あるびれおCo.伴星〜電脳支部 [戻る]
Diary 2017年1月




2017年1月31日(火)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 久しぶりに月がきれいに見えていたので、帰宅後すぐに月の撮影。 既に高度は西の空に低く、あと少しで沈んでしまう状況だから、撮影の準備に時間をかけるわけにはいきません。 天体望遠鏡の使用は諦めて、カメラレンズでの撮影と割り切ります。 出でませ、ゴーヨン。お手軽撮影でこそ、真価の見せ所ぞ。


今日の月(月齢3.4)(2017年1月31日19時21分(JST))

Nikon D800E + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + Ai AF-S Nikkor TC-14EII (合成焦点距離700mm)
絞りf/7.1 感度設定ISO1000 1/320秒 トリミングあり CaptureNX2にて現像、レタッチ


 三脚も使用せず、廊下の手すりにレンズの三脚台座を載せてブレを防ぎ、連写でコマ数を稼いで成功率を上げる、力技です。 参考までに、このカットを得た裏で、60カット以上の「犠牲」がありました。


2017年1月30日(月)
 昨日呉で撮影してきた艦の写真が多すぎて、日記に載せたい写真がたくさんありすぎて、整理が追いつきません。 そんなわけで今日は、昨日の日記に載せられなかった写真をフォローしていきます。


アレイからすこじまから撮影した朝の呉。左から、護衛艦DD-112まきなみ、多用途支援艦AMS-4304げんかい、
訓練支援艦ATS-4203てんりゅう、潜水艦SS-501そうりゅう、練習艦TV-3513しまゆき。



艦船めぐりクルーズ船上から撮影。音響測定艦AOS-5202はりま(左)、護衛艦DE-234とね(右)。
双胴船である「はりま」の特徴的なシルエットがいいですね。



艦船めぐりクルーズ船上から撮影。潜水艦救難艦ASR-403ちはや。
国内最大の潜水艦基地ならではの装備ですね。



艦船めぐりクルーズ船上から撮影。最新鋭のそうりゅう型潜水艦がこんな間近に見られる嬉しさw
さて、問題。この写真には一体何隻の潜水艦が写っているでしょう。



呉基地内の岸壁から撮影。護衛艦DD-106さみだれ(左)、補給艦AOE-422とわだ(右)。
写真の右端に見切れている煙突は、護衛艦DD-105いなづま のものです。



呉基地内の岸壁から撮影。護衛艦DD-112まきなみ(左)、輸送艦LST-4003くにさき(右)。
くにさき は、この日一般公開された 輸送艦LST-4001おおすみ の同型艦ですね。



呉基地内の岸壁から撮影。護衛艦DD-151あさぎり(左)、「元」練習艦TV-3517しらゆき(右)。
しらゆき は退役して艦籍を消された状態で、約10ヶ月もの長期間ここに係留されていました。
この翌日、呉基地を出港して九州方面に向かったという情報があります。これが最後の姿になりました。
長い間の任務、お疲れ様でした。


 海上自衛隊呉地方隊は、この場に旧海軍呉鎮守府があった時代から、潜水艦基地としては国内最大の拠点でした。 そのため、通常の水上戦闘艦艇とは性格の違う特務艦艇が多く、それらの船がアレイからすこじまの岸壁に行けば、誰でも気軽に眺めることができます。 更に、お馴染みの艦船めぐりのクルーズ船を利用すれば、アレイからすこじまからは見えない場所にある桟橋の至近まで近づいて、様々な艦艇を見学することができるのです。 クルーズ船の 1回の乗船料金は1300円、これは非常に安いと思うのですよ。

 で、実はまだ、載せたくても整理が追いつかないで載せられていない写真が山ほど・・・(何)。


2017年1月29日(日)
 広島・呉旅行2日目です。 昨日の日記で触れたように、今日の行動の最大のポイントは、海上自衛隊呉地方隊で行われる艦艇一般公開に参加することです。 13時からの枠で事前に申し込んであるので、午前中は丸々予定が空くことになります。 ここをどうするのか、『この世界の片隅に』の聖地巡礼をするのか、呉海自カレーの店を回ってカレーをたべるのか、またはそれ以外のプランを考えるのか。 同行の友人たちと協議した結果、アレイからすこじまのセブンイレブンの上の階にある店が朝8時から海自カレーを食べられること、朝の8時には自衛隊の艦艇が旗の掲揚を行うので、それを見る価値は十二分にあることから、まずはアレイからすこじまに向かうことにしました。


アレイからすこじまから呉地方隊基地内の桟橋を望む。潜水艦が8隻もいて、壮快な眺め。



自衛艦旗の掲揚は、比較的近くに停泊していた音響測定艦 AOS-5202 はりま のものを見ることになりました。


 旗の掲揚が終わったちょうどその時、沖合を見たら、たかなみ型の護衛艦が1隻入港してきて、そのまま接岸しました。 艦番号を確認すると「112」、青森県の大湊地方隊を定係港とする 護衛艦 DD-112 まきなみ です。 任務上は現在の主力である汎用護衛艦たかなみ型ですが、全部で5隻しか建造されていないので、実際に目にする機会はさほど多くありません。 しかも、なかなか簡単に行くことができない、大湊の艦です。 呉に接岸したとあっては、艦船めぐりのクルーズ船に乗って間近で見るしかないじゃないですか(爆)。

 結果的に今日も、呉中央桟橋から件のクルーズ船に乗ることになりましたw  アレイからすこじまの港町珈琲店さんで「くろしおカレー」を頂いてから、すぐに転進、午前10時出発のクルーズ船に乗り込みました。 昼間の便ですから、自衛艦旗降下などは見られませんけどね(それが普通)。



護衛艦 DD-112 まきなみ。たかなみ型護衛艦の3番艦で、現在の定係港は大湊地方隊です。



まきなみ の前部甲板と艦橋付近。CIWS 20mm機関銃の点検整備を行っていたようです。



まきなみ の艦尾。奥の方に哨戒ヘリコプターSH-60が格納されています。


 艦船めぐりのクルーズを終えたのは10時30分頃。 実はこの頃から空には雨雲がかかってきて、雨粒も少し落ちてきました。 経験上、自衛隊基地内での艦艇公開は雨が降ると中止になる可能性が高く、雨雲レーダーで降雨の様子を見ると数時間後には雨雲は移動しそうな雰囲気でしたが、艦艇公開が始まる13時頃にはまだ雨が降っている可能性がありました。 こうなると、好天を祈るしかありません。 幸いにも、艦艇公開は予定通り実施されて、事前申込が無駄にならずに済みました。よかったよかった。


基地内にて、桟橋にはそうりゅう型1番艦の SS-501 そうりゅう が停泊していました。




公開される艦艇は、輸送艦 LST-4001 おおすみ。全長178mもある、大きな艦です。


 輸送艦である「おおすみ」は、艦内にエアクッション艇LCAC を2隻格納できるほか、陸上自衛隊の兵員輸送に対応した設備を備えています。 見学の順路は、ラッタルを上がって乗艦した後、居住区を通って格納庫に入って LCAC を見学し、また居住区を通って出てきます。 戦闘艦ではないため仰々しい兵装もありません。




「おおすみ」艦内、居住区にて。陸自隊員向けの配慮か、迷彩柄の札が面白い。



「おおすみ」格納庫内。大型の車両も搭載できる広い庫内です。



「おおすみ」に格納されているエアクッション艇LCAC。2隻が前後に並べられています。



LCACの動力を生む大きなプロペラ。米国製なので注意書きは全て英語です。



LCACの操縦室でしょうか。高速輸送艇ということで、乗員の居住区は非常に狭いようです。



おまけその1。「おおすみ」の公用車たち。リヤカーを確認できると安心しますね(謎)。



おまけその2。呉基地内の、とある光景。


 13時開始の一般公開、見学を終えて基地を後にしたのは13時40分頃だったと思います。 基地の正門を出て、アレイからすこじまの近くにあるバス停に向かう途中から、雨が再び降り始めました。 この雨がもう数十分早く降り始めていたら艦艇公開が中止になったかもしれないと考えると、ちょっと冷や汗ものです。 同行の友人たちと顔を見合わせて苦笑すること、しきり。 この雨は結局、夜に広島を後にするまで一度も止むことはありませんでした。

 艦艇公開終了後は、夜の新幹線まで予定無し。 呉駅周辺の店でお土産を買い漁ったりして時間を調整しつつ、夕食はJR新井口駅まで移動して、駅前のココスに飛び込んでガルパンコラボメニューに舌鼓を打ち(ぉ)、その後はどこにも立ち寄らず広島駅に転進。 何とか無事に新幹線で神戸に帰ってきました。

 今日は何と言っても、「おおすみ」の一般公開が悪天候下であっても無事に実施され、参加できたこと、そして「まきなみ」の写真を撮れたことが、何より嬉しかった。 「まきなみ」だけは完全に想定外だったけど、予定を組み入れたほぼ全てのミッションが完遂できたので、満足度の高い旅行となりました。 次は、いつ頃行きましょうかねぇ。


2017年1月28日(土)
 土日の連休を利用して、今日は広島・呉方面に来ております。 時期的にはちょうど映画『この世界の片隅に』熱が盛り上がっていることもありますし、ちょっとした聖地巡礼を兼ねた小旅行であります。 朝の新幹線で広島に向かい、舟入幸町の『きさく』で名物汁なし担担麺を頂きまして、その足で近くにある江波港にまで足を伸ばしてみました。 ヒロインのすずさんが呉に嫁に行く前に過ごした地。 海があり、小高い丘があり、映画作中ではのどかな村として描かれている所が、今はどんな雰囲気なんでしょうか。

 舟入幸町からてくてくと歩いて海の方まで行き、漁港のそばの住宅地の路地を抜けて、辿り着いたのは江波山公園です。 標高にしてわずか40m弱の、山というより丘程度の頂ですが、周囲が平地なので眺めは大変良く、付近住民の皆さんの憩いの場となっているようです。 この公園から海を見渡すと、劇中のあの光景が見えるのでしょうか。


江波山公園から南側を望みます。すずさんが見ていたかもしれない海の風景が、今はこんな感じ。


 今は高層住宅が乱立して、標高が低い江波山公園からでは海もあまり見えませでしたが、静かな公園ですから、のどかな雰囲気は十二分に楽しめます。

 江波山公園から西側の港を眺めると、三菱重工の工場のふ頭に大きなクレーンが見えました。 近寄って見たら、どうやらこれが「起重機船さんこう」のようです。 Wikipediaによると、海軍省が発注した300t起重機船で、戦艦大和の建造にも関わった歴史ある船です。 90年以上の長い期間、この海の歴史を見守ってきて、いまだ現役であり続ける、貴重な船なのですね。


江波港の三菱重工のふ頭に停泊していた、起重機船さんこう(公称3324号)と思しき船。


 夕方の予定があるので、江波散策はここまでで終了。 バスと鉄道を乗り継いで、次は呉にやってきました。 今日のメインは夕方に出港する「呉艦船めぐり」の「夕呉クルーズ」です。 自衛隊呉基地の艦艇のそばに近寄って、日没と同時に行われる自衛艦旗降下の様子を間近に見学できる、あのクルーズ船です。 もう何度も乗っている船なので特に緊張感もありませんがw、船上でなるべく良い場所を陣取ることを乗船前から狙うことは重要なポイント。 そのためには時間厳守で行動しなければなりません。

 少し早めに呉駅に到着したので、夕呉クルーズの船が出港する呉中央桟橋に向かう途中にある「くれ観光情報プラザ」に立ち寄ってみます。 『この世界の片隅に』関連のパンフレット類はほぼ全滅だったのですが、壁に貼られたポスターには片渕監督のサインがありました。 これはノーチェックでしたな。


くれ観光情報プラザの中で、片渕監督のサインが入った「この世界の片隅に」のポスターを発見。


 ちなみに、呉中央桟橋/大和ミュージアムに向かう途中で必ず通ることになる「ゆめタウン」の中にある書店では、流石地元とあって、『この世界の片隅に』関連の書籍が充実していました。

 肝心要の「夕呉クルーズ」は、よく考えたら真冬の運行を利用するのは今回が初めてです。 真冬だからといって他のシーズンと違うことをするわけではありませんが、夕日が沈む方向が南寄りに変わるので、写真撮影的には夏場と勝手がかなり違う感じです。 自衛艦旗降下を見学する艦艇は、事前の公表はなく、当日その場に言ってみるまでわかりません。 今日は、護衛艦 DD-106 さみだれ でした。 最近は潜水艦ばかりだったので、久しぶりの戦闘艦に心が躍りますw


いつもの「夕呉クルーズ」に乗船します。快晴で夕焼けもきれい。



護衛艦 DDH-182 いせ 。レーダードームにカバーが掛かっていたり、作業用と思しき艀が掛けてあったり。



そうりゅう型潜水艦を艦尾から。バッテリー充電中の煙がもくもく。



夕呉クルーズの目玉である自衛艦旗降下は、護衛艦 DD-106 さみだれ のものを見せて頂きました。


 夕呉クルーズは、自衛艦旗降下を見学する感の真横に横付けするような形になることが多いのですが、今日は真横ではなく斜め後方からの見学となりました。 艦までの距離は少し離れるけど、これまで見たことがない角度から自衛艦旗降下を見られたので、むしろ結果オーライです。楽しかったw

 上の写真は、自衛艦旗降下が終わった直後のカット。 降ろされた旗の前に立っている制服の人は、当直士官の隊員さん。 我々のクルーズ船に向かって手を振って挨拶してくれました。 ありがとうございます。

 明日は、海上自衛隊呉地方隊の敷地内で行われる艦艇一般公開に参加します。


2017年1月27日(金)
 今日は力仕事が多くてしんどかった。しかも他部署の応援。3日分くらい働いたので、給料3倍ください。


2017年1月26日(木)
 先日の蔵王でのスキージャンプ競技撮影の際に、それまで長らく使っていたニコン丸窓ファインダー用のアンティフォグアイピースDK-17A(曇り止めアイピース)が、曇り止め効果がなくなってしまった上に、表面に細かい傷が増えてきて見え味に影響するまでに至ったため、ニコンダイレクトの通販で新しい DK-17A を調達することにしました。 ついでに、フッ素コート仕様のアイピース DK-17F と、接眼目当て DK-19 (2個目)も調達します。

 そして今日、品物が届きました。今週末の外出に間に合ってよかったー。




 接眼目当ては、経験上、あると無いとでファインダーの覗きやすさ見やすさが段違いに変わるので、利用頻度の高いボディには常用したいところです。 すでに持っているものと合わせて2個、D800E と D500 それぞれのアイピースに装着することにします。 アンティフォグアイピース DK-17A と、フッ素コートアイピース DK-17F と、両方に接眼目当て DK-19 を装着しておけば、「アイピース+接眼目当て」ごとの交換で簡単に使い回しができて便利です。

 これらの部品は、所謂「丸窓ファインダー」のニコン一眼レフ共通なので、D500 や D800E だけでなく、手持ちの F3/T にも使用できます。 ささやかなグレードアップですが、ちょっといい気分。


2017年1月25日(水)
 仕事しんどい。


2017年1月24日(火)
 今日は、蔵王遠征の最終日である1月21日に撮ってきた写真を貼っていきます。気が向いたので(ぇー)。


昼食で行ったココス仙台長町店で、さおりんのPOP。かわいい。
ちなみに、この制服を着ている店員さんはいませんでした(ぉ)。



仙台空港の展望デッキから、飛行機撮り。ANAの737-500(#JA357K)。かわいい。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO100 1/2500秒 トリミングなし



エバー航空(台湾)のA321-200 (#B-16227) がやってきました。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO100 1/3200秒 トリミングなし



展望デッキの正面にいた、ANAのA320-200 (#JA8300)。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO100 1/2500秒 トリミングなし



上の写真と同じ A320-200 (#JA8300) 。タキシングして、これから離陸するところ。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO100 1/2500秒 トリミングなし



J-AIR の ERJ-190 (#JA242J) 。この機材に乗って伊丹まで帰ってきました。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO100 1/2500秒 トリミングなし


2017年1月23日(月)
■■■■■■■■■■ Ski Jumping ■■■■■■■■■■

 [Ski Jumping]のコーナーを更新、先日の女子ワールドカップスキージャンプ蔵王大会のフォトレポートをまとめました。 写真はその日の日記に貼ったものと同じデータです。取り急ぎ、お知らせまで。


2017年1月22日(日)
 蔵王遠征から帰宅しました。 日程最終日である今日は特に予定を入れておらず、観光もすることなく、敢えて言えば途中で仙台市のココスに立ち寄って飯を食らった程度で(ぉぃ)、夕方に伊丹空港に着く飛行機で帰ってきました。 同行の友人K氏、どうもお疲れ様でした。

 その仙台のココスで撮ってきた某婚活戦士のPOPの写真とか(謎)、飛行機に乗る前に仙台空港で撮ってきた飛行機の写真とか、今日の日記分として掲載したい写真はあるのですけど、荷物の整理等々が忙しいので、今日はパスします。 明日以降、気が向いたら写真を載せるかもしれません。載せないかもしれません。


2017年1月21日(土)
■■■■■■■■■■ Ski Jumping ■■■■■■■■■■

 今日は昨日と同じ蔵王温泉のクラレ蔵王シャンツェで、FISワールドカップスキージャンプ女子第10戦となるノーマルヒルの試合が行われました。 今日の蔵王は昨日よりも天候が回復して、試合開催中に雪はほとんど降らず、蔵王にしては比較的静穏な条件で競技が進められました。 風は昨日に比べレ強くなりましたが、昨日よりも向かい風が強く、良い条件に当たった選手ならK点を大きく超えるジャンプが期待できる展開でした。 風待ちで試合が中断されることもなく、観客席で見ていても気持ちの良い試合でした。

 優勝したのは昨日に続いて 伊藤有希 (土屋ホーム) 。 1stラウンドで100.0mを飛んでトップに立ち、2ndラウンドも安定したジャンプでK点近くまで飛距離を伸ばして、連勝しました。 天候条件の良し悪しにかかわらず安定したジャンプを試合ごとに続けられているのは、スキージャンプ観戦に慣れていない人の眼にも際立つものが感じられたようで、観客の間でも賞賛の声があちこちで聞かれました。

 2位は 高梨沙羅 (クラレ) 。 1stラウンドの3位から順位を上げて、伊藤有希と見事なワンツーフィニッシュです。 今日は風の条件も悪くはなく、強い向かい風こそなかったものの、元より持ち合わせる底力で実力通り飛距離を伸ばした感じです。 好調なときと比べるとまだ飛行曲線が低いような気もしますが、ほぼ無風に近い条件であったことを考慮すると、復活の足がかりはすぐに見出せそうな雰囲気を感じます。(私個人的な意見です)

 今日も、上位3名と、2ndラウンドに残った日本人選手の写真を貼っていきます。 個人的には 岩渕さんがシングルに食い込んだのがとても嬉しいのです。 順位争いが観客席で見ていても楽しい、素晴らしい内容の試合展開だったと思います。


優勝は 伊藤有希 (土屋ホーム) 。これがワールドカップ3勝目。
(227.0 (100.0m / 94.5m)

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO2000 1/400秒 トリミングあり



2位 高梨沙羅 (クラレ) 。本調子ではないようですが、向かい風さえもらえれば、この通りです。
(226.2 (99.5m / 94.5m)

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO2000 1/400秒 トリミングあり



3位は Maren Lundby (NOR) 。伊藤と並んで現在最も調子が良い選手と言っても差し支えないでしょう。
(221.1 (100.0m / 92.0m)

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO2000 1/400秒 トリミングあり



9位は 岩渕香里 (北野建設) 。積極的に攻めるジャンプがいい感じ。
(198.9 (96.0m / 92.0m)

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO2000 1/400秒 トリミングあり



18位は 勢藤優花 (北海道メディカルスポーツ専門学校) 。風の条件が少し悪かったかな。
(176.1 (88.0m / 85.0m)

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO2000 1/400秒 トリミングあり



23位の 茂野美咲 (CHINTAIスキークラブ) 。 2本とも上手くまとめました。
(159.9 (84.5m / 84.5m)

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO2000 1/400秒 トリミングあり



24位の 岩佐明香 (日本大)。こちらも嬉しいワールドカップポイント獲得。
(157.3 (82.0m / 81.0m)

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO2000 1/400秒 トリミングあり


2017年1月20日(金)
■■■■■■■■■■ Ski Jumping ■■■■■■■■■■

 女子ワールドカップスキージャンプ蔵王大会は、今日は第9戦となる個人戦の本選が行われました。 毎年恒例になってきた蔵王遠征も今回が4回目。 いつもの場所に陣取って、写真を撮影して参りました。 今日の蔵王は比較的気温が高めで過ごしやすい陽気でしたが、本戦の1stラウンドが始まった頃から雪が強くなってきて、厳しい条件に。 ランディングバーンで雪に足を取られる選手も多く、向かい風がなかなか吹いてくれないことも相まって、タフな条件であったと思います。

 優勝したのは、札幌大会でワールドカップ初優勝を挙げて意気上がる、 伊藤有希 (土屋ホーム) 。 難しい条件でも落ち着いたジャンプを揃えて、1本目3位からの逆転で通算2勝目を挙げました。 安定したアプローチで、スキー板に重心がしっかり乗っていること、その姿勢から適切なタイミングで踏み切り動作が毎回できていること、これはオフシーズンから続けてきたトレーニングが良い形で成果に結びついている証拠です。 この調子でこの後の試合でも、世界の強豪達と競い合って頂きたいと思います。

 多くの観客の期待は、先週の札幌大会で優勝を逃した 高梨沙羅 (クラレ) が勝てるかどうかというところに集まっていたかと思いますが、残念ながら今日も、高梨に良い向かい風は吹きませんでした。 2ndラウンドでは全体のトップになるビッグジャンプを見せて追い上げましたが、如何せん1stラウンドのポイントが低すぎた。 どこかで迷いがあるのか、体調やマテリアルに不具合があるのか、原因は私にはわかりませんが、すでに見慣れた高い飛行曲線が影を潜めてしまっているのは、見ていて寂しいものがあります。

 上位3名と、2ndラウンドに残った日本人選手の写真を載せていきますよ。


優勝した 伊藤有希 (土屋ホーム)
(213.6 (89.5m / 94.0m)。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO1600 1/400秒 トリミングあり



2位は伏兵、Manuela Malsiner (ITA)
(213.3 (90.5m / 93.5m)。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO1600 1/400秒 トリミングあり



3位は強気のジャンプが光る Irina Avvakumova (RUS)
(210.6 (88.5m / 92.0m)。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO1600 1/400秒 トリミングあり



高梨沙羅 (クラレ) は5位。雪が酷いタイミングで飛ばされた感じ。
(208.3 (85.0m / 95.0m)

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO1600 1/400秒 トリミングあり



勢藤優花 (北海道メディカルスポーツ専門学校) は7位。安定感が増してきました。
(201.0 (92.0m / 88.0m)

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO1600 1/400秒 トリミングあり



18位の岩渕香里 (北野建設) 。もう少し向かい風があれば、とは思うのですが。
(173.2 (85.5m / 81.5m)

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO1600 1/400秒 トリミングあり



28位の茂野美咲 (CHINTAIスキークラブ)。ワールドカップポイント獲得は嬉しいですね。
(158.9 (84.0m / 73.5m)

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO1600 1/400秒 トリミングあり


 明日21日も、蔵王ジャンプ台で試合が行われます。タイムスケジュールは以下の通り。

■蔵王(日本)
1月21日(土)  15時45分 女子 第10戦 予選 HS106  17時00分 女子 第10戦 1stラウンド HS106


2017年1月19日(木)
■■■■■■■■■■ Ski Jumping ■■■■■■■■■■

 女子ワールドカップスキージャンプ蔵王大会は、今日公式練習と予選ラウンドが行われました。 先週の札幌大会で2試合とも優勝に手が届かなかった 高梨沙羅(クラレ)の現状が気にかかるところですが、公式練習2ラウンドと予選ラウンドのジャンプは、いずれも参加選手中トップの飛距離をマークしました。 高梨は総合成績トップなので予選は免除されますが、その予選ラウンドでも、スタートゲートを2段下げた上で、参加選手中ただ一人100mを越えて103.0mを記録。 先週の不調が信じられないくらい「いつもの沙羅」のジャンプです。

 伊藤有希(土屋ホーム)も好調を維持しており、予選ラウンドでは高梨と同じゲートから飛んで、全体の2位の飛距離となる98.0mを記録しました。 他には、先週の宮の森の試合で優勝した マレン・ルンビー(NOR)、ベテランの ダニエラ・イラシュコシュトルツ(AUT)らが安定したジャンプを見せており、明日から本戦が始まる蔵王大会も、彼女ら4名を中心に試合が展開していくものと思われます。 明日からの競技のタイムスケジュールを確認しておきましょう。

■蔵王(日本)
1月20日(金)  16時00分 女子 第9戦 トライアルラウンド HS106  17時00分 女子 第9戦 1stラウンド HS106
1月21日(土)  15時45分 女子 第10戦 予選 HS106  17時00分 女子 第10戦 1stラウンド HS106
 高梨はねぇ、宮ノ森のシャンツェがあまり得意ではないような気がするんだ。 少なくとも何某かの苦手意識を持っているような印象を受ける。 それに惑わされずに、蔵王は蔵王でしっかりと自分のジャンプをしてもらえれば、結果は自ずとついてくるはずです。 プレッシャーも大きいだろうけど、それを乗り越えるタフな強さを蔵王で見せてほしいと、心から願うばかりです。


2017年1月18日(水)
■■■■■■■■■■ Ski Jumping ■■■■■■■■■■

 スキージャンプの情報を載せられなくてすっかり寂れてしまった当Webサイトでありますが、今季も女子のW杯蔵王大会と男子のW杯札幌大会は現地に観戦に出かけます。 ほぼ自分用メモですが、明日から始まる女子W杯蔵王大会のタイムスケジュールをまとめておきます。 札幌大会と違って両日ともナイトゲームでの開催です。

■蔵王(日本)
1月19日(木)  16時00分 女子 第9戦 公式練習 HS106  17時30分 女子 第9戦 予選 HS106
1月20日(金)  16時00分 女子 第9戦 トライアルラウンド HS106  17時00分 女子 第9戦 1stラウンド HS106
1月21日(土)  15時45分 女子 第10戦 予選 HS106  17時00分 女子 第10戦 1stラウンド HS106
 今シーズンの蔵王ジャンプ台は例年よりも雪が少ない状態が続いていたようですが、先日の寒波の折に十分な降雪があったようで、雪の心配は要らなくなりました。 標高が高い土地ゆえに気温はかなり低くなり、また風も強いので、現地で観戦する際にはしっかりとした防寒装備が必須です。


2017年1月17日(火)
 阪神淡路大震災発生から22年が経ちました。黙祷。


2017年1月16日(月)
 [電脳支部]を更新しました。 昨日のコミトレで頒布した無料ペーパー『あくろま〜とVol.306』の画像を[Achromat]のコーナーに掲載、 [Information]は最新のイベント参加情報に更新しておきました。

 もう少し早い時間帯に更新を済ませるつもりだったのですが、仕事の疲れに負けてしまって、日付が変わる直前の更新となりました。 4月30日の名古屋コミティアまで3ヶ月以上あるので、その頃には春の新刊を用意できるように頑張りたい所存。 新刊の構想を早く固めないと。


2017年1月15日(日)
 こみっくトレジャー29、終了しました。 あるびれおCo.のスペースに来て下さった皆様、毎度毎度どうもありがとうございました。 やはり地元のイベントはいいですね。うむうむ。Webサイトの更新は16日に行う予定です。


2017年1月14日(土)
こみっくトレジャー29
4号館 カ03a あるびれおCo.


 明日はインテックス大阪でこみっくトレジャーです。 事前の告知がほとんど全くできていない状況ですが、今年はサークル参加できます。 配置場所は上記の通り。インテックス大阪の4号館になります。 冬コミで発行した新刊『Apochromat Vol.67 COLORFUL CYAN ! (25)』(\500-)が関西方面で初売りとなります。 明日の大阪も相当に寒そうですが、参加を予定されている皆々様、何卒よろしくお願いいたします。


 コミトレの準備といっても、新刊は用意できる状況ではないので、いつもの無料頒布ペーパーを作ることだけ。 原稿は今日の午前中に描き上げられたので、今日の日中は、次の週末に女子スキージャンプW杯蔵王大会で撮影に使用するカメラボディのセンサー清掃をニコンの梅田SCに依頼してきました。 昨年11月にサービス内容と料金体系が改正になり、これまではセンサー清掃のみで1028円だったのが、「点検+センサー清掃+ピント点検調整」の Aコース(3240円)、または「点検+センサー清掃」の Bコース(2160円)のどちらかを選ばねばならなくなりました。 (点検のみの Cコースだと1080円ですが、そのコースにはセンサー清掃が含まれない)

 新しいサービス体系になって初めてのセンサー清掃依頼になるので、勝手もよくわかりませんし、大切な撮影の前の点検は必須だと考えたので、D500 と D800E の 2台とも「点検+センサー清掃+ピント点検調整」のAコース(3240円)でお願いしてきました。

 結果は、2台とも「後ピン調整あり」で返ってきました。 D800E は 2012年に購入後だいぶ年月が経過しているので仕方ないと思いましたが、昨年4月下旬に発売されたばかりの D500 もピントが狂ってきているとは、大変意外な結果でした。 そもそも普段の撮影でピントのずれに気づいていなかったから、特に大きな問題はないレベルだと思うのですけどね。 ピント調整以外はどちらも「異常なし」「動作正常」でしたので、一安心です。


 今日の写真撮影は、そのセンサー清掃依頼のために出かける際に、最寄り駅までの道程で少しだけ鳥撮りを。 折しも、その時間帯にちょうど雪が降ってきたので、日差しは弱くて暗く、撮影条件はさほど良くない状況でした。


田んぼの畦にキセキレイ。これを撮っている最中が、雪が一番酷かったです。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + Ai AF-S Nikkor TC-14EII + NCフィルター
絞り開放(F5.6) 感度設定ISO800 1/500秒 DX×1.3クロップ トリミングあり



用水路で見かけたカワセミ(雄)。日差しがもう少し強かったら、眼にハイライトが入るんですが。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D (IF) + Ai AF-S Nikkor TC-14EII + NCフィルター
絞り開放(F5.6) 感度設定ISO800 1/1600秒 DX×1.3クロップ トリミングあり




2017年1月13日(金)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 金ローでナウシカ視聴中。ナウシカの勇敢さとかっこよさに惚れる。 それはそうと今夜も晴れていたので、放送開始直前に撮ってきた月の写真を貼っておきます。 昨日の写真と比べて、24時間分の月の公転を感じてくだしあ。


今日の月(月齢15.2)(2017年1月12日20時51分(JST)))

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + Ai AF-S Nikkor TC-14EII + NCフィルター
絞りf/7.1 感度設定ISO400 1/1000秒 DX×1.3クロップ トリミングあり


2017年1月12日(木)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 今週に入ってからの仕事が精神的にも体力的にも総合的にしんどくて、先日の3連休で得た心の潤いはだいぶ前に完全に吹き飛びました。 せめて帰宅した後はコミトレの準備やペーパーの原稿、そしてそれらとは関係ないラクガキやら読みかけの本の消化やらに専念したいのに、そもそも体力が残っていないものだから、どれ一つ手を着けられずに寝落ちする日々です。 満足感の薄い寝方を続けているから、余計に心が荒むわけで。

 こんな時はどうすればいい。月よ教えてくれ。・・・とか言いつつ満月の写真を撮っていたら、少し回復した(ぉ)。


今日の月(月齢14.2)(2017年1月12日20時40分(JST)))

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + Ai AF-S Nikkor TC-14EII + NCフィルター
絞りf/7.1 感度設定ISO400 1/1600秒 DX×1.3クロップ トリミングあり


2017年1月11日(水)
 今日の仕事もしんどかった。 年明けの連休明けで仕事が集中する時期だから仕方ないけど、それにしても仕事大杉じゃねーかと思う。 疲労困憊甚だしということで、晴れているけど今日の月の撮影は無し。

 昨夜遅くに何気なく始めた写真データのバックアップ作業が、思いの外手間も時間もかかるものになってしまい、昨夜のうちに終えられなかった。 今日も帰宅後ずっとその作業にかかりきりになっていて、一通りの目処が立ったのが日付が変わる直前。 仕事でしんどかったゆーてるやないか、アホ。(八つ当たり)


2017年1月10日(火)
 連休明けで仕事多し。しんどい。


2017年1月9日(月)
 夕方からの飲み会に出かける前に、軽く鳥撮り。(いつもと比べてどれだけ軽かったかは不明)  再来週の週末には蔵王で女子スキージャンプW杯の撮影が控えているので、その時に使う D500 ボディに手を慣らすべく、年始はひたすら鳥撮りで感覚を磨きます。 来週15日はコミトレ参加なので、その前日にもう一回できるかどうか?

 こと鳥撮りに関してだけ言えば、D500 の性能が良すぎて、D300 の出番が無くなってしまいました。 D500 は D300/D300S の純然たる後継機種なので当然と言えば当然ですが、D300 も非常に優秀なボディですから、最近あまり使ってあげられないのが悔しいところ。 鳥撮り以外の一般撮影で積極的に持ち出したいですね。


バン。冬季なので嘴が黄色いですが、夏場はこれが赤くなります。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO1250 1/500秒 DX×1.3クロップ トリミングあり



ばしっと決まったホオジロの雄。番と思われる雌と一緒に行動しています。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO400 1/1250秒 DX×1.3クロップ トリミングあり



アオジ。たくさんいるのに、藪の中からなかなか出てきてくれない子。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO500 1/500秒 DX×1.3クロップ トリミングあり



ジョウビタキの雄。撮影を切り上げる間際に会うことができました。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO320 1/1000秒 DX×1.3クロップ トリミングあり


 飲み会終了、楽しかった。けど、今日は疲れました。 今夜24時頃に月によるアルデバラン食があるようなのですが、さっき空を確認したら雲が出てましたし、写真撮影は断念します。 肉眼では、月のそばにアルデバランがある様子は確認できたんですけどね。


2017年1月8日(日)
 今日は朝から夜までずっと雨。 当然のことながら、鳥撮りにも行けないし、ジョギングもできません。 身体を全く動かさない日にはしたくなかったので、食事の買い出しと夕方のウォーキングは何とかこなしましたが、一日のノルマ10kmなんて達成できっこありません。 いや、それは仕方ないのだけど、一日中雨で寒いから、やる気の無さが半端ない。 部屋の片付けをするでもなく、読みかけの本を開くでもなく、本当に何もしない一日だったなぁ。

 明日は連休の最終日、夕方からちょっとだけ飲み会があります。天気はどうだろうか。


2017年1月7日(土)
 土日はお天気が下り坂という天気予報をだいぶ前に聞いてしまったせいか、今日は天気が悪いものだと思い込んでいて、朝は鳥撮りに出かけられなくてもいいやという勢いで寝坊してしまいましたが、起きてみてその快晴っぷりに後悔した次第であります(謎)。 慌てて支度をして、出撃。この晴天が勿体なくて、寒いとか言ってられない。


シロハラ。完全逆光だったのを強引にレタッチしました。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO640 1/500秒 DX×1.3クロップ トリミングあり



見かけない顔ですが、ひょっとしてホシハジロ? 手前が雄のエクリプスかなと。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO400 1/200秒 DX×1.3クロップ トリミングあり



セグロセキレイ。日本ではごくありふれた種ですが、ほぼ固有種なので、海外のマニアには人気があるらしい。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO800 1/640秒 DX×1.3クロップ トリミングなし



ヒバリの飛翔。割と当てずっぽうにシャッターを切ったのに、ピントが合ってしまうD500のAF、ほんとすげえ。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO400 1/8000秒 DX×1.3クロップ トリミングあり



いつものジョウビタキの雌。今日はだいぶ愛想良く相手してくれました(謎)。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO320 1/1600秒 DX×1.3クロップ トリミングなし



メジロ。手前の枝が邪魔ですねえ。くっそ。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO320 1/2500秒 DX×1.3クロップ トリミングなし


 冬コミ終了からちょうど一週間経ちまして、そろそろ何か絵を描き始めないといけないなーという気分が出てきた頃合いではあるのですが(そもそも来週のコミトレの準備もありますし)、それも気分だけで、まだ実際に手が動くところまで行ってません。 冬コミの翌日からウォーキングもジョギングもいつも通り続けていて、その辺の体力は十分すぎるほど維持されているのですが、正月休みを経て今になって精神的な疲労が表に出てきた感じでしょうか。

 写真を撮るのは、日記に写真を貼りまくっているとおり、普通にできてるんですけどねぇ(爆死)。なんだかな。 ちなみに今夜は、空全体に薄い雲がかかっているので、月の撮影は断念しました。 ありがたいことに3連休なので、少しのんびりすることにします。


2017年1月6日(金)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 昨日曇られて月の撮影ができなかったことが地味に悔しくて悔しくて悔しくて(根に持っている)、そもそも天気図を見たらどう考えても今日の方が天気が良さそうなので(実際、良かった)、今日は「仕事から帰宅したら月の写真を撮る」ことだけしか頭にない一日でした。 で、撮った写真がこれですが、写りはまあ、普通ですよねえ。普通。


今日の月(月齢8.2)(2017年1月6日20時29分(JST))

Nikon D800E + Vixen FL-80S + Ai Nikkor TC-200 (合成焦点距離1280mm)
f/16 感度設定ISO250 1/160秒 トリミングあり CaptureNX2にて現像、レタッチ


2017年1月5日(水)
 仕事始めの日でした。めっちゃ疲れました。夜は見事に曇られたので、月面Xを見損ねました。くっそ。


2017年1月4日(水)
 お正月休みは今日で終わり。 明日からまた仕事、昨年末の仕事納めの日に大量に入荷してきて、荷解きも全て済ませることができず放置してある商品がおいらを待ち受けています。 思い出しただけでも憂鬱になってきますから、思い出すのはやめましょう(ぉ)。 今日も朝から快晴で、良いお散歩日和です。早速鳥撮りに行きましょ。


ダイサギ飛翔。鳥撮りを始めた2009年当時からずっとこの川原に居着いている古株さん。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO640 1/6400秒 DX×1.3クロップ トリミングなし



ハシビロガモ雌。コガモ群れの中に1羽だけ混ざってましたが、何年か前もこんな混群見かけたな。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO640 1/500秒 DX×1.3クロップ トリミングなし



ハクセキレイ雌。夜明け頃には霜が降りていたところも、日差しが当たってどんどん溶けていきます。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO400 1/2000秒 DX×1.3クロップ トリミングなし



カワセミ雄。30mほど離れていたので、トリミングで強拡大。D500 のトリミング耐性に助けられます。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO250 1/1600秒 DX×1.3クロップ トリミングあり


■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 昨日は外出していてできなかった月の撮影を、今日は意地でも成し遂げようと(謎)。 2017年の月面撮影始めは元日に既に決行済みでしたが、天体望遠鏡を使用した「ベストクォリティを狙う機材構成」ではなかったので、今日こそ「本気機材」での撮影です。 但し、昨日ほど空の条件は良くはなくて、雲量も多く、撮影条件は今ひとつでした。


今日の月(月齢6.1)(2017年1月4日19時29分(JST))

Nikon D800E + Vixen FL-80S + Ai Nikkor TC-200 (合成焦点距離1280mm)
f/16 感度設定ISO640 1/160秒 トリミングあり CaptureNX2にて現像、レタッチ



2017年1月3日(火)
 今日は毎年この日恒例の、新年会の日でした。 帰宅も遅くなったので、お絵描きなし、写真なしです。


2017年1月2日(月)
 昨日の夕方にジョギングで走ったコースが久しぶりにアップダウンの多い山側コースだったので、今朝は心地よい筋肉痛です。 アクティブリカバリはしておいた方が良さそうなので、今日も積極的に脚を動かしていきたいと思います。 即ち、朝寝坊しても朝の鳥撮りは行くのだという、いつものアレ(まわりくどい)。


コサギが着水したところ。正面から見たかったなぁ。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO1600 1/3200秒 DX×1.3クロップ トリミングなし



ホオジロの雄。止まっているのは、ビニールハウスの梁。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO400 1/1600秒 DX×1.3クロップ トリミングあり



カワラヒワ。風切羽の黄斑が見えにくい角度だったのが残念。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO400 1/6400秒 DX×1.3クロップ トリミングあり



ジョウビタキ雌。昨日撮影したのと同じ個体です。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO400 1/800秒 DX×1.3クロップ トリミングあり


■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 今日の夕方の月は、金星といい感じでランデブー。 ぴったり並んだ両者を写真に撮ったという人も多かったのではないでしょうか。 私も一応狙ってみましたが、薄い雲がかかっていた上に、撮影中に移動してきた雲で完全に隠れてしまうこともあったので、満足ゆく写りのカットは得られませんでした。


今日の月(月齢4.1)(2017年1月1日19時44分(JST))

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + Ai AF-S Nikkor TC-14EII + NCフィルター
絞りf/7.1 感度設定ISO1600 1/160秒 DX×1.3クロップ トリミングあり



月と金星(2017年1月1日19時48分(JST))

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5G ED VR + NCフィルター
焦点距離44mm 絞りf/4.5 感度設定ISO3200 1/30秒 トリミングなし



 深夜、日付が変わる直前に、オリオン大星雲M42 の撮影を試みました。 昨年11月下旬に撮影した時以来ですが、撮影機材や撮影手法は全く同じです。 前回撮影時と比べて空がかなり明るく(おそらく大気中の水蒸気等の違い)、撮影後のレタッチではその処理に苦労しました。 結果的に、背景には「青かぶり」がだいぶ残ってしまいました。


M42(オリオン座大星雲)(2017年1月2日23時47分(JST))

Nikon D800E + Ai Nikkor ED 180mm F2.8S + ケンコー ASTRO LPR TYPE II フィルター
絞り f/4 感度設定ISO3200 10秒 トリミングあり CaptureNX2にて現像、レタッチ


 レタッチの結果、ぱっと見では違和感が少ない仕上がりになったと自負はしていますが、実はレタッチの際にかなり強引なカラーバランスの調整を行った結果でもあります。 それはひとえに、まるで真昼の青空のように青白く写ってしまった夜空背景の写りを、見やすいように処理するための措置です。 副次的な効果として M42 の赤い色が割と良く表現されていますが、できればこういうカラーバランス調整はしたくない、というのが本心です。

 デジタルカメラが苦手とする散光星雲の Hα光(電離水素が放つ653nmの赤い光)の感度が、一般的なモデルより約4倍高いというニコンの天体撮影専用機 D810A を使うと、同条件で撮影すると、どういう写りになるのでしょうか。 D810A は近々購入することを検討しているので、是非比較してみたいものですね。


2017年1月1日(日)
あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします


 元日になりました。 昨日の冬コミが終わったばかりで、大騒ぎの余韻も担いで帰ってきた荷物の後片付けも山積みの状態ではありますが、まずは新年のご挨拶です。 [電脳支部]を更新、[メインページ]のTOP絵を差し替えて、お年賀絵を掲載しました。 [えとせとら]のコーナーにも項目を追加しておきました。

 また、昨日の冬コミで頒布した無料ペーパー『あくろま〜とVol.305』の画像を[Achromat]のコーナーに掲載、 [Information]は今月15日に開催されるコミトレの参加情報を更新しておきました。 [『あるびれおCo.』Works]では、既刊の在庫情報の一部を更新しました。


 ISSの撮影時に快晴だったということは、朝は放射冷却現象でとても冷え込むわけです。 今朝の最低気温は2℃か、1℃か、その辺までは下がったのではないかと思います。 田畑には真っ白な霜が降り、小さな水たまりや夜露は凍結していました。 こういう時こそ、鳥撮りに行かねば(ぉぃ)。新年一発目の鳥撮りになりますよ。


ホオジロ雌。いつもより少し早い時間帯に撮影を始めたので、まだ朝日が昇りきっていない状態です。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO800 1/4000秒 DX×1.3クロップ トリミングあり



いつものあの場所の、ジョウビタキ雌。今日はちょっと上手く撮れた!かも!

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO800 1/400秒 DX×1.3クロップ トリミングなし



朝日に向かって高鳴きするモズ雌。今日の写真は女の子ばかりやな。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放(F4) 感度設定ISO400 1/2500秒 DX×1.3クロップ トリミングあり


■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 2017年最初の写真撮影は、初日の出ではなくて、日本列島上空を通過する国際宇宙ステーション(ISS)です。 神戸では今朝未明、5時35分頃から南西の方角に見え始め、しし座を通過してほぼ天頂付近を通り、北東の地平線に向かって光跡が伸びていきました。 ISSの撮影はこれが3回目で、前回は昨年7月末だったのですが、まだまだ経験値も足りずわからないことだらけです。 撮影時の天候は快晴、大気のシンチレーションは大きく、シーイングは 2/5〜1.5/5 程度でしょうか。 D500 の高速連写であっても、このシーイングの悪さには勝てない感じでした。


国際宇宙ステーション(ISS)(2017年1月1日5時35分(JST))

Nikon D500 + Vixen FL-80S + Ai Nikkor TC-200 (合成焦点距離1280mm)
f/16 感度設定ISO3200 1/1000秒 ピクセル等倍トリミング CaptureNX-Dにて現像


 夕方には西の空に三日月が見えていたので、これも撮影します。 ちょっと事情があって天体望遠鏡を持ち出すことができなかったので、いつも太陽撮影で使っている「500mmF4+1.4倍テレコン」の光学系です。


今日の月(月齢3.1)(2017年1月1日18時31分(JST)))

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + Ai AF-S Nikkor TC-14EII + NCフィルター
絞りf/7.1 感度設定ISO1600 1/200秒 DX×1.3クロップ トリミングあり



[戻る]