あるびれおCo.伴星〜電脳支部 メインページのメニューへ
Diary [過去ログ](約1年分)/[THE INTERVIEWS]
NoticeHistoryProfileAchromatInformationWorksDiarySki JumpingLinkE-mail


2020年4月9日(木)
 テレワークな一日でした。 職業柄、在宅勤務ができない仕事ばかりやってきたので、実は生まれて初めてのテレワークだったわけですが、これはよほど注意せんと太るな。あかんで。(何)

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 昨日に引き続き、未明の3惑星の写真を掲載します。昨日よりは空の条件が良かったようですが、まだまだ。


本日未明の土星(2020年4月9日4時42分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約14400mm)
F144 感度設定ISO25600 2160p/30fps トリミングあり 約210フレームを Registax6 で処理



本日未明の火星(2020年4月9日4時46分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約14400mm)
F144 感度設定ISO16000 2160p/30fps トリミングあり 約330フレームを Registax6 で処理



本日未明の木星(2020年4月9日4時53分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約14400mm)
F144 感度設定ISO16000 2160p/30fps トリミングあり 約330フレームを Registax6 で処理

 3枚目の木星の写真、木星面の向かって左下側に白っぽい点が見えているのは、四つあるガリレオ衛星のうちの一つ、エウロパのようです。 肉眼で木星を見た時には、エウロパの存在には気づきませんでしたので、画像処理の恩恵さまさまです。 その他に肉眼では、この写真左手の更に外側にガリレオ衛星のうちの二つ、ガニメデとカリストの姿が見えていました。


 夕方には、ISS(国際宇宙ステーション)の通過がありました。 19時前に南西の空に見え始め、オリオン座を横切って南東の空に消えていきました。 今日も撮影を試みましたが、今週月曜日の撮影時よりも更に風が強くてシーイングが悪く、より高速のシャッターを切ったものの、鮮明な画像を得ることはできませんでした。


2020年4月9日18時54分 (JST) (ピクセル等倍にてトリミング)

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + TC-14EII + TC-200 +NCフィルター(合成焦点距離1400mm)
絞り開放 (f/11)  感度設定ISO6400 1/2000秒 トリミングあり


2020年4月8日(水)
 職場のシフトの都合で、明日の勤務はテレワークとなりました。 ぶっちゃけ、今の仕事でテレワークだと、荷物配達のトラックドライバーさんからの電話対応以外に、できること無いんですけどね。 とりあえず、いかにも残念そうな表情をしつつ、朝夕往復4時間の過酷な通勤をしなくて済む嬉しさでいっぱいであります(何)。

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 今朝の未明に撮影した惑星の写真を並べてみます。 明け方の南東の空に、木星、火星、土星の三つが顔を揃えいて、夏の銀河や星雲星団と一緒に観測できる位置です。 とりあえず、今年初の惑星撮影となりました。


本日未明の土星(2020年4月8日4時36分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約14400mm)
F144 感度設定ISO40000 2160p/30fps トリミングあり 約330フレームを Registax6 で処理



本日未明の火星(2020年4月8日4時39分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約14400mm)
F144 感度設定ISO20000 2160p/30fps トリミングあり 約330フレームを Registax6 で処理



本日未明の木星(2020年4月8日4時43分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約14400mm)
F144 感度設定ISO20000 2160p/30fps トリミングあり 約330フレームを Registax6 で処理


 三つの惑星のうち、土星が最も暗く、同条件での撮影はより困難です。 しかも今朝は空の透明度が悪く、カメラのISO感度を平時よりかなり上げないとダメな条件でした。 木星と火星は比較的良い写りになったかと自負していますが、土星は光量不足で苦しいですね。


 そして今日は満月。午前11時35分に満月になり、それから約半日経った時点での撮影です。 昨日の月の写真と見比べると、約1日で月の欠け際がどのように変化しているか、楽しめると思います。


今日の月(月齢15.1)2020年4月8日22時31分 (JST)

Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + ExtenderC2X (合成焦点距離1800mm)
f/18  感度設定ISO320 1/250秒 トリミングあり


2020年4月7日(火)
 私が住む兵庫県も、職場がある大阪府も、緊急事態宣言の対象地域でありますが、少なくとも弊社は今日の夕方時点で、明日以降の勤務についての具体的な方針を示してはくれませんでした。 感染防止のために「しなければならないこと」は、総務から逐一メールが飛んできて事細かに指示があるのですが、テレワークで日々の業務を対応することが難しい我が部署は「出勤するべきか否か」、会社や部長からの指示がありませんでした。 つまり、緊急事態宣言とは関係無しに、明日も普通に出勤して仕事しろというわけです。 兵庫県から毎日通ってる社員は、私の他にもたくさんいるはずですが、その辺の配慮とかどうすりゃいいんでしょ。

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 満月は明日(日本時間で午前11時35分)ですが、その約8時間前に月が近地点を通過、2020年では最も地球に近いところで起こる満月です。 最近の言い方で言えば、「スーパームーン」というやつでしょうか。 肉眼ではほぼ真ん丸にしか見えない状態ですし、今夜から明日にかけては「満月」として楽しんで問題ないでしょう。

 天候も比較的良さそうでしたので、今日の満月は、天体望遠鏡で撮影しました。


今日の月(月齢14.1)2020年4月7日20時56分 (JST)

Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + ExtenderC2X (合成焦点距離1800mm)
f/18  感度設定ISO320 1/250秒 トリミングあり



2020年4月6日(月)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 本日夕方、国際宇宙ステーション(ISS)が日本上空を通過するとのことでしたので、帰宅後すぐに機材を準備して、撮影してきました。 ISSの撮影は、ひょっとしたら3年ぶりくらいご無沙汰だったかもしれません。 欲張って天体望遠鏡で強拡大したかったのだけど、そこまでの機材を準備する時間の余裕がなかったので、白馬のスキージャンプと鳥撮り等で使用している写真レンズ(500mmF4)にテレコンバーターを2個接続して、拡大率を稼ぎました。


2020年4月6日19時37分 (JST)


2020年4月6日19時38分 (JST)

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + TC-14EII + TC-200 +NCフィルター(合成焦点距離1400mm)
絞り開放 (f/11)  感度設定ISO3200 1/1000秒 トリミングあり

 D500 の撮影データをピクセル等倍でトリミングして、拡大しました。 やはり ISS の拡大撮影は、シーイングの影響を強く受けてしまいますね。 今日のシーイングは、風が強かったので 2/5 程度。 しかも霞のような薄い雲がかかっているところがあり、コントラストも悪く、ISS の太陽電池パドルが不明瞭です。(太陽光の当たり方も悪かった感じ)


2020年4月5日(日)
 散髪に行ったり色々用事があったので、不要不急ではないと判断してお出かけ。ココス道もつけて。


2020年4月4日(土)
 Twitter ではリツイートしたのですが、5月24日に開催が予定されていた 関西コミティア は、中止が決定したとのことです。 参加申し込み済みサークルは、今後開催される関西コミティアの申し込みへ振替ができるようなのですが、今はそれよりも、今般の緊急事態に対処しつつ感染症拡大を抑制する努力が必要ですね。 一日も早く、次回の開催が決定することを祈っております。

 そういう事情ですので、当『あるびれおCo.』のイベント参加は、現時点で7月19日に延期が決まった 東京とびもの学会 だけとなりました。 それも、感染症拡大の状況が悪化すれば、更に悪い事態も想定されるので、安心はできないとも考えております。 GWコミケの中止が決定した時点で既に、創作意欲はガタ落ち。 モチベーションの維持ができなくてかなりヤバいのですけど、東京とびもの学会への準備は粛々と進めていきたい所存です。


 自宅近くのソメイヨシノは、今日明日でほぼ満開に。 今日はまだ少し蕾が残っていましたが、明日にはほぼ全て開花するのではないかと思います。 今日の日中は快晴で、気温も高く、絶好のお花見日和。 ゴザを広げての宴会はできなくとも、桜並木を眺める文字通りの「お花見」のために散歩に出かけていた人は、けっこう多かったように思います。 私は朝の鳥撮りのついでに、桜並木の写真も撮ってきましたよ。


近所の川原の遊歩道。桜並木がきれいなのです。



コガモのオス。メス1羽と一緒に、エサ探しに忙しそうでした。のどかな光景です。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/2000秒 DXフォーマット×1.3倍クロップ



アオジ。コガモ共々冬鳥ですが、まだたくさん見かけます。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/1600秒 トリミングあり



ツバメ飛翔。ツバメは先週辺りからたくさん見かけるようになりました。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/8000秒 トリミングあり



カワセミ飛翔。飛んでいるカワセミを撮るのは難しい・・・後追いが苦しいね。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/2500秒 トリミングあり



シジュウカラ。川辺の桜並木の近くで遭った子。順光で目にハイライトも入りました。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/6400秒 トリミングあり


■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 昨日と今日、西の空に見えている金星が、M45プレアデス星団と接近します。 明るい星団と惑星がこれだけ接近して見える機会は滅多にないので、早速撮影を試みました。 天体望遠鏡を持ち出す時間も惜しかったので、カメラと三脚だけ用意して、固定撮影です。

 しかし、撮影準備をして外に出たら、西の空から次々と雲が流れてきて、写野を容赦なく横切っていきます。 しかも今日の雲は動きが遅く、雲量も多いので、お手上げです。 辛うじて撮影できたカットを掲載します。


金星とプレアデス星団(2020年4月4日19時38分 (JST) )

Nikon D810A + Ai NIKKOR ED180mm F2.8S + Kenko ASTRO LPR フィルター TYPE II
絞りf/4  感度設定ISO5000 1/2秒 トリミングあり


2020年4月3日(金)
 職場で、年間5日以上取得しなければならない有給休暇のおよその予定(いつ頃休むか)を申告してくれということで、日程を考えていたのだけど、GWコミケが中止になってしまった影響か、半年先の予定が全く考えられない。 長らく同人誌活動を続けていると、年2回開催のコミケがある以上は半年先までの大まかな予定が決まっていて当たり前という感覚が強くて、半年先の予定が読めない事態になるなんて、全くの想定外だった。

 なるほど、一般人ってこういう感覚なのかぁ(溜息)。

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 昨夜の天体撮影では、明け方まで晴天が続くと見込まれましたので、そのまま機材を設置して就寝、今朝は4時前から起床して、いつもの いて座付近の天体を撮影しておりました。 空の透明度は 2〜2.5/5 程度、日の出時刻が近づくと薄雲が濃くなり、さそり座のアンタレスも視認できなくなった時点で、撮影を切り上げました。

 撮影結果は、気合いを入れて頑張った割には、今ひとつ。 おそらく、春霞がかかったような状態の晴天だったのでしょう。 写真2枚目、M20星雲のど真ん中を流星が貫いたのは全くの偶然でしたが、今回はこれがむしろ潔くて気に入ったかもしれません。 (星雲の写り自体は、大きく不満が残りますけども)


散光星雲 M8(2020年4月3日03時59分〜04時07分 (JST) )

Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x
f/18  感度設定ISO5000 8秒×15カットをコンポジット DXフォーマット相当にトリミング



散開星団 M21 と 散光星雲 M20(2020年4月3日04時28分〜04時32分 (JST) )

Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x
f/18  感度設定ISO5000 8秒×10カットをコンポジット DXフォーマット相当にトリミング


2020年4月2日(木)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 うーむ、いかんなぁ。ATLAS彗星が(夜空が明るすぎて)撮影できん。

 ATLAS彗星と格闘して成果無しに終わり、これではあまりに寂しいから、月の写真を撮って自分を慰めます。


今日の月(月齢9.2)(2020年4月2日22時03分 (JST) )

Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + ExtenderC2X (合成焦点距離1800mm)
f/18  感度設定ISO400 1/160秒 トリミングあり


2020年4月1日(水)
 時差通勤とテレワーク推奨がだいぶ広まった昨今としては、混雑が激しい今朝の通勤でした。 新年度の初日ということで、会社に出社する人がいつもより多かったのでしょう。 そして、新入社員と思しき真新しいスーツの皆さんも多数。 新型コロナウイルス感染症の影響がまだまだ続きそうではありますが、お互い頑張りましょうね。

 月初の写真お蔵出しは、先月7日に撮影したデータから、ウグイス。 写り自体は悪くないのですが、身体にかかった影が何となく気に入らなくて、没にしていました。 今日は昼前頃からずっと雨が降り続き、ウグイスの声もほとんど聞こえない一日でしたが、明日以降に天候が回復すれば、あちこちから美しい鳴き声が聞こえてくるに違いありません。 そろそろ満開を迎える桜と、ウグイスの鳴き声とで、春の雰囲気も盛り上がります。


3月7日撮影分から、ウグイス。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO320 1/2000秒 トリミングあり


[戻る]/[何が何でも過去の不定期日記を見る]