あるびれおCo.伴星〜電脳支部 [戻る]
Diary 2021年7月




2021年7月31日(土)
 長らく利用している当マンションのVDSLネット接続サービスが、来年3月いっぱいでサービスを終了するとの報せが来て、少し驚いている。 終了するものは仕方ないので、その時期までに代替となるサービスを探すしかないのだけど、さてどうしよう。 NTT西日本か、auあたりにするのが無難かなぁ。

 明日は朝から「こそこそ作戦2021夏」の状況を開始しますよ。帰宅は月曜日夜。

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 昨夜撮影した天体写真を載せておきます。こぎつね座の惑星状星雲M27、通称「亜鈴状星雲」です。


こぎつね座の惑星状星雲 M27 (2021年7月30日23時36分〜23時56分(JST))。

Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x (ノーフィルター)
f/9.1  ISO1600 20秒×14カットをコンポジット CaptureNX-D、PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理 トリミングあり

 先日掲載した こと座の惑星状星雲M57 よりも見かけの大きさはかなり大きく、また明るいため、光害の激しい地でも比較的簡単に撮影することができます。 数多く発見されている惑星状星雲の中でもこの M27 は、人類が初めて発見したもので、1764年にフランスの天文学者シャルル・メシエによって発見されました。 M57とはまた違う複雑な構造と色彩は、カラー撮影に向いていますね。


 この亜鈴状星雲の撮影と前後して、はくちょう座の北アメリカ星雲NGC7000 にも挑んだのですが、皆様にお見せできるレベルの画像が仕上がらなかったので、ボツとしました。 いっかくじゅう座のバラ星雲と同様に、あれは光害地でノーフィルターで撮るものじゃないわ。ぐぬぬ。


2021年7月30日(金)
 夕方にTwitterで呟きましたが、来週月曜日に有給休暇をとりましたので、明日から3連休になります。 日曜日から月曜日にかけては、久しぶりに「こそこそ作戦」始動です。


2021年7月29日(木)
 いつものように夏のオリンピックは競泳競技を一番の楽しみにしているわけですが、今回のオリンピックで誤算だったのは、決勝種目が悉く午前中に組まれていること。 休日ならともかく、平日にそれをやられると、仕事で全く見ることができないわけです。 夜は夜で、予選や他の競技の中継(や配信)で忙しいし、結局、大好きな競泳の決勝がほとんど見られないという事態に。 ちょっと悲しい。


2021年7月28日(水)
 競泳陣、どことなく元気がない・・・。頑張れ・・・。


2021年7月27日(火)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■



 一昨日と昨日の日記に写真を掲載した、こと座の惑星状星雲M57。 それを撮影している最中の機材の写真を Twitter に上げたりしておりましたが、注釈をつけてみました。 特に意味はありません。


2021年7月26日(月)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 昨日撮影した こと座の惑星状星雲M57 の写真を、少し気になる所があったので画像処理し直しました。 が、結果的に「言われないとわからない差」もしくは「言われてもわからない差」程度の違いしかありませんね。 一応目標としては、「中心星とその周辺の微細構造をより鮮明に描写する」ということだったんですが、今ひとつでした。 そのままボツにするのももったいないので、今日の日記のネタとして貼っておきます。


こと座の惑星状星雲 M57 (中央)(2021年7月25日21時00分〜21時14分(JST))。

Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x (ノーフィルター)
f/9.1  ISO1600 20秒×9カットをコンポジット CaptureNX-D、PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理 トリミングあり


2021年7月25日(日)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 4連休の最終日にしてようやく、天体撮影ができそうな程度の快晴となりました。 昨日に満月を迎えたばかりですので、月明かりが影響し始めるまでの時間に撮影を切り上げてしまわねばなりません。 今日撮影したのは、二つの天体。 一つは こと座の惑星状星雲 M57 、もう一つはヘルクレス座の球状星団 M13 です。


こと座の惑星状星雲 M57 (中央)(2021年7月25日21時00分〜21時14分(JST))。


M57 をピクセル等倍で拡大

Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x (ノーフィルター)
f/9.1  ISO1600 20秒×9カットをコンポジット CaptureNX-D、PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理 トリミングあり


 M57 は、こと座の β星 と γ星 のちょうど中間に位置して、大変小さいですが明るく、口径6cm程度の小望遠鏡でもその姿を眼視で確認することができます。 惑星がその一生を終えた後に、星間空間にガスを放出している姿です。色彩も鮮やかで、カラー撮影に向きます。 今回の撮影は少し露出オーバー気味になってしまいました。



ヘルクレス座の球状星団 M13(2021年7月25日21時29分〜21時46分(JST))。

Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x (ノーフィルター)
f/9.1  ISO1600 20秒×13カットをコンポジット CaptureNX-D、PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理 トリミングあり


 M13 はヘルクレス座の η星 と ζ星 のほぼ中間、少しη星寄りのところにあります。 球状星団としては非常に大きなもので、見かけの大きさは北天一。全天を通じても、ケンタウルス座のω星団に続く大きさを誇ります。 明るいため双眼鏡でもよく見え、口径20cm程度の望遠鏡で拡大すると、細かい星がびっしり集まっている姿が見えてきます。


 M57 も M13 も、この時期はほぼ天頂付近に見えているため、夏を代表する天体としても有名です。 大きく拡大して撮影するためには望遠鏡が必須ですが、眼視観測ならば双眼鏡でも見ることができるので、オススメです。


2021年7月24日(土)
 昨夜の東京五輪開会式が予想以上に良い内容でしたので、気分も少し盛り上がってきました。 相変わらずテレビを見る習性が身につきませんが、今日はネット配信の男子ロードレース決勝を見ておりました。 夜は競泳種目の放送が始まりましたし、当分は五輪関係の情報チェックが忙しくなりそうです。

 それはそうと、そろそろ天体観測したいねんけど。もっときれいに、スカッと晴れてくれよ。

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 今日は満月だそうで、薄雲越しの真ん丸な月を、D800E+ゴーヨンを使って撮ってみました。 晴天時の撮影と同じような画像処理だと、今ひとつコントラストが甘いというか、エッジの立っていない感じの像になりますね。


今日の月(月齢14.7)(2021年7月24日22時39分(JST))。(画面上が南)

Nikon D800E + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + Ai AF-S Nikkor TC-14EII (合成焦点距離約700mm)
絞りf/7.1 ISO1600 1/160秒 トリミングあり CaptureNX2 にて画像処理


 そして、木星の撮影です。月の撮影の時と同様に薄雲がかかってベストとは言い難い条件ですが、なるべく条件が良くなった瞬間を見計らって撮影したつもりです。 正面に 大赤斑GRS が見えていて、そのすぐ近くに丸くて真っ黒な影。これは衛星イオが木星表面に落とした影です。


木星(2021年7月24日23時07分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi μ-180C + Nikon NAV-14SW (合成焦点距離約18360mm)
F102 ISO8000 2160p/30fps トリミングあり 約270フレームを Registax6 で処理
CaptureNX2 及び DeNoiseAI にて画像処理


2021年7月23日(金)
 昨日の日記でも触れたように、今日は両親が1回目のワクチン接種でした。 集団接種会場までの送迎を済ませて、日中は万が一の事態に備えて自宅で待機して、夕方の時点で二人とも副反応は全く見られていないので、ひとまず今日は安心していいのかなと考えています。 打ったワクチンがモデルナ社製のものなので、少し遅めに明日以降に副反応が出ることも想定しておかねばなりませんけどね。 4連休は今日で折り返しですが、結局明日以降もどこにも出かけずに、連休は終わってしまいそうな予感。まあいいか。

 それはそうと、今日の昼に行われたブルーインパルスの飛行展示、見に行きたかったなぁ。 ブルーの演技は何度か見てきていますが、カラースモークを使った演技はまだ見たことがないんですよね。 ネット配信の動画でだいぶ満足はしたけど、最終的には自分の目で見て、自分の機材で写真を撮りたい人です。 いずれ、カラースモークを使って飛ぶブルーを見る機会は、あるのかなぁ。うーむ。


2021年7月22日(木)
 そんなこんなで4連休初日、どこにも出かけず自室でgdgdしておりました。 何も生まず何も残さずという感じのgdgdさでしたが、身体的な休養にはなりましたし、夕方にはちゃんとトレーニングでジョギングしてきたので、大丈夫です。 (何が)(良い子の皆さんは炎天下に厳しいトレーニングをすることは避けましょう)

 これで夜に天体観測できると、最高なんですけどね。現時点で空には薄雲がかかっていて、条件悪し。

 明日は両親がようやく1回目のワクチン接種です。近所の集団接種会場まで送迎するドライバーとして待機。

■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 7月19日付の日記で掲載した いて座の M8散光星雲 の写真を、処理し直しました。 いつものようにノーフィルターで撮影した後、割と強引な画像処理を施している関係で、光学系の周辺減光が極端に強調されてしまいます。 特に夜空の背景の色にそれが表れてしまうので、所謂「セルフフラット処理」に近いことをやってみました。

 また、撮影に用いたカメラ「ニコンD810A」のセンサーの特性上、Hα光を発する散光星雲が全般的にピンクがかって写るので、その色調も少し補正してみました。 最近の天体撮影で主流になっている CMOSカメラ の画像を見慣れている人なら、これくらいの赤色の方が馴染みがあるかもしれませんので。


M8散光星雲 (2021年7月19日21時51分〜22時14分(JST))。


Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x (ノーフィルター)
f/9.1  ISO1600 15秒×17カットをコンポジット CaptureNX-D、PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理 トリミングあり


 ついでにこそっと、[少し大きい画像]を置いておきますよ。(これはTwitterにも貼っておきます)


2021年7月21日(水)
 どうせ今年の夏も気温35℃を超える猛暑日が続くのだろうからと、今月に入ってからは休日のトレーニングで積極的に汗をかくことを心がけていたので、ここ数日の暑さは今のところ難なく乗り越えています。 ただ、問題は「心」の方でしてなぁ・・・。 これだけ暑いと、「何か新しいことを始める気力」がめっきり減退してきます。 何が言いたいのかというと、明日からの4連休、出かける予定が全く立っていないということですわ。

 せっかくの4連休を、このままではどこにも出かけず自宅で過ごす可能性が大。なんか悔しい。


2021年7月20日(火)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 昨夜撮影した木星の写真です。日付が変わる直前でしたので、昨日の日記には間に合わなかったカットです。 風が強かったせいかシンチレーションも大きく、惑星の観測という点では条件は悪かったと思います。 写真の写りも今ひとつ。今月1日付の日記に掲載した写真(先月下旬撮影分)よりも、解像度は落ちている感じです。


木星(2021年7月19日23時42分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi μ-180C + Nikon NAV-14SW (合成焦点距離約18360mm)
F102 ISO8000 2160p/30fps トリミングあり 約130フレームを Registax6 で処理
CaptureNX2 及び DeNoiseAI にて画像処理


2021年7月19日(月)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 朝からピーカンの晴天。ということは、夜は天体観測ですね。 月齢が10という、星野撮影には向いていない明るい月ですが、何にも邪魔されない月の姿を眺めるのも久しぶりなようか気がして、嬉しいのですよ。


今日の月(月齢9.7) (2021年7月19日20時36分(JST))。


Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x + ExtenderC2X (合成焦点距離1820mm)
f/18.2  ISO640 1/160秒 CaptureNX-D、CaptureNX2 にて画像処理 トリミングあり


 月明かりがある割には空の透明度が良くて、珍しく3等星が肉眼で楽に見える程度であったので、ちょっとだけ星野撮影。 この時間帯にほぼ南中していた、いて座の M8散光星雲 です。


M8散光星雲 (2021年7月19日21時51分〜22時14分(JST))。


Nikon D810A + Takahashi FC-100DL + FC/FSマルチフラットナー1.04x (ノーフィルター)
f/9.1  ISO1600 15秒×17カットをコンポジット CaptureNX-D、PhotoshopCS6、DeNoiseAI にて画像処理 トリミングあり


2021年7月18日(日)

ウマ娘のサイレンススズカさん

 『ウマ娘 プリティーダービー』のサイレンススズカさん、久しぶりに最後まで色を塗って仕上げたイラストでした。 [電脳支部]も早速更新、[メインページ]のTOP絵をこのイラストに差し替えておきました。 [えとせとら]のコーナーにも項目を追加しておきました。 何となく気が向いたので、普段あまり手を出さない等身にしてみましたが、何度も身体を描き直して、予想以上に時間がかかってしまいました。 普通に描いた方が早く仕上がったかもしれないな。

 今日は兵庫県知事選挙の投票日でしたので、朝、投票所が開いてすぐに投票してきました。 その時は梅雨明けらしい青空が見えていたのですが、昼頃には厚い雲が出てきて、夕方のトレーニングの時間帯には夕立まで降る始末。 すっきり晴れた夏空で天体観測三昧といきたいところですが、なかなか晴れてくれませんねえ。


2021年7月17日(土)
 近畿地方にも梅雨明け宣言が出たようです。昨年と違って今年は、体感的には「雨が少ない梅雨」だったように思います。 これから夏真っ盛りーということになるようですが、昨年の今頃のことを思い返すと、NEOWISE彗星が悪天候で見られなかった悔しさが明瞭に蘇ってきます。 先月発行した天体写真集『たくほし1』でも触れましたけど、NEOWISE彗星を見るために那覇まで行きましたからね! そして那覇でも晴れなくて泣きましたけどね!

 今年の夏は、天体観測に適した晴れ方がたくさんあるといいな。すっきりと晴れてほしいな。

 そんなこんなで今日は、朝から暑い一日でした。体調を整えるために朝の鳥撮りはお休みに。 日中はお絵描きのリハビリでラクガキに興じていましたけど、皆様にお見せできるようなモノは仕上がりませんでした。


2021年7月16日(金)
 そろそろ次の有給休暇の日程を決めて申請しないといかんのだけど、仕事が忙しくてその事務処理に全然手をつけられなかった今週。 週明けには必ず申請を出しておきたい。出せ。出すんだ。

 いや、正直言いますと、ワクチン接種の予約受付がいつまで経っても始まらないから、その辺の事情もあって日程を決められないんですわ。 感染予防対策を万全にしつつ毎日県境を越えて通勤している身としては、できる限り早く接種したいのですがね。 (素直に職域接種の申し込みをしておくべきだったと後悔している)


2021年7月15日(木)
 旅に出たいんですが、絶好の機会であるはずの来週の4連休に何の予定も入れていない。これはあかん。


2021年7月14日(水)
 昨日の日記で少し触れた、タカハシμ-180C で撮影した M8 及び M20 散光星雲の写真ですが、画像処理で良い結果を出すことができなかったので、ボツにします。 μフラットナーレデューサーを併用しての撮影で、視野周辺部の星像は確かに改善しているのですけど、微光星のシャープさや写りの良さは タカハシFC-100DL や ビクセンFL-80S改 の足元にも及びません。 やはり μ-180C は惑星観測専用機になってしまうのか・・・。悔しい。


2021年7月13日(火)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 昨夜の日記を更新した後に少し晴れましたので、久しぶりに天体撮影に興じておりました。 土星は今季初の撮影でした。地球から見た時の環の傾きが年を追う毎に緩くなってきていて、昨年とはまた違う雰囲気の姿です。 シーイングは今ひとつだったので、ミューロンの性能を生かし切れていません。


土星(2021年7月12日23時56分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi μ-180C + Nikon NAV-14SW (合成焦点距離約18360mm)
F102 ISO20000 2160p/30fps トリミングあり 約230フレームを Registax6 で処理
CaptureNX2 及び DeNoiseAI にて画像処理


 木星も撮影しましたが、土星よりさらに写りが悪かったので、割愛。 また、μ-180C を使って いて座の散光星雲 M8 と M20 の撮影も試しましたが、μ-180C 独特の良像範囲の狭さに苦労しました。 撮影後の画像処理もかなり難しくて、公開できる画像をまだ得られていません。 ひとまず今日は保留ということで。(ボツの可能性もある)


2021年7月12日(月)
 昨日夕方のジョギングが良い感じで走れたので、今日は身体が軽い。筋肉痛はハムストリングにごくわずか。


2021年7月11日(日)
 朝は久しぶりに快晴となりましたので、鳥撮りに出かけてきました。 しかしこの時期はもう真夏と同じ暑さ。しかも湿度が高くて不快指数が高めです。 気温が30℃に達していなくても、多少心地よい風が吹いていても、結局汗だくになってしまうのです。 ・・・・・・まあ、こうやって暑さに身体を慣らしていくんですけどね。

 ちなみに今日の鳥撮りの成果は、今ひとつでした。結果的にアオサギdayだったかもしれませんが。


ハクセキレイの若。雌でしょうか。全体的にまだ色が淡くて、ほぼ真っ白。かわいい。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO400 1/4000秒 トリミングなし



アオサギ飛翔。青々とした背景は田んぼの稲。ボケ具合がゴーヨン絞り開放の威力ですね。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO400 1/2500秒 トリミングあり



アオサギ。上の写真とは別の個体です。車道近くのフェンスの上で、全く動きませんでした。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO400 1/8000秒 トリミングなし


2021年7月10日(土)
 月に一度の散髪、そのついでのお出かけ。 買いたいものが少しあったので梅田を探し回ったのだけど、結局そのどれも買えずに終わってしまい、少々不満が残る一日でありました。

 梅田に行くからには当然、協栄さんにも寄ったんですけどね。色々と事情があって何も買いませんでした。


2021年7月9日(金)
 仕事以外に何もできずに終わってしまったような一週間でした。 あいや、そういえば火曜日にモバイルポルタが届きましたわね。 A62SS鏡筒の取り付けを確認しただけで、星など全く見ることができませんでしたけど。 今日も雲に遮られて、星は見えません。寂しいのう。


2021年7月8日(木)
 大雨と蒸し暑さに翻弄された一日。水害発生に至らなかったのがせめてもの救いかとも。


2021年7月7日(水)
 七夕ですが、いつも通り雨です。大雨で警戒レベル3の避難情報が発令されて、不穏な空気が漂います。 今のところ私の居住地周辺で水害の兆候は感じませんが、状況次第では明日の出勤に影響が出るかもしれませんなぁ。 何事もなく終わることを心から祈ります。


2021年7月6日(火)
■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 ビクセンの「トナかい会員」限定の割引クーポンをもらったので、ちょっとだけ機材調達。 お手軽星見用鏡筒 A62SS での使用を前提とした携帯用経緯台「モバイルポルタ」です。 カメラ三脚に取り付けることができる、上下左右微動付きフリーストップ架台なので、A62SS鏡筒を直接「カメラ三脚+雲台」に取り付けるよりもずっと便利で使いやすいものになるはずです。 早速 A62SS鏡筒 を取り付けて写真を撮ってみました。




 鏡筒の取り付けはビクセン規格のアリガタ−アリミゾですが、架台側のアリミゾが90°横を向いているため(構造上したかない)、鏡筒のファインダーが少し使いにくい位置に来てしまいます。 それ以外は、A62SS鏡筒 とのバランスも良く、フリーストップ機構も微動も予想以上にしっかりしていて、今のところ良い感触です。

 この鏡筒取り付けの向きを水平にするために、ビクセンの「クイックリリースアングルプレート」も併せて購入したのですが、手持ちのアルカスイス規格のアリミゾが少し大きすぎて、うまく取り付けることができませんでした。 またそれ以外にも改善すべき点がいくつか見つかったので、梅雨の間に解決していきたいところです。


2021年7月5日(月)
 ワクチン2回接種済みの人もだいぶ増えてきているはずなのに、5G接続したという話を聞かない。おかしい。


2021年7月4日(日)
 この土日は両日ともお天気が似ていて、終日曇り時々雨、梅雨時らしく湿度は高く、風が吹いても涼しくはなく、控え目に言っても爽快とは言い難い日でした。 日中に雨が降らないのが唯一の救いですが、こういう日は古傷が痛んだりするタイプなので、左膝痛の再発にも警戒しなければなりません。

 幸いにも痛みが再発することはありませんでしたが、夕方のトレーニングは昨日よりも慎重に、且つ負荷少なめに抑えておきます。 二日続けて6km程度のジョギングは問題なくできたので、とりあえずこの土日の目標はクリアです。

 お絵描きは、一枚くらい仕上げられるかなと思っていたんですけど、無理でした。下絵も仕上がらなかった。


 あ、そうそう。abema でアニメウマ娘の無料配信やってましたので、先週は1期、今週は2期を履修しました。


2021年7月3日(土)
 今日の夕方は、またちょっと走ってみました。距離にして6km少々、ペースはゆっくりめ、スピードよりもフォームと足の運びに細心の注意を払いながら。 左膝が痛んだり、重かったりするようなことは一切無く、とてもいい感じで走りきることができましたよ。 今夜はしっかりマッサージをして、疲労を抜いておきましょう。

 キツかったのは脚ではなく、梅雨時特有の蒸し暑さでした。風もないし、汗だくでしたわい。


2021年7月2日(金)
 ファイザー製ワクチンの供給量不足のため、神戸市が行うワクチン接種について7月6日以降の予約を全て取り消すのだとか。 私は予約受付が7月5日からなので当然まだ予約をしていないわけですが、両親は既に7月15日に初回接種の予約を入れていて、それが一旦全てキャンセルとなるわけです。 神戸市のワクチン接種予約サイトで散々苦労した末に予約サイトの使用を諦め、電話を何度もかけ直してやっと予約を取った両親ですので、流石に今回の予約取り消しは落胆した様子。 おいらだって悲しいよ。

 事情はわかる。十分に事情はわかるんですが、全て取り消した上で改めて予約を取らせるという、どこまでもお役所仕事な不親切さに些か腹が立つわけです。 そして、おいら自身のワクチン接種は、いつ頃実現するんでしょうな。下手すると接種する頃には夏が終わってしまうとか、冬が来てしまうとか、そういう事態もあり得るかな。 困るなぁ。


2021年7月1日(木)
 7月が始まりました。全般的に雨模様、この時期らしい一日でした。 来週5日から神戸市のワクチン接種の予約が始まるはずですが、両親の予約を代行した時に正常に働いてくれなかったWeb予約のシステムが印象悪すぎて、漠然とした不安が。 できれば今月中に1回目を打っておきたいところです。

 月初の写真お蔵出しは、5月に撮ったトビ。少し低い高度で、「エサ」を虎視眈々と狙っているところ。


トビ飛翔。

Nikon D500 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D II (IF) + NCフィルター
絞り開放 (f/4)  ISO320 1/500秒 トリミングあり


■■■■■■■■■■ Astronomy ■■■■■■■■■■

 こちらもお蔵出し。6月28日に撮影した木星です。土星も木星も来月には衝を迎え、最も観測しやすい時期になります。 梅雨の晴れ間はたまに好条件で星が見えることがありますので、今月から頑張って狙っていきましょう。


木星(2021年6月27日25時06分(JST))。(画面上が南)

Nikon D500 + Takahashi μ-180C + Nikon NAV-14SW (合成焦点距離約18360mm)
F102 ISO8000 2160p/30fps トリミングあり 約300フレームを Registax6 で処理
CaptureNX2 及び DeNoiseAI にて画像処理

[戻る]