あるびれおCo.伴星〜電脳支部 [戻る]
Diary 2020年1月




2020年1月31日(金)
 体調不良は少しずつ回復に向かい、今日は普通に出勤して仕事をこなしてきました。 明日からの札幌遠征も、行きますよ。何が何でも行きますよ。 今夜は早めに支度を済ませて、寝てしまいましょう。

 いつも野鳥の写真を撮り歩いている近所の川の河川敷に、大規模な工事が入りました。 所謂「国土強靱化計画」の一環とする洪水対策で、木々の伐採と除根が始まったようです。 治水事業の重要性は十分理解しているつもりですが、こういう工事が入ると間違いなく、野生動物の数は減るんですよ。 多自然工法で「作られた自然」ではあるその河川敷ですが、それでも築き上げられた生態系はあるわけで、それに影響が出ないわけはありません。 正直なところ、ちょっと憂鬱ですなぁ。

■■■■■■■■■■ Ski Jumping ■■■■■■■■■■

 FISワールドカップスキージャンプ札幌大会、今日は第21戦の公式練習と予選ラウンドが行われました。

 予選のトップは132.0mを飛んだ 小林陵侑 (土屋ホーム) 。2位の Stefan Kraft (AUT) とはわずか0.4ポイント差です。 8位に 佐藤慧一 (雪印メグミルク) 、18位に 佐藤幸椰 (雪印メグミルク) 、22位に 小林潤志郎 (雪印メグミルク) 、23位に 中村直幹 (東海大) 、34位に 栃本翔平 (雪印メグミルク) 、38位に 二階堂蓮 (下川商業高) 、40位に 竹内択 (チームTAKU) 、45位に 岩佐勇研 (東京美装) が入り、予選通過を果たしました。

 葛西紀明 (土屋ホーム) は55位で、予選落ち。 また、伊東大貴 (雪印メグミルク) 、渡部弘晃 (東京美装) はジャンプスーツの規定違反で失格となってしまいました。

 明日は15時30分からトライアルラウンド、16時30分から1stラウンドが始まります。 私はいつも通り、大倉山ジャンプ競技場の観客席から観戦する予定。 観客席の状況によっては、いつも観戦している場所から更に上の方に移動するかもしれません。

■札幌(日本)
2月1日(土)  15時30分 男子 第21戦 トライアルラウンド HS137  16時30分 男子 第21戦 1stラウンド HS137
2月2日(日)   9時00分 男子 第22戦 予選 HS137  10時00分 男子 第22戦 1stラウンド HS137


2020年1月30日(木)
 体調不良(嘔吐と下痢)のため、今日は仕事を休みました。 朝一番で近所の病院で診察を受けて、山ほど薬を処方してもらい、今は少しずつ快方に向かっているような気がします。 ここできちんと治しておかないと、土曜日からの札幌遠征が危なくなるわけで、はい、今日は一日自重して静養です。

 2020年3月15日に開催される『東京とびもの学会2020大会』に、サークル参加を申し込みました。 時期的に本の形の「新刊」は作れそうにないので、しかも内容が「とびもの」なので、今回は写真展示が中心になる予定です。 これまでずっと創作漫画を柱に同人誌即売会に参加してきた『あるびれおCo.』としては、写真展示メインの参加というのは初めてになりますね。 毎度毎度、こちらの日記で貼っている「とびもの」の写真の中からセレクトして、大きなサイズでご覧に入れたいと思います。 今回のテーマは「スキージャンプ」ですよ。(たぶん)

■■■■■■■■■■ Ski Jumping ■■■■■■■■■■

 FISワールドカップスキージャンプ、男子の札幌大会は明日から競技が行われます。 明日は公式練習と予選。タイムスケジュールをまとめておきます。

■札幌(日本)
1月31日(金)  14時30分 男子 第21戦 公式練習 HS137  16時30分 男子 第21戦 予選 HS137
2月1日(土)  15時30分 男子 第21戦 トライアルラウンド HS137  16時30分 男子 第21戦 1stラウンド HS137
2月2日(日)   9時00分 男子 第22戦 予選 HS137  10時00分 男子 第22戦 1stラウンド HS137


2020年1月29日(水)
 


2020年1月28日(火)
■■■■■■■■■■ Ski Jumping ■■■■■■■■■■

 FISワールドカップスキージャンプ、今週末はいよいよ男子の札幌大会が開催されます。 少し早めですが、タイムスケジュールをまとめておきます。

■札幌(日本)
1月31日(金)  14時30分 男子 第21戦 公式練習 HS137  16時30分 男子 第21戦 予選 HS137
2月1日(土)  15時30分 男子 第21戦 トライアルラウンド HS137  16時30分 男子 第21戦 1stラウンド HS137
2月2日(日)   9時00分 男子 第22戦 予選 HS137  10時00分 男子 第22戦 1stラウンド HS137


2020年1月27日(月)
 日中の最高気温が10℃未満且つ雨降りで、夕方からは台風のような強風が吹き荒れる一日。 気温の高さの割には寒いし、気分は晴れないし、身体に堪える。


2020年1月26日(日)
 4月12日の 名古屋コミティア56 にサークル参加の申し込みをしました。 いつものことですので、いつものように、冬コミの新刊『Apochromat Vol.77 COLORFUL CYAN ! (31)』が名古屋初売りとなります。 当日の参加情報は後日改めて告知いたします。

 で、その前の月、3月の15日に東京で開催される 東京とびもの学会2020大会 へのサークル参加を検討し始めました。 航空宇宙方面の「とびもの」がメインとなる内容の同人誌即売会の”はず”ですが、もう何年も前から、「空を飛んでいれば何でもOKだから是非」とあちこちからオススメを頂いているのですw  今年は3月に同人誌即売会参加の予定が入っていませんし、そろそろ「新機軸」も考えていきたいという思惑がありまして、近々にサークル参加申し込みをすることになろうかと思います。

 問題は、その 東京とびもの学会 で何の本を出すかということ。 現状ですぐに用意できるものは写真しかありませんので、ひょっとしたら、書籍の頒布という形態の参加にはならないかもしれません。 「空を飛ぶもの」ということでは、私が手を染めている「もの」は複数ありますので、そのどれを当日のメインにするかも現時点で未確定です。 詳細が決まりましたら、これも早急に告知していきたいと思います。

 「とびもの学会」の参加内容を検討する際に大きな障壁となっているのは、実は、5月開催のコミケなんですよ。 3月のイベントで新刊(本ではないものも含む)を出すとして、それを終えてから5月初旬のコミケ合わせで通常の分量の原稿を描くのは、ほぼ無理ですので。 5月のコミケで出す新刊の内容もある程度決めていないと、あとで地獄を見るのは自分自身ですからねえ。


2020年1月25日(土)
 ちょっとご縁がありまして、昼間から梅田近辺で日本酒を飲み歩くツアー(?)をしておりました。満足。


2020年1月24日(金)
 順調に1週間遅れで『恋する小惑星』を消化中。3話まで見ました。爽やかで可愛いくてよろしい。


2020年1月23日(木)
 Twitter、今日はこれまで通り画像を貼れるようになりました。何があったんだろう。


2020年1月22日(水)
 先日の蔵王遠征で撮影してきた写真を、改めて[Ski Jumping]のコーナーにフォトレポートとしてまとめました。 既に日記に貼った写真がほとんどですが、よろしければご覧下さいませ。>all

 いつ頃からなのか、Twitterに画像が貼れなくなっていて困ってます。 今のところ、無加工撮って出しのJPEG写真データしか貼れません。 レタッチ、リサイズ等の加工を施した画像は須くダメ、イラストもダメです。 こいつは困った。マジで困った。これではTwitterを続ける意味がない。


2020年1月21日(火)
 「○○ロス」という言い方をよく耳にする昨今の流れに乗り、とりあえず今週いっぱいは「蔵王ロス」であるといたしまして、低すぎる勤労意欲の言い訳にしたいと思います。 勤労意欲が高かった時があるのかと訊かれたら、そんなモノはないと断言できるワタクシではありますが、スキージャンプ遠征終了直後はその傾向がより強いということで。


2020年1月20日(月)
 2泊3日の蔵王遠征も今日が最終日。 神戸に帰るだけの日ですので特に予定も入れていませんでしたが、飛行機の時間まで少し余裕があったので、午前中はバスの乗り継ぎで降りたJR山形駅前のソラリスで、劇場版ハイスクール・フリート を見てきました。 うん、五十六大活躍!(してない)

 はいふりを見終わってすぐに仙台空港に向かうバスに乗りましたが、搭乗予定の飛行機の仙台空港到着が悪天候のため遅れて、予定より1時間ほど長く仙台空港で待たされることとなりました。 待ち時間はいつも通り、展望デッキに上がって飛行機の写真を撮ります。 退役間近の B737-500「スーパードルフィン」を見ることができて、ちょっとラッキー。 もう、見納めかもしれないなぁ。


エバー航空の A321-200 「ぐでたまジェット」がやってきました。




全日空の B737-500 。今春には退役する機体です。エンジンナセルのイルカが花束を持ってます。


 そんなこんなで予定より遅れましたが、何とか無事に帰宅しました。あー疲れた。 今回の蔵王遠征も、友人K氏と一緒でした。どうもお疲れ様でした。 再来週の札幌遠征もよろしくねん。


2020年1月19日(日)
■■■■■■■■■■ Ski Jumping ■■■■■■■■■■

 今日の蔵王の試合は、女子ワールドカップスキージャンプ第8戦、個人ノーマルヒル。 昨日に引き続き、蔵王の上の台ゲレンデにあるクラレ蔵王シャンツェで観戦してきました。

 今日の蔵王は昨日よりも転校が少し回復して、日中は晴れ間も見えたので気温も上がり、夕方から始まった試合でも気温雪温とも -1.0℃ と高めでした。 風は昨日より少し強まり、昨日は追い風基調だった風向が、向かい風から横風に変化する難しい条件になりました。

 優勝したのは今日も、絶好調の Eva Pinkelnig (AUT) 。 2位の Chiara Hoelzl (AUT) とのポイント差は僅差でしたが、失敗する雰囲気を全く感じない好調さを感じました。 3位には Maren Lundby (NOR) が入りました。 復調の兆しが見える 高梨沙羅 (クラレ) は4位となり、惜しくも表彰台を逃しました。

 表彰台に上がった3選手と、30位以内に入った日本人選手の写真を貼っていきますよ。


優勝した Eva Pinkelnig (AUT) (226.5 (99.0m / 95.0m))。



2位の Chiara Hoelzl (AUT) (224.7 (97.5m / 97.5m))。



3位の Maren Lundby (NOR) (213.1 (92.0m / 92.5m))。



4位の 高梨沙羅 (クラレ) (206.9 (92.5m / 90.5m))。



12位の 丸山希 (明治大) (182.9 (90.0m / 85.0m))。



17位の 伊藤有希 (土屋ホーム) (172.0 (88.0m / 85.0m))。



18位の 勢藤優花 (北海道ハイテクアスリートクラブ) (171.6 (88.0m / 84.0m))。



26位の 岩渕香里 (北野建設) (144.9 (80.0m / 80.5m))。


 今季の蔵王大会は、今日の試合をもって全てのスケジュールを終了しました。 今年はとにかく雪不足が深刻でしたが、運営がしっかりしており、雪不足の影響はほとんど感じられませんでした。 また、暖冬ゆえの気温の高さに加え、両日とも天気が大きく崩れることがなく、現地での観戦が非常に楽でした。 競技進行中に風の条件がさほど悪くならなかったのも、とても良かったと思います。

 蔵王シャンツェの観客席は、これまで防寒用のテントと簡易トイレが設置されているだけだった観客席ゾーンの最上部に、今年はプレハブ小屋が建てられてケータリングが設けられました。 「スープワールドカップ」と称して、今大会に参加している諸外国のスープ料理を振る舞うというもので、安価で美味しく、便利に利用させて頂きました。 会場全体が賑やかに盛り上がっていて、とても楽しい雰囲気で観戦することができました。


2020年1月18日(土)
■■■■■■■■■■ Ski Jumping ■■■■■■■■■■

 女子ワールドカップスキージャンプ蔵王大会の観戦のため、蔵王温泉にやってきました。 今日は今シーズンの女子ワールドカップの試合としては初めての団体戦です。 クラレ蔵王シャンツェのノーマルヒルで試合が行われました。

 雪不足甚だしい蔵王ですが、蔵王エコーラインから大量の雪を搬入してシャンツェに貼り付け、競技自体はトラブルなく正常に行われました。 競技開催中の気温も、-1〜-3℃程度と蔵王温泉にしては高めで、昨日に引き続き風も弱く、観客席での観戦はとても楽でした。 主要選手の写真を貼っていきましょう。


優勝したのはオーストリア。2位を140ポイント以上引き離す圧勝。第4グループの Eva Pinkelnig 。



2位は日本。第1グループは 伊藤有希 (土屋ホーム) 。



日本の第2グループは 丸山希 (明治大) 。



日本の第3グループは 高梨沙羅 (クラレ) 。



日本の第4グループは 勢藤優花 (北海道ハイテクアスリートクラブ) 。



3位はノルウェー。第4グループの Maren Lundby 。

 明日は第8戦となる個人戦が行われます。タイムスケジュールは以下の通りです。

■蔵王(日本)
1月19日(日)  14時45分 女子 第8戦 予選 HS102  16時00分 女子 第8戦 1stラウンド HS102


2020年1月17日(金)
 阪神淡路大震災の発生から25年が経ちました。 25年、四半世紀も前のことであるのに、事が事だけに、記憶は色褪せることがありません。 問題なのはやはり、社会があの震災を少しずつ忘れていってしまうことでしょうか。

 忘れてはいけないことを、いつまでも忘れないために。今日はただ、黙祷を捧げるのみ。

■■■■■■■■■■ Ski Jumping ■■■■■■■■■■

 女子ワールドカップスキージャンプ蔵王大会、明日からのタイムスケジュールを再掲。

■蔵王(日本)
1月18日(土)  16時00分 女子 第7戦 トライアルラウンド HS102団体  17時00分 女子 第7戦 1stラウンド HS102団体
1月19日(日)  14時45分 女子 第8戦 予選 HS102  16時00分 女子 第8戦 1stラウンド HS102


2020年1月16日(木)
■■■■■■■■■■ Ski Jumping ■■■■■■■■■■

 女子ワールドカップスキージャンプ蔵王大会、明日からのタイムスケジュールを再掲。

■蔵王(日本)
1月17日(金)  16時00分 女子 第6戦 トライアルラウンド HS102  17時00分 女子 第6戦 1stラウンド HS102
1月18日(土)  16時00分 女子 第7戦 トライアルラウンド HS102団体  17時00分 女子 第7戦 1stラウンド HS102団体
1月19日(日)  14時45分 女子 第8戦 予選 HS102  16時00分 女子 第8戦 1stラウンド HS102


2020年1月15日(水)
 今週末は、女子W杯スキージャンプ蔵王大会の観戦のために、例年通り蔵王温泉に泊まりがけで出かけてきます。 よって、インテックス大阪で開催されるコミトレ及び関西コミティアには、サークル参加申請をしておりません。 関西の同人誌イベントは、5月の関西コミティアに申し込む予定ですので、冬コミ新刊の頒布はそれまで今しばらくお時間を頂くことになります。 悪しからずご了承ください。

 そして、2月9日の COMITIA131 のサークルスペースが確定しました。 い06a『あるびれおCo.』です。 年末の冬コミで発行した新刊『Apochromat Vol.77 COLORFUL CYAN ! (31)』がコミティアでは初売りとなります。 後日改めて、[Information]のコーナーで参加情報をまとめます。 何卒よろしくお願いいたします。>all

■■■■■■■■■■ Ski Jumping ■■■■■■■■■■

 女子ワールドカップスキージャンプ蔵王大会は、明日から競技が始まります。 明日は公式練習と予選、明後日からは本戦が行われる予定です。 全国的な暖冬で蔵王温泉も雪が少なそうですが、これが当日の気象条件やコンディションにどのくらい影響するでしょうか。

 明日からのタイムスケジュールをまとめておきます。

■蔵王(日本)
1月16日(木)  16時00分 女子 第6戦 公式練習 HS102  17時30分 女子 第6戦 予選 HS102
1月17日(金)  16時00分 女子 第6戦 トライアルラウンド HS102  17時00分 女子 第6戦 1stラウンド HS102
1月18日(土)  16時00分 女子 第7戦 トライアルラウンド HS102団体  17時00分 女子 第7戦 1stラウンド HS102団体
1月19日(日)  14時45分 女子 第8戦 予選 HS102  16時00分 女子 第8戦 1stラウンド HS102


2020年1月14日(火)
 昨日の日記で感想を言葉にできなかった、映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』。 一日経った今もまだ言葉を紡ぐことができていませんが、個人的な「事情と感覚」に少しだけ触れておきます。

 3年ちょっと前、『この世界の片隅に』の劇場版を初めて見た時、私は脚を負傷しておりました。 夕方のジョギングの最中に躓いて転んだだけだったのですが、特に左膝の傷がことのほか重傷で、最終的に患部は化膿してしまい、結果的には医師の診察を受けることに。 『この世界の片隅に』の劇場版を見に行ったのは、負傷した脚のあちこちに包帯やら絆創膏やらを貼りまくっていた時期で、痛みもひどく、外出も躊躇われるような状況でした。

 そういう状態であの映画を見たものですから、すずさんの包帯が自分自身の患部に巻いたものとオーバーラップして、患部も更に痛みやがるんです。 映画を見ながら痛みと格闘するなんて、完全に想定外。 おかげさんで『この世界の片隅に』は、私にとって大変「重くて痛い」映画になってしまいました。 良い作品であるのは間違いないのですが、いまだに気軽に見返すことができません。

 さて、そういう経験を踏まえた上で見た『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』です。 ほぼ完全リメイクに近い「新作」で、情報量も格段に増え、映像と音響が訴えかける「もの」は更に厚みを増しました。 今はどこも負傷してはいないけど、前作の経験もあって、やはり想起される「痛み」はあるわけです。

 今言葉にできるのは、ここまで。 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は、疑いようもない良い映画です。素晴らしいです。傑作だと思います。 そして良すぎるがゆえに、重いのです。


2020年1月13日(月)


 映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を見てきました。 場所は、テアトル梅田。そういえば『この世界の片隅に』を最初に見たのも、この映画館でした。 噂に違わぬ完成度と情報量に圧倒されました。

 感想をもっと色々と述べたいのですけど、言葉にならないのです。うーむ。


2020年1月12日(日)
 今日はお天気が今ひとつ。 雨こそ降らなかったものの、日中はずっと曇りでした。 朝の鳥撮りは、行くべきか迷ったけど、迷うくらいだったら行っておけということで以下略。 テンション上がりにくいのだけど。


アオサギ飛翔その1。だいぶ近いので、この次のコマでは画面からはみ出します。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO1250 1/1000秒 DXフォーマット×1.3倍クロップ トリミングなし



アオサギ飛翔その2。上の写真のアオサギと、おそらく同じ個体。背景のペットボトルのゴミがすっげー邪魔。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO1250 1/1250秒 トリミングなし



ヒドリガモ飛翔その1。羽の色が今ひとつ明瞭でないのは、何故だ。エクリプス終了直後?

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO1250 1/1250秒 DXフォーマット×1.3倍クロップ トリミングあり



ヒドリガモ飛翔その2。上の写真の連写続き。うまい具合に翼がブレました。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO1250 1/320秒 DXフォーマット×1.3倍クロップ トリミングあり



ハクセキレイ。冬羽の雄ですね。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO800 1/1250秒 DXフォーマット×1.3倍クロップ トリミングなし


2020年1月11日(土)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 今日未明の半影月食、私の自宅付近では空全体に薄雲がかかってしまい、昨夜の日記で貼った月の写真のような鮮明な像を得ることはできませんでした。 薄雲越しの言わば「朧月」は、これはこれで風情があるのですけど、私が当初狙っていた方向性とは違うわけでして以下略。 取り急ぎ、撮影したばかりの写真を貼っておきます。


半影月食(食の最大頃)(月齢15.6)(2020年1月11日4時10分(JST))

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + Ai AF-S Nikkor TC-14EII + NCフィルター(合成焦点距離700mm)
絞りf/7.1  感度設定ISO640 1/1000秒 トリミングあり


昨夜の日記に貼った写真を回転させて、向きを合わせてみます。


2020年1月10日(金)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 今宵の月は、2020年最初の満月です。 そして日付が変わって明日の未明に、半影月食が起こります。 月食ですので、天気が良ければ日本全国で見ることができます。 以下にタイムスケジュールをまとめておきます。

 半影食の始め  2時 5分42秒頃
 半影食の最大  4時10分00秒頃
 半影食の終わり 6時14分24秒頃

 普通の月食と違い、半影食は月面の明るさの変化が小さく、そこだけを見て月食であることに気づかないこともあります。 今回の半影月食は、西の空に傾きつつある月の向かって右上側が明るく、その反対の左下側が暗くなって見えるはずです。 食分は最大で0.9ほどで、本影部分に最も近い左下側は、だいぶ暗くなって見える可能性があります。 食になっていない状態と写真で比較するとわかりやすい現象だとも思いますので、写真を撮ることができる方は是非とも挑戦してみて下さい。

 満月の月は、地球の快晴時の真昼とほぼ同じ明るさ。 ピントは無限遠、カメラの露出モードはマニュアルに設定して、ISO感度100の時、レンズの絞りがf/8程度なら、シャッタースピードは1/250〜1/500秒で適正露出です。 見た目は大きく感じても、月は非常に遠くにあるゆえに「小さい被写体」ですので、なるべく焦点距離が長い望遠レンズを選びたいところです。 安価なキットズームレンズでもよく写りますよ。


今日の月(月齢15.2)(2020年1月10日19時30分(JST))

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + Ai AF-S Nikkor TC-14EII + NCフィルター(合成焦点距離700mm)
絞りf/7.1  感度設定ISO400 1/1000秒 トリミングあり


■■■■■■■■■■ Ski Jumping ■■■■■■■■■■

 FISワールドカップスキージャンプは、今週末から日本で試合が開催されます。 まずは女子の札幌大会ラージヒル(大倉山)が今週末、蔵王大会ノーマルヒル(蔵王)が来週末に行われます。 また1月31日から2月2日にかけては、男子の札幌大会ラージヒル(大倉山)が行われます。 各試合のタイムスケジュールをまとめておきます。

 ちなみに、本日予定されていた女子の公式練習と予選は中止となりました。 当初予定されていた明日のタイムスケジュールも変更され、明日の13時30分から公式練習、15時から予選が行われる予定です。 本戦が開始される時刻は、今のところ変更ありません。 現地観戦を予定されている皆様はご注意下さい。

■札幌(日本)
1月10日(金)
Cancelled  14時30分 女子 第4戦 公式練習 HS137  16時30分 女子 第4戦 予選 HS137
1月11日(土)  13時30分 女子 第4戦 公式練習 HS137  15時00分 女子 第4戦 予選 HS137  16時30分 女子 第4戦 1stラウンド HS137
1月12日(日)   9時00分 女子 第5戦 予選 HS137  10時00分 女子 第5戦 1stラウンド HS137

■蔵王(日本)
1月16日(木)  16時00分 女子 第6戦 公式練習 HS102  17時30分 女子 第6戦 予選 HS102
1月17日(金)  16時00分 女子 第6戦 トライアルラウンド HS102  17時00分 女子 第6戦 1stラウンド HS102
1月18日(土)  16時00分 女子 第7戦 トライアルラウンド HS102団体  17時00分 女子 第7戦 1stラウンド HS102団体
1月19日(日)  14時45分 女子 第8戦 予選 HS102  16時00分 女子 第8戦 1stラウンド HS102

■札幌(日本)
1月31日(金)  14時30分 男子 第21戦 公式練習 HS137  16時30分 男子 第21戦 予選 HS137
2月1日(土)  15時30分 男子 第21戦 トライアルラウンド HS137  16時30分 男子 第21戦 1stラウンド HS137
2月2日(日)   9時00分 男子 第22戦 予選 HS137  10時00分 男子 第22戦 1stラウンド HS137


2020年1月9日(木)
 コミケが終わった後の脱力がまだ続いている件。(むしろ疲労)


2020年1月8日(水)
 


2020年1月7日(火)
 


2020年1月6日(月)
 仕事初めの日ですが、それよりも重要なのは、コミックマーケット98の申し込み(ぉ)。 本日、申し込みを無事に完了しました。 特に何も考えず、いつも通り創作少年ジャンルで申し込みましたが、なんせ開催時期がいつもよりも3ヶ月も早いわけで、例年の「夏コミ」で出すような内容の本が作れるかどうかわかりません。 せっかくのGW開催で、いつもと違うことをしたいという欲もありますし、これから色々と検討してみるつもりです。


コミックマーケット98 サークルカット


2020年1月5日(日)
 明日から仕事が始まるので、今日は年末年始休暇最終日。 朝の天気はさほど良くはなかったのですが、最終日ですしw、鳥撮りに行ってきましょう。 (案の定、途中で少し雨に降られました)


タシギ。すぐ近くにもう1羽いて、つがいだったかもしれません。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO1000 1/1000秒 トリミングあり



カワセミ雌。元日に撮影したのと同じ個体と思われます。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/4000秒 トリミングあり



上の写真と同じカワセミ。嘴の中は、こんなに赤いんですね。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO1000 1/1600秒 トリミングあり



 次のコミックマーケット98の申し込みを明日完了させるため、書類作成をせこせこと。 明日は郵便局で参加費用の振り込みをして、そのまま投函します。 一年の締めくくりのコミケが終わって、しかも年末年始の諸々もあって、気分的にかなり脱力した状態でシアンでサークルカットを描きましたが、出来は悪くないんでないかいw  当日、シアンの本が新刊になる可能性は、今のところあまり高くないですが・・・。


2020年1月4日(土)
 昨日は一日中出かけていたので、次のコミケの申し込みとかその他諸々事務処理が滞っておりました。 明後日からはもう仕事が始まりますから、それまでにコミケの申込書作成は済ませてしまおうと、今日はその辺の作業を朝からしておりました。 そんなわけで、天気は良かったのですけど、鳥撮りはお休み。天体撮影もお休みです。


 今日は1月4日「104の日」だとのことで、Twitterで「#104の日」というハッシュタグが飛び交っていたので、大好きな”マルヨン”こと F-104 戦闘機の写真を貼りました。 こちらでもその写真を貼っておきましょう。 昨年の11月10日岐阜基地航空祭にて、岐阜基地内で静態展示されていた F-104J 戦闘機です。



 米国ロッキード社製の F-104 戦闘機の中で、F-104J は航空自衛隊向けの全天候邀撃機タイプです。 日本では1963年から実戦配備が始まり、1986年には全機が退役しました。 その時までにこの飛行機の写真を撮る機会があったのなら、私の写真人生は大きく変わっていたこと間違いなし。 とにかくこの飛行機が好きで好きで大好きでたまらんのですが、当時の私は自衛隊のイベントや航空祭に行く術を持っておらず(情報的にも)、結局、現役当時にこの飛行機を生で見たことは一回もありませんでした。 もし今、フライアブルな機体が日本にあれば、万難を排してでも見に行くのですけどね。 日本各地で静態展示されている実機を追いかけるのが関の山です。


2020年1月3日(金)
 今日は毎年恒例の新年会の日でした。 いつもの身内で集まって、美味いものを食って飲んで、年初に英気を養おうというイベントですw  他には、三宮に出てコミケ5日目の買い物など、買い出しの用事が細々と積み重なって、想定よりもだいぶたくさんお金が飛んで行きましたとさ。 日本経済に貢献した素晴らしい一日でしたな、うむ。


2020年1月2日(木)
 冬コミが終わって年賀イラストも描き上げて、ついでに(ついで?)一般人向け年賀状データもでっち上げて、一段落。 ここでようやく冬コミの疲れが出てきて、脱力。 今日は朝の鳥撮りと、冬コミ会場から送り返した荷物の片付け以外、何もせずに終わってしまいました。 次のコミケの申込書を書かなければいけないのだけど、なぁ。

 とりあえず、今日の鳥撮りの写真だけ貼っておきます。曇られたので、天体写真は無し。


オオバン。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/250秒 トリミングなし



ジョウビタキ雌。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/500秒 トリミングあり



メジロ。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/5000秒 トリミングあり



コゲラ。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/2500秒 トリミングあり



アオジ。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/2000秒 トリミングあり



コサギ飛翔。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/6400秒 トリミングあり



ホオジロ雌。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/2000秒 トリミングあり



セグロセキレイ。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/2500秒 DXフォーマット×1.3倍クロップ トリミングなし


2020年1月1日(水)
あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします





 今年も無事に年を越すことができましたっ。 早速、[電脳支部]を更新しました。 [メインページ]のTOP絵をお年賀イラストに差し替えました。 [えとせとら]のコーナーにも項目を追加しておきました。 また、冬コミで頒布した無料ペーパー『あくろま〜とVol.335』の画像を[Achromat]に掲載、 [Information]は最新のイベント参加情報に更新しておきました。 何とか、日付が変わって2020年1月1日になった直後に更新することができました。ほっ。

 そんなわけで、2020年も あるびれおCo. と いかわかのや をよろしくお願い申し上げます。


 今日は早速、2020年鳥撮り始めです。朝はめっちゃ寝坊してしまったけど、行ってきました。


コゲラ。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO800 1/1250秒 トリミングあり



ジョウビタキ。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO800 1/2000秒 DXフォーマット×1.3倍クロップ トリミングなし



カワセミ。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/3200秒 DXフォーマット×1.3倍クロップ トリミングあり



カイツブリ。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/1600秒 DXフォーマット×1.3倍クロップ トリミングあり



コガモ。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/640秒 DXフォーマット×1.3倍クロップ トリミングなし



セグロセキレイ。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO400 1/4000秒 DXフォーマット×1.3倍クロップ トリミングなし



近所の野良猫。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  感度設定ISO3200 1/400秒 トリミングなし


■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 夜は天体写真始め。月と、オリオン大星雲M42 の撮影です。 月はまあ、いつも通りで特別なことは何一つしておりませんが、オリオン大星雲M42 は久しぶりの星野撮影になりますので、撮影データのレタッチにおいて、昨年の最盛期の感覚を少し忘れている部分がありました。


今日の月(月齢)(2020年1月1日18時42分(JST))

Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + ExtenderC2X (合成焦点距離約1800mm)
F18 感度設定ISO800 1/200秒 トリミングあり



オリオン座 散光星雲 M42(2020年1月1日21時34分〜21時37分(JST))

Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x
f/9.1 感度設定ISO6400 50秒相当 10カットをコンポジット処理 トリミングあり


 特に M42 の方、背景の夜空の処理が、どうも頭の中のイメージと違うんよな。

[戻る]