、若い子です。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO500 1/2000秒 トリミングあり


■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 今日の日中に、マシュマロに飛んできた質問がありまして、回答が長くなったので、Twitterにツリーを作っておきました。 作例画像を何枚か使って頑張って回答しましたので、参考までにどうぞ。

 [色鮮やかな星空の撮影がなかなかできません。もしよろしければ、パラメータを教えていただければ嬉しいです。] (別窓で開きます)


[戻る]/[何が何でも過去の不定期日記を見る]