あるびれおCo.伴星〜電脳支部 [戻る]
Diary 2018年3月




2018年3月31日(土)
 神戸市内の他の場所と比べると桜の開花が比較的遅めの我が町でも、今日でほぼ満開となりました。 朝から天気も良く、土曜日ということもあって、日中からお花見をしている人がとても多いです。 昼飯の買い出しがてら、コンデジを片手に散歩して桜の写真を撮ってきましたので、3枚ほどぺたり。 (いつも鳥撮りで歩いている近所の川原の桜並木が中心です)





■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 原稿の作業の合間にきちんとした休憩をしないと、眼精疲労がひどくて作業効率が落ちるばかり。 ベランダに出て一息入れつつ空を見上げますと、今日は満月ではありませんか。 今月初めに一度満月を迎えているので、こういうのを何て言うんでしたっけ。ブルームーン?  それより今日はまだ黄砂の影響で、空が白いよ。

 名前はどうでもいいけど、無条件で天文の血が疼いたので(謎)、「標準レンズ」で撮影しておきますよ。


今日の月(月齢14.0)(2018年3月31日21時41分(JST))。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + Ai AF-S Nikkor TC-14EII (合成焦点距離700mm)
絞りf/7.1 感度設定ISO400 1/1000秒 トリミングあり


2018年3月30日(金)
 2017年度最後のお仕事、いつものように棚卸しでした。今回は割と楽だったかな。(でも身体は疲労)


2018年3月29日(木)
 神戸市内では桜の開花が比較的遅い我が町でも、月曜日辺りから蕾が本格的に開き始めて、この2日間くらいの陽気で開花が一気に進みました。 今日の夕方の段階では、通勤路途中の川沿いの桜並木は8分咲きくらい。 明日にはほとんどの幹がほぼ満開となることでしょう。 今週末はまだ天気の崩れもなさそうですから、明日から土日にかけてお花見に出かけるのもいいかもしれません。 近場に桜並木があると、こういう時はとても便利です。

 個人的にお花見は、「ゴザを広げて酒をかっ食らって大騒ぎをすること」ではなく、「桜を眺めながらのんびり散歩をすること」です。 お酒は必要ありません。 カメラ片手に、自分のペースと雰囲気で静かに眺めていれば、満足。 少し心配なのは、今日の夕方辺りから風が強くなってきたことです。 春の嵐到来、でしょうか。

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 ここ数日、春らしく青空が白っぽく霞んできたなと思っていたら、今日の天気予報を見ると日本列島上空に黄砂が飛来してきているとのこと。 仕事帰りに月を見上げたら、実にわかりやすい「黄砂による月の傘」が見えていたので、帰宅後すぐに機材を取り出して撮影してみました。


黄砂の影響で月の周囲にできた傘 (2018年3月29日19時18分(JST))。

Nikon D800E + AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR (200mm相当)
絞り開放 (f/5.6) 感度設定ISO3200 1/30秒


 元の撮影データでは肝心の「傘」が今ひとつはっきり見えていないので、強めのレタッチをして目で見たイメージに近づけてあります。 上の写真で虹色がかっている部分まで肉眼でも見えていましたので、ちょっと珍しい光景を撮影できた喜びが半分と、明日以降の黄砂の影響を考えて気が重くなるのが半分。 今日はまだ上空を舞うだけだった黄砂も、明日以降は地上に降ってくる地域があるようですから、お洗濯など要注意かと思います。


2018年3月28日(水)



 三宮の東急ハンズで今開催されている『 KOBE航空祭III 』が少し気になっていたので、仕事帰りに立ち寄ってみました。 一番見たかったのは、F-4ファントムII戦闘機に使われているマーチンベイカー製のMK7射出座席で、798,000円(+税)で売りに出されていたものは既に「売約済み」。 すげえ! 本当に買う人がいたのか!(失礼)  現物はまだ売り場に展示してあったので、間近にジロジロと眺めてきましたです。 今の最新モデルならキャノピーブレイカーが付くんだろうけど、それは無かったよね。ふむふむ。

 手ぶらで帰るのもアレだし、4月1日までの開催期間中にもう一度来ることができるかもわからなかったので、ちょっとだけ買い物をしてきました。 それが上の写真のワッペン2枚。 航空自衛隊岐阜基地の飛行開発実験団所属、岐阜飛行場100周年記念スペシャルマーキングを施された F-4EJ ファントムII 戦闘機 (#87-8409) のワッペンですね。 昨年の岐阜基地航空祭でお披露目されて話題になり、先日の小牧基地オープンベースでは岐阜基地から飛来して地上展示されていた機体です。 (以下、小牧基地オープンベースでの写真)

 フォトグラファーのスプーク君(マクダネルダグラス社公式のF-4ファントムIIイメージキャラ)ワッペンもあったので、「黒い方」を併せて購入。 ニコンユーザーですから、当然ね。






2018年3月27日(火)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 今日の月の撮影は、時刻が遅くなってしまったので、天体望遠鏡の使用を断念。 ゴーヨン+テレコン+D500 の組み合わせでお気軽撮影といきましょう。 月齢10で、欠け際にアーチ状に「虹の入江」が見えています。


今日の月(月齢10.0)(2018年3月27日23時24分(JST))。

撮影データをピクセル等倍でトリミング。虹の入江からコペルニクスクレーターにかけて。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + Ai AF-S Nikkor TC-14EII (合成焦点距離700mm)
絞りf/7.1 感度設定ISO400 1/500秒 トリミングあり


2018年3月26日(月)
 [電脳支部]更新しました。 昨日の 名古屋コミティア52 で頒布した無料ペーパー『あくろま〜とVol.316』を[Achromat]のコーナーに掲載しました。 また、[Information]を最新のイベント参加情報に更新しておきました。 最新の情報といっても、現時点で5月以降のイベントのサークル参加案内書は届いておらず、確定的なことは発表できない状況なので、夏コミまでのスケジュールの更新のみです。 詳細が決まりましたら、その都度告知いたします。 まずは5月5日の COMITIA124 ですね。春の新刊、出したいなぁ。出せるかなぁ。

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 Webサイトの更新作業を終えてから、月の撮影をば。 シーイングがどうも今ひとつで、よろしくない。


今日の月(月齢9.0)(2018年3月26日22時25分(JST))。

Nikon D800E + Takahashi FC-100DL + Takahashi エクステンダーC2X (合成焦点距離1800mm)
f/18 感度設定ISO400 1/160秒 トリミングあり


2018年3月25日(日)



 名古屋コミティア、無事に終了しました。 あるびれおCo.のスペースに来て下さった皆様、どうもありがとうございました。 今日の名古屋は一日中快晴で、気温も高くて暖かく、過ごしやすい春の一日でした。 名古屋の町中はもう、桜がほぼ満開なのですね。 帰りがけ、町中の小さな公園で咲き乱れる桜の写真を撮って、ほっこりした気分になりましたですよ。 ちなみに我が町、神戸市西区では、桜はまだほとんど咲いておりません。

 次の同人イベント参加は、ゴールデンウィークの東京コミティアになる予定です。 春の新刊が東京コミティア合わせで間に合うかどうかは、まだわかりません。 詳細が決まり次第、順次こちらで告知していきたいと思います。


2018年3月24日(土)
名古屋コミティア 52
D-48 あるびれおCo.


 Webサイトの情報を更新できないまま、名古屋コミティアの前日になってしまいました。 告知が遅くなってしまい、申し訳ありません。 明日の名古屋コミティアは、 D-48『あるびれおCo.』にてサークル参加いたします。

 当日発行の新刊は、例によって今回も用意できませんが、昨年末の冬コミで発行した新刊創作個人誌『Apochromat Vol.70 COLORFUL CYAN ! (27)』(\500-)が名古屋方面で初売りとなります。 それと、いつもの無料頒布ペーパー『あくろま〜と』もね。 何卒よろしくお願いいたします。>all

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 今日は朝の鳥撮りもお休みして、一日中名古屋コミティアの準備の作業に充てるつもりでおりました。 いや、作業自体はずっと続けていたのですが、今日の夕方に「月面Xが見られるぞい」という情報が Twitter に流れてきましたので、いても立ってもいられず、ホットスクランブル可能な状態で待機していた撮影機材を抱えて外に飛び出したというわけです。(大袈裟)

 冗談はともかく、その「月面X」です。 時間帯が夕方と言っても、日はまだ高く、月は青空に埋もれて白く浮かんでいるのが見えるだけ。 こういう状況ではやはり、開放F値の小さい、明るい写真レンズが威力を発揮します。


今日の月面X(月齢6.7)(2018年3月24日16時36分(JST))。

上の写真の元データから、「X」の周辺をピクセル等倍トリミング。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + Ai AF-S Nikkor TC-14EII (合成焦点距離700mm)
絞りf/7.1 感度設定ISO640 1/800秒 トリミングあり


 RAW で撮影したデータをレタッチして、「X」が見やすくなるように画像処理してあります。 「X」に見える部分は、複数のクレーターの「山の部分」が作る地形が、そのような形に太陽光に照らされているもの。 欠け際に見えているということは即ち、光量が少なく暗い部分ですから、輝度の差が大きい半月の撮影としては、かなり露出オーバー気味にしないと写ってくれません。 撮影後のレタッチ処理が大変重要な「エイム」でありますよ。

 昨日載せた月面写真くらいのクォリティでしっかり撮りたい、というのが偽らざる本心ですけどもね。 たまにはこういう雰囲気の写真も、いいかな。


2018年3月23日(金)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 名古屋コミティアが近いから、当日頒布するペーパーの原稿を描き進めているのですが、先日の日曜日頃までは作業も順調に進んでいたのに、平日に入ってから進捗が急に悪くなりました。 何というかつまり、仕事で気力も体力も使い果たした結果でありまする。(20日は、艦艇公開でしたけども/汗)  せめて「やる気」と「空元気」だけでも維持したいので、今日は原稿の作業に入る前に月の写真を撮ってきました。 (結果的に、やっていることはいつもと同じ)

 今日のシーイングは、3〜3.5/5 程度。 細かい揺らぎのシーイングが安定してずっと続いている感じ。 最良ではないけども、レリーズ毎の画質の差が少ないという点では、割と安定した条件でした。 空の透明度も、悪くないです。 惑星観測や重星観測には厳しいかもしれないけど、月全体を撮影する条件としては、まずまずだったかな。


今日の月(月齢5.9)(2018年3月23日20時30分(JST))。

Nikon D800E + Takahashi FC-100DL + Takahashi エクステンダーC2X (合成焦点距離1800mm)
f/18 感度設定ISO400 1/125秒 トリミングあり


2018年3月22日(木)
 やる気〜〜出ろ〜〜〜


2018年3月21日(水)
 昨日の名残か、今日は朝からずっと雨。 午後になって雨の峠は過ぎたものの、たまに降ったり止んだりで、スッキリしないお天気が一日中続いています。 しかもけっこう寒い。外出するのが億劫になります。

 そういう状況でしたので、今日は一日家に引きこもって静養の日。 名古屋コミティアのペーパーの原稿を描いたり、ネット巡回でフラフラしたり。 夕方に雨が止んだ隙を狙って、久しぶりのロードワークは約6.6km。 走力がすっかり落ちてしまった上に病み上がりだから、全然進まなくてしんどかった。 喘息の咳がやっと治まってきたので、これから少しずつ走る機会を増やしていきたい所存。


2018年3月20日(火)



 さて、今日は午後から仕事を休んで、大阪・天保山岸壁で行われている 護衛艦 DD-112「まきなみ」の一般公開に参加してきました。 練習艦 TV-3508「かしま」と練習艦 TV-3513「しまゆき」も同じ岸壁に停泊したままですが、こちらの公開はありません。残念。 いつものように写真をたくさん撮ってきましたので、並べていきますよ。


天保山へは、桜島岸壁からの渡し船で向かいます。これは桜島岸壁側から見た光景。



練習艦「かしま」(左)、同「しまゆき」(右)の艦尾。奥には天保山の大観覧車。



天保山岸壁に到着して、早速護衛艦「まきなみ」の一般公開に。天気が悪かったせいか、人は少なかったです。



一般公開開始直後、乗艦待ちの行列ができていません。もう少し人が集まっても良さそうなのに。



「まきなみ」前部甲板の5インチ速射砲と、艦橋のメインマスト。背景に必ず写り込む大観覧車(ぉ)。



5インチ速射砲の砲口カバーには、「まきなみ」のマスコットである「金色のバショウカジキ」が。



艦首の最先端まで行くことができました。風が昨日より強く、国旗も勢いよくはためきます。









「まきなみ」各所に掲出された解説用ラミネートカード各種。写真つきでわかりやすいですね。



航空機格納庫内には、メインローターを折り畳んだ哨戒ヘリSH-60Kが1機。



折り畳んだメインローターの固定具は、以前護衛艦「いずも」の公開でも見ました。



SH-60Kの足元を撮ります。四方からテンションをかけて固縛しています。



格納庫内のリヤカー。他の装備品展示に目もくれないでこんなモノを撮影する馬鹿は私一人。



「まきなみ」後部甲板から、隣に停泊している練習艦「かしま」「しまゆき」を望みます。


 艦を降りてから、天保山岸壁から「まきなみ」の全体の姿を撮ろうと場所を探してみたものの、障害物が割と多くて良い場所が見当たりません。 しかし、遊覧船「サンタマリア号」に乗れば、「まきなみ」「しまゆき」「かしま」のすぐ近くを通る際に撮影できそうだったので、急遽「サンタマリア号」のチケットを買います。 約45分間で大人1600円と、予約無しで乗船可能な遊覧船としては標準的なお値段。これに乗らない手は無いですね。

 しかしながら、この辺りからまた雨足が強くなってきました。 「サンタマリア号」の上甲板のデッキにはとても立っていられないくらいの強い雨だったので、屋根のあるデッキから少し撮影しておきました。 この辺りから寒さが身に凍み始めて、ちょっと辛いw


遊覧クルーズ出港直後のサンタマリア号から、「まきなみ」を真正面に望みます。



練習艦 TV-3513「しまゆき」と 練習艦 TV-3508「かしま」。大観覧車は有無を言わさず写り込みます。



護衛艦 DD-112「まきなみ」。5隻建造された「たかなみ型」の3番艦です。


 日が沈んでからは、今日も自衛艦旗降下と電灯艦飾。 同じ目当ての「同志」は今日もたくさんいました。 電灯艦飾は昨日の方が良い写真が撮れたかもしれないなぁ、と思いつつ。


「まきなみ」の電灯艦飾。



「かしま」「しまゆき」の電灯艦飾。


 それにしても今日は、風が冷たくて寒かった。 もう少し体力が残っていたら、最後にもう一度天保山渡船を使って桜島岸壁側に渡り、大観覧車と電灯艦飾を狙うつもりだったのですが、すんません、寒さで挫けました(ぉ)。 まあ、「まきなみ」一般公開がとても楽しかったから、結果オーライです。


2018年3月19日(月)
 今日と明日の2日間、大阪の天保山岸壁にて、海上自衛隊の 練習艦 TV-3508「かしま」、練習艦 TV-3513「しまゆき」、護衛艦 DD-112「まきなみ」の広報イベントがあります。 また護衛艦「まきなみ」は一般公開もされるということで、職場がすぐ近くにある私としては、意地でも参加せねば気が済みません。

 この時期は年度末なので仕事も忙しく、辛うじて明日20日の午後のみ半日休暇をとりました。 が、今日はフルタイムで出勤でしたので、夕方勤務が終わってから艦の写真だけ撮りに天保山岸壁に行ってきました。



護衛艦 DD-112 まきなみ。一般公開は13時から16時まで。改めて明日、行ってきます。



練習艦 TV-3508 かしま (右手前)、練習艦 TV-3513 しまゆき (左奥)。



日没後の電灯艦飾。「かしま」と「しまゆき」。



日没後の電灯艦飾、これは「まきなみ」。雨が強くて、写真撮るのもなかなか厳しい。


2018年3月18日(日)
 一日中快晴だった昨日から少し天気は変化を見せて、高気圧が移動してきた影響で今日は雲が広がり、今ひとつスッキリしないお天気です。 朝の鳥撮りでは雨の心配こそ無かったものの、曇りゆえに全般的に暗くて、鳥の瞳に入るハイライトが弱く、写真映えしないものばかりになってしまいました。

 ちなみに今日の撮影では、久しぶりに D300 ボディを使いました。 D500 が完全に上位互換的な性能で君臨している現在、どうしても影が薄くなってしまいがちですが、性能自体は今でもほとんど見劣りしない素晴らしいものです。 一つだけ、時代を感じさせる不満があるとすれば、背面液晶の画質が今ひとつなところ。 それでもその当時は、かなり良い画質だったんですけどね。 写真写りには何ら関係ないので、気にしないことにしましょう。


エナガ。いつもせわしなく動き回るので、たまにこういう変な姿勢で撮れてしまうことがあります。

Nikon D300 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/1250秒 トリミングあり



トビ。D500 に比べて見劣りする D300 の AF追尾性能でも、この程度は楽勝。

Nikon D300 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO200 1/640秒 トリミングあり



ジョウビタキ(雌)。手前に枝が被った状態でボケているので、ボケ味が少しうるさい感じ。

Nikon D300 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO200 1/320秒 トリミングあり



田んぼに、ケリ。繁殖期に入りましたが、この個体はまだ営巣を始めていないようです。

Nikon D300 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO320 1/1250秒 トリミングあり



ハクセキレイ。こっちみんな。

Nikon D300 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO320 1/1250秒 トリミングなし



田んぼで見かけた、コチドリ。夏鳥としてよく見かける鳥ですが、今年は飛来がかなり早いですね。

Nikon D300 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO320 1/2000秒 トリミングあり



上の写真と同じく、コチドリ。こちらはおそらく冬羽。

Nikon D300 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO320 1/2000秒 トリミングあり



コガモのつがいが寝ています。お静かに、お静かに。

Nikon D300 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO320 1/2000秒 トリミングあり


■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 昨夜から今朝未明にかけての天候が良好だったので、休日でもありますし、日付が変わってから木星の観望と撮影を行っておりました。 観望だけなら「見たよ」の一言で済むところ、なまじ写真撮影までしてしまうから、自分の作業を自分でわざわざ増やす結果になっているのだけども(自覚あり)、この時期はまだ上空の風が強く、従ってシーイングは悪く、良い像が得られません。 撮影したカットから写りが良好なものを選別して Registax6 の加算平均処理にかけますが、納得のゆく結果がなかなか得られないのが悔しいところです。


今日の木星(2018年3月18日1時15分〜1時20分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約13900mm)
F139 感度設定ISO4000 1/30秒 DX×1.3倍クロップ トリミングなし 8枚のカットを Registax6 で処理


2018年3月17日(土)
 今日は朝から良い天気。日差しも暖かいし、絶好のお出かけ日和ですね。 私は来週の名古屋コミティアを控えているので、この土日の遠出はありませんがね。 とりあえず、朝の鳥撮りから。


ジョウビタキの雌。望遠効果と薄い被写界深度でスッキリした画になったけど、ちょっと物足りない。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/400秒 DX×1.3倍クロップ トリミングなし



ジョウビタキの雄。少し遠かったけど明るいからと油断して、実は失敗しているカット。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/2500秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり



お休み中のカルガモです。つがいかな? お静かに、お静かに。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/1250秒 DX×1.3倍クロップ トリミングなし



ツグミ。春らしい日差しの中、こちらを見ているようで、そうでもないようで。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/1250秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり


 名古屋コミティアのサークル参加案内書が届いていないのは郵便事故っぽいので、準備会に問い合わせのメールを飛ばす。 うちは集合住宅だからか郵便事故も少なくはないのだけど、どうしたものかなぁ、と頭を抱えています。 仕事忙しいし、体調芳しくないし、こういう時期にトラブルって重なるのだなぁ。うーむ。


2018年3月16日(金)
 明日からの土日は、余裕があれば、軽率に大洗とか佐世保とか高知とかに行きたかったのですが(謎)、金銭的にも体力的にもそういう余裕が皆無なので、自宅で静養に努めます。 その代わり、3月20日(火)の午後は軽率に仕事を休んで天保山に行って、護衛艦まきなみの一般公開でひゃっはー\(>ヮ<)/♪ です。

 つーて、天保山って職場からめっちゃ近いんですけどね。安治川の河口を挟んで対岸なのだ。


2018年3月15日(木)
 ここ数年の体質として、寒い状態から急激に暖かくなるような気候変化がとてもとてもとても苦手なのである。


2018年3月14日(水)
 


2018年3月13日(火)
 どうしても腹の虫が治まらないのでここで呟いておきます。 今回の「決裁文書書き換え」にあたり最も深刻な問題は、官僚が公文書を勝手に書き換えたこと、そしてそのために公文書の信用が著しく失墜したことです。 一部の人が民主主義の崩壊を叫ぶのは当然のことで、この問題においては、右も左も、安倍政権擁護もアンチ安倍政権も、関係ありません。 日本という民主主義国家に住まう市民であれば、誰もがその不利益を被る問題だからこそ、他のどの問題よりも優先的に「原因を追及し解決の方策を実施する」ことが重要です。

 だのに、この場に至ってもなお、安倍政権や麻生財務相の「責任問題」にしか追求の声を上げない野党は、まったくもって論外です。 ああいう大人がのさばるから、日本からブラック企業がなくならないのでありますぞ。


2018年3月12日(月)
 


2018年3月11日(日)
 東日本大震災の発生から7年が経ちました。被害に遭われた全ての皆様にお見舞い申し上げます。黙祷。

 そんな一日でも、基本的にはいつも通り。 朝の鳥撮りも、いつも通りです。 そろそろ春の新刊の原稿、描き始めなあかんねんけどなー。 今日は色々と「趣味」で忙しくて、手をつけられそうにないなー。(言い訳)


ケリが飛ぶ。そろそろ繁殖期ですので、活動が活発になってきました。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO320 1/800秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり



畑ではヒバリ。冠羽を立ててぴーちくぱーちく。ゆっくり近づけば、逃げませんね。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO320 1/800秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり



先日の雨でぬかるんだ田んぼに、ツグミ。エサを探して泥の中をまさぐったのか、嘴の周りがアレw

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO320 1/800秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり


■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 風邪をひいている期間は天体観測を完全に休んでいたので、今日はそのリベンジ。 昨日の夜から今朝にかけての気圧配置から、快晴が続くであろうと予測して、ちょっと本腰を入れた天体撮影にチャレンジします。

 この時期の明け方の空には、月と、木星、火星、土星が同時に見ることができます。 また夕方の西の空には、水星と金星が見えています。 一日のうちでこれらの惑星が観測可能な機会は、案外少ないのです。 それら全て撮影しようとするとなかなか重いタスクでもありますが、この際、全部やってやろうじゃないかw

 惑星の写真の前に、まずは太陽系の中心、これがないと何も始まらない「太陽」からまいりましょう。


今日の太陽面(2018年3月11日14時46分(JST))

Nikon D800E + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + Ai AF-S Nikkor TC-14EII (合成焦点距離700mm)
Thousand Oaks Optical社製太陽金属メッキガラスフィルター「TYPE2+」にて減光
絞りf/8 感度設定ISO100 1/500秒 トリミングあり CaptureNX2にて現像、レタッチ、モノクロ変換

 最近太陽面の撮影がご無沙汰でしたが、理由はこの写真の通り、目に見える黒点が無い状態が続くことが多かったためです。 可視光以外の波長、例えば紫外光やX線、赤外光等で見ればまた違った表情を見せる太陽ですが、残念ながら私の手元にある太陽フィルターは可視光域でしか撮影できません。 のっぺらぼうで申し訳ないですけども、正真正銘、今日の太陽面です。

 次は、月。現在月は明け方の空に見えており、月齢は下弦の月を少し過ぎたところです。 すぐ近くには土星と火星があって、特に今朝は土星が近く、肉眼で眺めても楽しく賑やかです。 写真は月だけの拡大でご勘弁を。



今日の月(月齢23.0)(2018年3月11日5時27分(JST))。

Nikon D800E + Takahashi FC-100DL + Takahashi エクステンダーC2X (合成焦点距離1800mm)
f/18 感度設定ISO800 1/250秒 トリミングあり


 次に惑星。今年は7月末に火星が地球に大接近するので、その時に備えて撮影の練習をしておきたいのです。 今現在、その火星はまだ地球からだいぶ距離が離れていて、見かけの大きさも小さく、撮影はちょっと難しいです。 木星はいつも通り、土星は遠くて暗いがゆえに難しいわけですが、これもいつも通りですね。 先ほど明け方の月の写真を載せましたので、現在その近くに見えている火星と土星の写真からいきましょう。


今日の火星(2018年3月11日4時58分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約13900mm)
F139 感度設定ISO4000 1/30秒 DX×1.3倍クロップ トリミングなし



今日の土星(2018年3月11日5時04分〜5時06分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約13900mm)
F139 感度設定ISO10000 1/20秒 DX×1.3倍クロップ トリミングなし 11枚のカットを Registax6 で処理


 そして次は木星。 木星は火星や土星よりも西側、時刻でいうと3〜4時間ほど早く東の地平から姿を見せ、上記の月・火星・土星が東の空に見えている時、木星はほぼ南中しています。 現在は火星や土星よりも明るく輝いていて、むしろこちらの方が目立つくらいですね。


今日の木星(2018年3月11日1時25分〜1時29分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi FC-100DL + Nikon O-5(C) (合成焦点距離約13900mm)
F139 感度設定ISO3200 1/30秒 DX×1.3倍クロップ トリミングなし 13枚のカットを Registax6 で処理


 さて、時間を少し進めて、今日の夕方の空に目を移します。 日没直後、太陽を追いかけるように西の空低く見えてくるのが、水星と金星です。 どちらも地球より内側を公転する「内惑星」で、いつも太陽の近くに見えている、いやむしろ、太陽が近くに見えているからこそ観測しにくい惑星でもあります。 夕方の日没直後か、明け方の日の出直前の短い時間帯でしか、観測することができません。 特に水星は観測できる時期が金星よりも限定されるため、「水金地火木土天冥海」の最初に必ず名前を連ねる知名度の割には「レアキャラ」なのです。

 夕方、日没を待たずに機材の準備をして待ちましたが、ちょうどその頃合いで西の空低いところに雲がかかってしまい、結局今日は、水星と金星を見ることすらできませんでした。 この撮影が達成できていたら、自分的グランドスラムだったんだけどなー。悔しい。めっちゃ悔しい。


2018年3月10日(土)
 美味しい米粉のバームクーヘンでいつもお世話になっていた、西宮の『ぴゅあ樹 光』さんが明日で閉店して店舗が移転してしまうということで、今日は移転前最後のお買い物とご挨拶に行ってきました。 バームクーヘンがとびきり美味しい上に、JR西宮駅から北側に歩いてわずか10分ほどの立地がとても便利だったのです。 今度の移転先は西宮市山口町、車でないと行けないような場所なので、今後は通販での利用が激増しそうな予感。

 今日は趣味の写真の掲載なし。よく晴れているので、久しぶりに望遠鏡で星空散歩でもしようかね。


2018年3月9日(金)
 あと少しだけ残る痰と、夜になると出てくる喘息の咳がクリアできれば・・・。今回の風邪はずいぶん長引いたなぁ。


2018年3月8日(木)
 


2018年3月7日(水)
 長らく経過観察していた親知らずの虫歯を、今日治療してもらってきました。 抜歯ではなく、削って詰め物をするだけのはずでしたが、場所が親知らずだったためか、処置にずいぶん時間がかかりました。 や、丁寧に処置してくださったので、痛みもなく、違和感もありません。とても感謝しておりまする。 これで治療費が保険適用で2000円いかないのだから、ありがたいことですわね。

 それはそうと、治療前に打たれた麻酔が3時間経ってもまだ少し残っている感じで、色々と不便です。


2018年3月6日(火)
 昨日の日記でビクセンのSDアポクロマート鏡筒の記事について触れて、そのついでで天文関連の情報をネットで追いかけているうちに、自分自身の天体撮影システムについて重大な問題が放置されたままになっていることを思い出しました。 何かというと、「惑星を撮影した動画データを Registax6 で処理できないこと」です。 もっと具体的に言うと、取り込んでくれるはずのフォーマットの動画データを受け付けてくれないんですな。 昨年はその原因も解明できないままに惑星観測シーズンを終えてしまったので、今年はまずそこから悩まないといけない。 うーむ・・・。


2018年3月5日(月)
 月刊天文ガイド4月号の、ビクセンSD81S、SD103S、SD115S各鏡筒(+SDレデューサーHDキット)のテスト記事を興味深く読んでいます。 光学性能の評価が実に素晴らしい。 タカハシ FC-100DL鏡筒 を既に買ってしまった今となっては、参考程度にしかならない情報ではあるけども、そもそもおいらは現役の ビクセンFL-80S ユーザー。 後継機種は気になるし、常に注目し続けることになるでしょう。 やはり、ビクセンは良いメーカーですね。

 ちなみに改めてアピールしておきますと、私が所持している ビクセンFL-80S鏡筒は、NEWポラリス時代の初代最初期ロット。 長年使い続けてだいぶくたびれてきたところもありますが、まだまだ現役を続けられるポテンシャルを持っていることは、1月31日の皆既月食撮影でも確認できました。 善き哉、善き哉。


2018年3月4日(日)
 昨日の小牧お出かけでだいぶ疲れたので、今朝は寝坊。 というか、そもそも昨日は平日よりも更に1時間早い4時半に起床して状況を開始したので、いくら近場で日帰りだったとはいえ、眠いのは当たり前なのである。 で、今朝の鳥撮りは時間的に出遅れた、という言い訳をですね(ぇ)。


エナガ。めっちゃ可愛い子なんですけど、それを可愛く撮ることの難しさと言いましょうか・・・。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/2000秒 トリミングあり



カイツブリ。川の堤防の上から見下ろして撮っているのだけど、しっかりこちらを見てますな。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/400秒 トリミングあり



セグロセキレイ。水面の波紋がちょっといい感じに。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO200 1/1600秒 トリミングあり



ホオジロ。この周辺のフィールドでは個体数も多いありふれた存在。よく見ると個体差も大きい。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO200 1/1600秒 トリミングあり



ジョウビタキ雌。暖かくなってきたので、渡りで姿を消すまであと少し。今月いっぱいくらいまでかな。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO200 1/2000秒 トリミングあり


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 昨日の小牧基地オープンベースの写真、今日も引き続き、もう少し紹介しておきます。


海上自衛隊の哨戒ヘリ SH-60K(地上展示)。エンジン排気の煤で汚れた尾部がいい感じです。


陸上自衛隊の汎用ヘリ UH-1J(地上展示)。ポピュラーな機種なので、見たことがある人も多いはず。


陸上自衛隊の攻撃ヘリ AH-1S(地上展示)。細い胴体と、幅が同じくらいあるメインローターが目を引きます。


陸上自衛隊の観測ヘリ OH-6D 。飛行展示もありました。陸自のヘリは3機とも明野駐屯地の所属です。


航空自衛隊の消防車の展示もありました。ドイツ製。とても格好いいのですよ。


同じく消防車。こちらは展示されていたわけではなく、基地の隅に置かれていたもの。


これも消防車。どうせならこのタイプの車両も、一緒に展示してくれれば良かったのに。


地上展示の F-2A 戦闘機のコックピット周辺。


地上展示の F-4EJ 戦闘機のコックピット周辺。


F-4EJ 戦闘機帰投時の写真をもう一枚。
このスペシャルマーキング、いいよね。生で見られて本当に良かった。


F-15J 戦闘機帰投時の写真をもう一枚。
この 32-8942 号機はIEWS(統合電子戦システム)も搭載した型です。


 写真の整理をするだけでも、けっこう疲れますなHAHAHA。


2018年3月3日(土)
 今日は、愛知県小牧市の航空自衛隊小牧基地で開催された航空祭「小牧基地オープンベース」に参加してまいりました。 昨年から愛知県民になった 涼野きさらさん のお誘いもありましたので、ええ、はい。

 体調不良と仕事の状況から前泊が無理そうだったので、早朝の始発列車に乗って現地に向かいました。 今日の小牧のお天気は、晴れ。午後からは少し曇られましたが、日中は気温が15℃程度まで上がって暖かく、この時期としては快適に航空祭を楽しむことができました。

 いつものように写真をたくさん撮影してきましたので、ずらずらっと貼っていきますよ。


入場して真っ先に向かったのは、地上展示の輸送機 C-2 。今日は貨物室に入ることができそうです。


機体後部の貨物室扉を開放して、ここから入ります。隣に見えるのは空中給油機 KC-767 。


輸送機 C-2 の貨物室内部。昨年の美保基地航空祭でも中を見ることはできましたが、入ったのは初めて。


 C-2 の内部見学は、先に済ませておいて正解でした。この後ほどなくして、航空祭のメインである飛行展示が始まります。 輸送機が多い小牧基地らしく、飛行展示は C-130 輸送機6機による編隊飛行がオープニングフライトです。 航空祭撮影用の望遠ズームレンズでは”長すぎて”、編隊の全体を写真に納めることが至難です。 とりあえず、雰囲気だけでも感じてもらえれば幸い。 主立った飛行展示の写真を並べていきます。


オープニングフライトの6機編隊 C-130 のうちの1機。これが6機、なかなかの大迫力です。


空中給油機 KC-767 と、救難捜索機 U-125A の異機種編隊。小牧には救難教育隊がありますのでね。


救難捜索機 U-125A のみ2機による飛行展示。側面の大きな窓から、隊員さんが外を見ています。


輸送機 C-130 からの資材空中投下のデモ飛行。貨物室扉を開放した中で、ちゃんと隊員さんが控えてます。


すぐ隣にある岐阜基地から飛来した F-2A 戦闘機による機動飛行展示。この機体は 2号機 ですね。


空中給油機 KC-767 と F-2A 戦闘機の空中給油デモ飛行。これも実際に見るのは初めてでした。


陸上自衛隊と海上保安庁のヘリコプターも参加。これは海上保安庁の AW139 。かっこいい。


航空自衛隊輸送ヘリ CH-47 による、空中からの消火放水。レリーズするタイミングをミスった。


 午前の飛行展示はここまで。 オープンベースで開放されるのは滑走路がほぼ南北に走っている小牧基地の東側エプロンなので、午後からの展示飛行は逆光気味に見ることになります。 今日は逆光をなるべく避けようと、基地内での見学はここで切り上げて、滑走路西側にある あいち航空ミュージアム の展望デッキか、県営名古屋空港ターミナルの展望デッキに場所を移すことにしました。 調べてみると、航空ミュージアムに行く見学者は、事前に入場券を購入することで、専用のシャトルバスに乗せてくれるようなのです。 展望デッキで見られれば良し、ダメでもミュージアム内を見学すればいいか、ということでそのシャトルバスに乗って移動しました。

 驚いたことにそのシャトルバス、基地敷地内を移動して、航空ミュージアムの1階実機展示ハンガーの滑走路側入口に直接乗り付けてくれるのです。 なるほど、事前にミュージアムの入場券を購入するのは、こういう事情なのか。 普段は基地敷地内の道路を車で移動するなんて不可能ですから、これはなかなか気の利く配慮だったと思います。

 ミュージアムの展望デッキには既に多くの「航空祭目当て」の観客がいましたが、そもそもミュージアム自体が滑走路の南端に近い場所にあり、飛行展示を見るには少し遠すぎるようです。 今回はオープンベースの飛行展示を見ることが優先ですから、ミュージアムは実機展示のハンガーを駆け足で見て回るだけに留め、すぐに県営名古屋空港ターミナルの展望デッキに移動しました。 っとその前に、ミュージアムに展示されている零式艦上戦闘機五二型の写真だけ、証拠として貼っておきます。


昔は三菱重工敷地内の史料館でしか見ることができなかった、零戦五二型です。


 県営名古屋空港ターミナルの展望デッキに到着してすぐに、午後の展示飛行が始まります。 午後は、輸送機 C-130 と空中給油機 KC-767 のフライトのみですが、編隊を組んだり輸送機にしては大胆な機動を披露したりと、割と盛りだくさんな内容でした。 写真の「絵面」としては、長すぎる望遠レンズゆえに、今ひとつだったかな。(腕が悪い)


給油ブームを下ろした KC-767 と、C-130 の編隊飛行。この組み合わせが小牧ならでは。


 今回の航空祭では、地上展示の航空機も種類が多かったです。 今日は、各機が航空祭終了後に帰投するために小牧を飛び立つところまで「粘った」ので、その写真と併せて貼っていきますよ。


岐阜基地所属の F-15J 戦闘機。人気機種なので、人だかりも多いです。


岐阜基地に帰投するために F-15J が離陸。このあと左右に翼を振って「バイバイ」してくれました。


岐阜基地所属の F-4EJ 戦闘機。2017年岐阜基地航空祭合わせのスペシャルマーキングを施された機体です。


岐阜基地に帰投するために F-4EJ が離陸。今回の人気 No.1 は間違いなくこの子でした。


貨物室内を見学させてくれた C-2 輸送機は、美保基地の所属機。大きな機体が迫力ありますね。


海上自衛隊の哨戒機 P-1 。これも残念ながら地上展示のみでした。


この P-1 は厚木基地の所属機でしょうか。昨年11月に厚木で見た機体です。


地上展示のみだった F-2A 戦闘機。築城基地の第6飛行隊の所属機です。

 この他の地上展示は、空自の航空救難群のヘリや、陸自のヘリなど色々。楽しい航空祭でした。はい。 写真の整理と編集に時間がかかったので、日記更新が日付が変わる直前になってしまいました。


2018年3月2日(金)
 昨夜飲んだ薬(某半分が優しさ的なアレ)がかなり劇的に効いたようで、体調も順調に回復してきました。 まだ少し「残る」部分は、症状も軽微なので、常備している総合感冒薬を飲めば治ることと思います(希望的観測)。

 ・・・そんなわけで、明日はまたカメラを担いでお出かけなのです。場所は、小牧(ぉ)。

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 寝しなに、お月様の撮影。今日は満月です。今月は31日にももう一度満月になります。 天文学的には、望(満月)を迎えたのは今日の午前9時51分なので、この撮影時点で既に半日以上経過しているため、画面向かって右側がかなり欠け始めているのがわかります。 肉眼で見る限りは、真ん丸なのですけどね。


今日の月(月齢14.7)(2018年3月2日23時30分(JST))。

Nikon D800E + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + Ai AF-S Nikkor TC-14EII (合成焦点距離700mm)
絞りf/7.1 感度設定ISO400 1/1250秒 トリミングあり


2018年3月1日(木)
 風邪がなかなか治らなくて、今日は頭痛もあるので、大事をとって早めに寝ます。月初の写真お蔵出しのみ。


オカヨシガモの雄。この川で見かけるようになったのは、ここ2年ほどの話。現在勢力拡大中。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO320 1/800秒 DX×1.3倍クロップ トリミングあり

[戻る]